記事翻訳

トランプ、マーアラゴ共和党集会で共和党勝利に向けた道筋提示へ

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.4.10

トランプ前大統領は土曜日の夜に共和党全国委員会の重要集会で演説し、共和党は「アメリカ・ファースト」政策を堅持すれば2022年には議会を取り戻し、2024年にはホワイトハウスを取り戻すと話す見込みだ。

マーアラゴ・リゾートでの共和党献金者に対する基調演説で、前大統領はキャンセル・カルチャー、銃規制案、そして特に南部国境を超える移民の記録的な増加といった問題について、バイデン大統領を非難すると予想される。

トランプは移民問題が、共和党が権力への復帰を目論むための勝利の課題だと述べる見込みだ。

FOXニュースが入手した演説草稿のコピーの中でトランプは、「不法な国境越えは現在、2006年以降のどの時点よりも多い。この問題だけでも、我々は下院、上院、そしてホワイトハウスを勝利できる」としている。

「それは世界のどの場所をとっても最大の、自ら招いた大惨事だ。急進派オープンボーダーリベラルのカマラ・ハリスに国境安全を監督させることで、ジョー・バイデンは世界中の移民に対して、米国の国境は現在不法侵入に対して広く開かれているという明確なメッセージを送った」

トランプは、自身の成果について話し、自身のアメリカ・ファースト構想と共和党への献身に力を入れることに多くの時間を割くと予測される。

「今夜私の前にいるのは、2022年に自信を持っておられる方々です。我々は下院を取り戻すつもりであり、上院を取り返すつもりです――それから2024年には、共和党候補者がホワイトハウスを勝ち取ります」とトランプはFOXニュースに提供された、準備された原稿で述べている。

トランプはバイデンが「アメリカ・ラスト」を実行し、キャンセル・カルチャー戦争を引き起こし、国を団結させるという約束を果たしていないと非難する見込みだ。

演説原稿でトランプは、「ばかげたウォーク(woke:社会的不正や人種差別に極端に敏感)」企業に抗議し、新選挙法のことでジョージア州に不当な扱いを行うようデルタ、コカ・コーラ、メジャーリーグ・ベースボールを促したことでバイデンを非難している。

またトランプは、バイデンが就任後最初の数週間のうちに議会での共同演説を実施しないことで米国民から隠れようとしているとも示唆している。米国大統領が通常行うものだ。

「フェイクニュースは話したがらないが、ジョー・バイデンにはその演説を行い米国民に向かい合うだけの活力、能力、あるいはスタミナがない」とトランプは準備された原稿で述べている。

ナンシー・ペロシ下院議長は、バイデンの議会での演説は議事堂でのコロナウイルスに関連した収容能力の懸念次第であり、医療当局者がまだ予定されていない演説の余地を決定することになると述べている。

トランプは二期目を勝利できなかったが、まだ共和党で力を保持しており、2024年の再出馬を考えており、資金調達機関を設立し、マーアラゴ・リゾートを共和党集会の本拠地に位置付けている。

トランプの上級顧問であるジェイソン・ミラーは、トランプは今も共和党の中心に位置しているとFOXニュースに強調した。

「土曜日の演説は、トランプ前大統領の言葉を直接聞くためにマーアラゴを訪れる共和党献金者にとって歓迎されるものになるでしょう。パームビーチは新たな政治勢力の中心であり、トランプ前大統領は共和党で最高のメッセンジャーです」とミラーは語った。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプのNRAでの演説の4つのポイント

<引用元:デイリー・シグナル 2018.5.4> ドナルド・トランプ大統領は5月4日、銃に対する権利を支持する全米最大の団体で演説を行ったが、憲法修正第2条と学校の安全とは離れた多くの問題点についても …

メラニア夫人が夫の手を握り「すばらしい旅」と大統領の初外遊を振り返る

<引用元:デイリー・メール 2017.5.27> (抄訳) メラニア・トランプはファーストレディとしての初めての外遊を満足げに締めくくる演説を行い、大統領と手をつないでエアフォース・ワンへ向かった。

トランプによると、自身の最大の業績の1つは「フェイクニュース・メディア」の暴露

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.4> ドナルド・トランプ前大統領は7月4日、フロリダ州サラソータの集会の演説で、自身の最大の業績の1つは「フェイクニュース・メディア」を暴露したことだったと …

トランプは見事に「コロナウイルス検査」に合格:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.3.12>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 大きくて大胆、楽観的で心がこもっていた。トランプ大統領の大統領執務室からの演説はまさに米国が聞く必要のあるものだ …

第66回全米朝食祈祷会でのトランプ大統領の言葉

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.2.8> トランプ大統領:チャーリー、ありがとうございます。(拍手)どうもありがとうございます。それからランディ、思いやりのこもった紹介をありがとうございま …

アーカイブ

@JpWelovetrump