記事翻訳

バイデンが犯罪増加で打撃、86%が選挙の最大の争点と回答

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.6.29>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

米国人の約90パーセントは犯罪が中間選挙で重要な争点となると考えており、多くの人はかつてジョー・バイデン大統領の主力政策の1つだったその問題に対するバイデンの対応に反発している。

バイデン犯罪法としても知られる1994年の暴力犯罪取締・法執行法にビル・クリントン元大統領が署名してから28年となるが、バイデンの犯罪・法執行問題への取り組みを「悪い」と評価した人が過半数に上り、さらに「そこそこー悪い」では67パーセントとなっている。

ラスムセン・レポートの最新調査で、大統領を「とても良い」と評価したのはわずか11パーセント、対して「悪い」と評価したのは51パーセントだった。

調査結果は、バイデンが国民の間で支配力を失いつつある具体的な課題を示すものの1つだ。経済とアフガニスタンでの戦争の対応についてはすでに信頼を失っていた。

3つの問題は全て有権者が選挙の最大の争点と見なしているため重要だ。犯罪について、ラスムセンは86パーセントが今秋の中間選挙で重要な検討事項と見なしていると述べた。

それはバイデンの支持基盤を含め、全ての有権者集団にとって重要である。「民主党(52パーセント)や無党派の有権者(49パーセント)より、共和党(72パーセント)のほうが、今年の中間選挙で『とても重要な課題』となると考えている」と世論調査分析はしている。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8> 米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、 …

無党派は2024選挙でバイデンよりトランプ支持、67%がバイデンは再出馬すべきでないと回答:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.12.16> 15日に発表された世論調査で、無党派は2024年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領よりドナルド・トランプ前大統領を支持していることが判明し …

団結目指して就任したバイデンだが、米国はかつてないほどに分断していることが世論調査で判明

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.10.1> まとめ役となるには程遠い結果となったバイデン。 最新の世論調査によると、昨年の大統領選挙でドナルド・トランプを支持した有権者の半数以上は、共和党支 …

世論調査でバイデン不支持率が最高記録に

<引用元:デイリー・コーラー 2021.12.20> 20日に発表されたNPR・PBSニュースアワー・マリスト世論調査によると、ジョー・バイデン大統領の不支持率は再び跳ね上がった。 世論調査によると、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump