記事翻訳

トランプが大統領だったら「間違いなく」越境しなかった、と不法移民

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー  2021.3.21

米メキシコ国境を不法に越えたある父親は、ドナルド・トランプ前大統領がまだ在任中だったらそうしなかっただろうとABCのマーサ・ラダッツに語った。

21日に放送された「This Week」の番組中、ラダッツは妻子とともに国境を横断したブラジルから来た男性にインタビューした―そして男性はジョー・バイデンが就任するまでは来ないことを選択していたと彼女に答えた。

「顔を映さないよう求めたこの父親は、妻と3人の幼い子供とともにブラジルからメキシコにやって来て国境を越えました」と前置きしてラダッツは話した。「あなたはドナルド・トランプが大統領だった時ならこれをやろうとしましたか?」

「間違いなくやりませんでした。間違いなく。チャンスはあったのですが、現在行われている暴力と同じことが昨年もありました」と男性は答え、状況を一変させたのは祖国の状況というよりも米国の政治的な状況であったと明確に述べた。「我々はニュースを見ていました。間違いなくこのことをしなかったでしょう」

ラダッツは質問した。「ジョー・バイデンが大統領に選ばれたからここに来たのですか?」

「基本的にはそうです。基本的には」と男性は答えて「主要なことは私の国での暴力でしたが、2番目のことはジョー・バイデンだったと思います。そのために希望が出てきたような感じで、言っている意味が分かるでしょうか?」と続けた。

バイデン政権は米国に来たいと願う人々に、移民プロセスを早めるための仕組みが導入されるまで待つよう勧めてきたが、そうした注意は国境を超えることに夢中になっている人々にはあまり影響を与えていないようだ。

多数の批判者は「リメイン・イン・メキシコ」といったトランプの国境政策をバイデンが突然撤廃したことが前代未聞の急増につながっており、政権は事態を予測すべきだったと主張している。

-記事翻訳
-

関連記事

ケイト法と犯罪者に対する聖域無効法の下院通過についてのドナルド・J・トランプ大統領の声明

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.6.29> 大統領選挙中に、私は多くの悲しみに暮れる家族に出会いましたが、彼らはみな同じことを懇願していました。つまり議員はアメリカ人の家族の安全を第一に置 …

トランプには非常事態を宣言できるだけの強固な法的根拠がある

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.13>ジョン・G・マルコム氏による解説 (前略) 大統領が国家非常事態宣言で従わなければならない手順 国家非常事態宣言法は、大統領が国家非常事態を宣言した際 …

米国メキシコ国境の運河で溺れる2人の移民を兵士が救助

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.26> 移民母子を救助した米軍兵士 米軍は25日、米国メキシコ国境に派遣された中に含まれる2人の兵士が、国境を越えようとして溺れている移民女性とその子 …

民主党は国境危機の解決に協力すべき、トランプの邪魔をするな

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.4.1>ニューヨーク・ポスト編集委員会による社説 最も党派的な民主党議員でも、トランプ大統領が長い間現実に存在すると警告してきた国境の危機の問題を否定するのに …

トランプ、メキシコ国境での移民の「津波」についてバイデンを非難

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.3.5> ドナルド・トランプ前大統領は5日、バイデン大統領は難民と不法移民についてのトランプの政策を取り消すことで、米国メキシコ国境に移民の「津波」を引き起こ …

アーカイブ

@JpWelovetrump