記事翻訳

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説

2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から隠し、トランプ政権に関する良いニュースを葬り去ろうと取り組んだせいで、大統領は選挙で打撃を受けた。

有権者が、民主党候補者の回りに飛び交う厄介な問題と、中東和平協定、雇用増加、エネルギーの自立といったトランプ・ホワイトハウスの成功の一部について知っていたら、勝利するには十二分の311の選挙人投票をトランプに獲得させるだけの人々がバイデンに背を向けていた、とワシントン・シークレットが入手した世論調査は結論付けた。

メディア・リサーチ・センター創設者のブレント・ボーゼルは、メディアを非難し、「メディアがやるべき仕事をしていたら、ドナルド・トランプは選挙に勝っていた」と述べた。

ボーゼルはこう続けた。「これは偶然の出来事ではない。これは偶然ではない」

その上、メディアにはツイッターに協力者がおり、トランプ、トランプの選挙陣営、またその家族を選挙終盤に262回検閲したとボーゼルは述べた。バイデンのチームが検閲されることは全くなかった。

マクラフリン&アソシエイツによるMRCのある調査によると、バイデンに投票した人々が息子のハンターの金銭スキャンダルについて知っていたら、十分な数が自分たちの選択を切り替えてトランプを勝利させていた。その調査で、バイデン投票者の4.6パーセントが、バイデンの息子の中国マネー事件を知っていたらバイデンを選ばなかったと答えた。

2番目に、MRCポーリングカンパニーが行った調査によると、有権者の17パーセントは、バイデンのスキャンダルとトランプの業績について知っていたらバイデンから転換していた。

アリゾナ州、ジョージア州、ミシガン州、ネバダ州、ノースカロライナ州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州という主要激戦州での有権者に対する調査では、どの州でもトランプが勝利できるのに十分なバイデン投票者が転換していたことが分かった。世論調査は、それらの州でどれほど接戦になったかを示し、バイデンから去る有権者がトランプに転向するとは想定しなかった。

ボーゼルのグループは、トランプ時代、そして選挙中のメディアに対して批判しており、報道機関はバイデンに対する性的暴行疑惑、ハンター・バイデンのスキャンダル、そして副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員が上院で最もリベラルなメンバーであることを示すスコアカードを隠すか控えたと述べた。

ポーリング・カンパニーの調査でも、バイデン支持者の半数にいたるまでが、最近の景気拡大や「オペレーション・ワープスピード」と呼ばれるコロナウイルス・ワクチン開発を加速するプログラムといったトランプの主要な業績について知らなかった。


「トランプは311の選挙人投票を勝ち取っていただろう。別の言い方をすれば、そしてふたを開けてみれば、これは驚くべき数字だ―それらの8つの話の少なくとも1つでも知っていたなら、バイデン投票者の17パーセントは、ジョー・バイデンに投票しなかっただろう。だからちょっと考えてみて欲しい。ドナルド・トランプは、米国の激戦州の全てで勝利してただろう。6つの激戦州の中で、全てに勝利していただろう。そして少なくとも311の選挙人投票を獲得していただろう」とボーゼルは語った。

だが彼は、フェイスブックとツイッターが保守派の声を制限しようと取り組んだことを引き合いにして、ソーシャルメディアが友好的でなかったかもしれないと付け加えた。

-記事翻訳
-,

関連記事

アラン・ダーショウィッツ:不正投票の訴えを調査する「相当な理由が確かにある」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.6> 弁護士で法学者のアラン・ダーショウィッツは、2020年大統領選挙中の不正投票の主張を捜査するための「相当な理由が確かにある」と述べた。

ペンシルベニア州裁判官がトランプ陣営を支持、分離された票は集計されないと判決

<引用元:デイリー・コーラー 2020.11.12> ペンシルベニア州の裁判官は12日、トランプ陣営を支持し、11月9日より前に本人確認の証拠のなかった投票は集計されないと判決を下した。 ペンシルベニ …

トランプ大統領がUSAトゥデイ・サフォーク調査で最高の支持率、だがUSAトゥデイにとってはニュースにならず

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.20> ドナルド・トランプ大統領は、ある重要な全国世論調査で最高の支持率を記録したが、それを提示した報道機関のUSAトゥデイは、その事実を記事の中で全く触れ …

トランプ大統領、ハンター・バイデン同僚のトニー・ボブリンスキーを討論会ゲストとして招待の予定

<引用元:FOXニュース 2020.10.22> トランプ大統領は、ハンター・バイデンの元同僚のトニー・ボブリンスキーを、木曜夜の最後の大統領討論会のゲストとして招く予定であることが分かった。 元米国 …

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8> 米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump