記事翻訳

トランプは2022年の共和党勝利に協力、とマーアラゴでの会談後マッカーシー議員

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.1.28

ケビン・マッカーシー下院少数党院内総務は、ドナルド・トランプ前大統領が、2022年に共和党が議会を奪還できるよう協力を約束したとしている。

トランプがマッカーシー(共和、カリフォルニア)と会ったのはフロリダ州パームビーチのマーアラゴ―トランプが1月20日にホワイトハウスを出てから移った場所だ。

「本日、トランプ大統領は2022年に下院と上院で共和党の選挙に協力することを約束した。共和党が多数となればアメリカ人同胞に耳を傾け、国が直面する課題を解決するだろう。一方民主党は、我々を分断する議題を進めてきたに過ぎない―現在民間人となった大統領を弾劾したり、ブルーカラーのエネルギー職を台無しにしたりするようなことだ。国の利益のために、民主党の急進的な議題は止めなければならない」とマッカーシーは声明で述べた。

「下院共和党とトランプ政権はアメリカ人全員のために歴史的な結果を成就した。我々がこのことをできたのは、長い間無視されてきた市民同胞の懸念に耳を傾けて理解したからだ。結果として下院共和党は、全国で増え続ける連合を拡大することによって専門家とメディアに抵抗した」とマッカーシーは述べた。

前大統領のオフィスによる会談の資料には次のようにあった。「トランプ大統領の人気は現在最高に達しており、その推薦はおそらくどんな時より大きな意味を持つ推薦となるでしょう」

声明ではマッカーシーに関して次のように述べていた。「2人は先の選挙でとても協力し合い、ほとんどの人の予測を裏切って少なくとも15議席を獲得しました。2人は再びそれを実現するでしょうし、取り組みはすでに始まっています」

トランプのオフィスは、会談について「とても良く誠意あるものでした。多くの話題を話し合いましたが、その第1は2022年に下院を取り戻すことでした」と述べた。

前大統領は退任後ほとんど沈黙を保ってきた。2月には1月6日の議事堂暴動を煽ったとして弾劾裁判を受ける。暴動の結果5人が死亡し、バイデン大統領の勝利の認定が中断された。

トランプは28日、ホワイトハウスの予算管理部長を務めたラス・ボートの取り組みを推薦する声明も出した。ボートが最近トランプ政権の政策目標を追及するためにCenter for American Restorationを立ち上げたためだ。ボートは、ニューヨークを含めて、犯罪が増加したり暴力的な抗議に寛容な都市から予算を取り下げると脅すような戦略でトランプの重要な側近だった。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

トランプが2020年選挙報告書をめぐりアリゾナ州ブノビッチ司法長官を非難、上院推薦から後退

<引用元:JustTheNews 2022.4.18> ドナルド・トランプ前大統領は18日、アリゾナ州のマーク・ブノビッチ司法長官を、アリゾナ州の2020年大統領選挙における選挙不正疑惑の報告について …

トランプが近々オハイオとフロリダで集会

<引用元:デイリー・コーラー 2021.6.15> ドナルド・トランプ前大統領は今後数週間のうちにオハイオ州とフロリダ州で大統領退任後初の選挙運動形式の集会を行う見込みだと、USAトゥデイが報じた。

予算成立なら民主党は巨大な逆風に直面とトランプが予想

<引用元:JustTheNews 2021.11.5> ドナルド・トランプ前大統領は5日、民主党は、巨額のインフラ・社会的支出予算を成立させれば米国人に増税の「搾取」と見なされるので、政治的な未来を危 …

共和党への好感度が7年で最高に(世論調査)

<引用元:ギャラップ 2018.9.24> 現在米国人の45パーセントが共和党に対して好意的な感情を持っており、昨年9月の36パーセントから9パーセント上昇となった。同党が2010年の中間選挙で下院の …

大量脱出:ネバダ州民主党員が離党して共和党へ

<引用元:デイリー・コーラー 2022.6.13> ネバダ・インディペンデントによると、ネバダ州の民主党から数千人が離党して共和党として再登録しており、民主党寄りの州がますます共和党寄りになっている。

アーカイブ

@JpWelovetrump