記事翻訳

トランプが大統領だったら「間違いなく」越境しなかった、と不法移民

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー  2021.3.21

米メキシコ国境を不法に越えたある父親は、ドナルド・トランプ前大統領がまだ在任中だったらそうしなかっただろうとABCのマーサ・ラダッツに語った。

21日に放送された「This Week」の番組中、ラダッツは妻子とともに国境を横断したブラジルから来た男性にインタビューした―そして男性はジョー・バイデンが就任するまでは来ないことを選択していたと彼女に答えた。

「顔を映さないよう求めたこの父親は、妻と3人の幼い子供とともにブラジルからメキシコにやって来て国境を越えました」と前置きしてラダッツは話した。「あなたはドナルド・トランプが大統領だった時ならこれをやろうとしましたか?」

「間違いなくやりませんでした。間違いなく。チャンスはあったのですが、現在行われている暴力と同じことが昨年もありました」と男性は答え、状況を一変させたのは祖国の状況というよりも米国の政治的な状況であったと明確に述べた。「我々はニュースを見ていました。間違いなくこのことをしなかったでしょう」

ラダッツは質問した。「ジョー・バイデンが大統領に選ばれたからここに来たのですか?」

「基本的にはそうです。基本的には」と男性は答えて「主要なことは私の国での暴力でしたが、2番目のことはジョー・バイデンだったと思います。そのために希望が出てきたような感じで、言っている意味が分かるでしょうか?」と続けた。

バイデン政権は米国に来たいと願う人々に、移民プロセスを早めるための仕組みが導入されるまで待つよう勧めてきたが、そうした注意は国境を超えることに夢中になっている人々にはあまり影響を与えていないようだ。

多数の批判者は「リメイン・イン・メキシコ」といったトランプの国境政策をバイデンが突然撤廃したことが前代未聞の急増につながっており、政権は事態を予測すべきだったと主張している。

-記事翻訳
-

関連記事

不法移民 による虚偽の亡命要求に対する送還命令が1350%増加

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.3> トランプ政権によると、自国に戻ると「確かな懸念」があると訴えて米国への亡命を求める移民の大半は、一旦国内に解放されると実際には亡命申請をしておら …

トランプ政権はサンクチュアリ・シティの補助金を差し止め可能、と控訴裁が認める

<引用符:デイリー・コーラー 2020.2.26> 第2巡回区控訴裁判所は、ホワイトハウスはサンクチュアリ・シティの補助金を差し止めることができると判決を下し、連邦政府の移民当局に対する協力を拒む法域 …

グアテマラ当局が移民団の密入国あっせん業者から、未成年者を救出

中米ホンジュラスから始まり米国を目指す「移民キャラバン」が、合計7000名にも上るとされる中、ドナルド・トランプ大統領は断固として不法移民の入国を阻止する構えだ。米国防総省は25日、800名以上の兵士 …

世論調査:米国人はトランプ大統領の良識ある移民改革を圧倒的に支持

<引用元:ホワイトハウス 2018.2.14> CBS:10名のうち7名以上の有権者(72パーセント)が、大統領の移民改革と国境警備構想を支持した。いずれも大統領が一般教書演説で示した内容。(2018 …

現地取材映像:「移民キャラバンの背後にある真相」

<引用元:Dailywire 2018.11.13> メキシコを経由して着実に米国国境へ向かって北上する、大規模移民キャラバンについては、様々な相反する話を聞かされているが、実際のところ現場はどういう …

アーカイブ

@JpWelovetrump