記事翻訳

共和党全国委トップ、トランプが共和党を去れば「共和党は敗北」と述べる

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.11.18

共和党全国委員会のロナ・マクダニエル委員長は、ドナルド・トランプ前大統領が離党する恐れがあるという噂に終止符を打ち、前大統領は2022年勝利計画の「重要な部分」だと述べた。

「トランプ前大統領は明らかに離党していません。もし離党したら我々は敗北します。もし彼が離党したら共和党は敗北するでしょう」とマクダニエルは18日に述べた。

問題が再び浮かび上がったのは、ABCのジョナサン・カールが新著の中で、トランプがそう脅したと主張したためだ。だが前大統領は自分の気に入らない共和党現職議員に対抗する候補者を推薦しながらも、共和党と協調路線を取っている。

「彼(トランプ)が我々の党を強化し、新たな基盤を付加して、我々は労働者階級の党となりました」とマクダニエルは18日朝、Christian Science Monitorが主催する討論会で記者に話した。

彼女は、トランプは独自の党を作りたいと思っているという噂を打ち破ろうともしたと述べた。

「彼(トランプ)は共和党の選挙に協力する立場にありました」とマクダニエルは述べ、今月の選挙を強調した。

「前大統領は党に留まりました。これは取るに足らない問題です。そしてこれからも党にいます」と彼女は続けた。

世論調査では、トランプが依然として共和党支持基盤の重要な一部であり、選挙において共和党と保守派の有権者の大きなけん引役であることが示されている。その上トランプの支持基盤は、行き詰まっていた共和党の数を増やした。

「ドナルド・トランプのために共和党に来た有権者が確実に存在すると思います。ですが、彼らも共和党候補者を支持していることが先週判明しました。そしてトランプがそれに対する大きなカギです。ですから党全体がそうなっています。また彼らは、自分たちがエネルギーの独立性に取り組みたいと考え、開かれた国境を望んでおらず、国内テロリストと呼ばれることなく子供の学校で意見を述べる自由を求めていることを認識しています。つまり、課題を見れば共和党ですが、トランプはその中で大きな要因となっており、我々が中間選挙後で勝利するのに絶対不可欠になるでしょう」と彼女は述べた。

マクダニエルは、2022年中間選挙においては、バージニア州知事選挙と同様に、最も重要な課題は地元の候補者がどのように候補者にアピールするかだと述べた。だがトランプの後援も影響力を持つ。

「トランプは中間選挙で有権者を集めるのに不可欠になるでしょう。そしてトランプは党の大きな要素となっています。彼の人気、世論調査を見れば、期待が向けられることが分かります。また我々の党には、他のリーダーもいて助けになるでしょう。しかし、結局は課題について有権者に通じる候補者に落ち着くでしょう」と彼女は述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが来週のジョージアでの集会を発表

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.12.27> トランプ大統領は、命運を左右する上院決選投票の前日にジョージア州で集会を行う―そして連邦議会が選挙人投票の承認投票を行う際には首都に赴くと27日 …

バイデン政権1年で党支持が逆転、共和党が5ポイント優位になったことが最新調査で判明

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.17> 17日に発表された世論調査で、米国では2021年末にかけ、民主党より共和党の支持が1995年以来で最も高くなったことがわかった。

トランプが近々オハイオとフロリダで集会

<引用元:デイリー・コーラー 2021.6.15> ドナルド・トランプ前大統領は今後数週間のうちにオハイオ州とフロリダ州で大統領退任後初の選挙運動形式の集会を行う見込みだと、USAトゥデイが報じた。

共和党への好感度が7年で最高に(世論調査)

<引用元:ギャラップ 2018.9.24> 現在米国人の45パーセントが共和党に対して好意的な感情を持っており、昨年9月の36パーセントから9パーセント上昇となった。同党が2010年の中間選挙で下院の …

トランプがヒスパニックの民主党離れの理由について持論を説明

<引用元:デイリー・コーラー 2022.4.13> ドナルド・トランプ前大統領は、FOXニュースが入手したSiriusXMのAmericano Mediaとの13日のインタビューで、民主党を去るヒスパ …

アーカイブ

@JpWelovetrump