記事翻訳

2020大統領選挙世論調査:ジョー・バイデン53%、ドナルド・トランプ40%

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.11

クイニピアック大学が11日に発表した新たな世論調査結果によると、ジョー・バイデン元副大統領は、ドナルド・トランプ大統領に全国で13ポイントリードしているが、トランプはアフリカ系とヒスパニックの有権者の間で自身の2016年の数字を上回っている。

クイニピアックが実施した2020年の選挙サイクルのための最初の直接対決の調査で、総選挙を想定した結果として、バイデンが53パーセント、トランプが40パーセントであることが分かった。性別ごとには、女性ではバイデンがトランプを優に上回っている(60%対34%)が、男性ではかろうじて誤差の範囲だ(47%対46%)。白人では両者は互角だが、トランプが47%でバイデンの46%を上回っている。

けれども、アフリカ系とヒスパニック系の有権者では、トランプは2016年の数字から向上していることが調査結果から分かった。バイデンは、アフリカ系でトランプの12%に対して85%、ヒスパニック系では同じく33%に対して58%とリードしている。

2016年にヒラリー・クリントン元国務長官は、出口調査で分かった数字として、アフリカ系でトランプの8%に対し88%を獲得した。あの選挙でのトランプが獲得したアフリカ系米国人の得票率には、多くの人が驚いた。というのも、ミット・ロムニーが2012年に獲得した6%より大きかったからだ。アフリカ系米国人の総合投票者数が、2012年に比べて2016年は少なかったことを指摘して、同コミュニティでのトランプの成功を軽視しようとした者もいた。

同様に、この調査でヒスパニック系でトランプを選んだ33%という数字は、2016年に獲得した28パーセントよりかなり高い。そのいずれもロムニーの2012年の成果を上回るものだ。

(略)

2015年5月からクイニピアックが実施した同様の調査では、直接対決の想定でクリントンがトランプをリード(50%対32%)していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ陣営がヒスパニック多数のメガチャーチで「トランプを支持する福音派」始動

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.27> トランプ選挙陣営は27日、1月3日にヒスパニック系メガチャーチ(巨大教会)で「トランプを支持する福音派(Evangelicals For Trum …

トランプの宗教的助言者、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統領に反対していると祈祷

<引用元:ザ・ヒル 2019.6.18> トランプ大統領の宗教的助言者であるポーラ・ホワイトは18日、フロリダ州オーランドの選挙運動出発集会での開幕の祈りの中で、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統 …

トランプの支持率がオバマの同時期の支持率を上回る

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.18> ドナルド・トランプ大統領の支持率は、米国史上3番目に弾劾追訴を受けた大統領となるという危機的状況にもかかわらず、バラク・オバマ元大統領の政権同時期 …

ウェストバージニア州知事が民主党から共和党へ移籍

<引用元:Circa 2017.8.3> ウェストバージニア州のジム・ジャスティス知事は、8月3日に、民主党から離党して共和党に移ることを発表した。

トランプへの女性からの献金が急増、郊外ではトップ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.8>Washington Secrets ポール・ベダード氏による論説 トランプ大統領は郊外では女性に見放されているために非常に不利だという圧倒的な …

アーカイブ

@JpWelovetrump