記事翻訳

2020年選挙での説得力のある12の不正投票疑惑

投稿日:

<引用元:JusttheNews.com 2020.11.23

多くの民主党と彼らの従来型メディアの仲間が、11月3日の選挙で組織的な不正投票の証拠はないと主張する一方、実際に重大で広範な不正投票があったと訴える個別の訴訟では、大量の証拠が山積している。

裁判所にとっての論点は、結果を係争中の6つの激戦州のうち最低3つの州で、結果に影響を与えるか、ジョー・バイデンのリードを消し去るほど不正がまん延していたかどうか、である。

そしてトランプ大統領の選挙陣営と、アミスタッド・プロジェクトのような民間団体の両者が、23日にさらに訴訟を起こそうと計画する中、本紙は訴訟の申し立てと宣誓供述書、そして宣言を検証した。

以下は、22日夜の時点で裁判所に提出された最も説得力のある12の証拠だ。

デトロイト市職員が、何千もの票が偽造されるのを目撃したと宣誓

これまでの全ての宣誓供述の中で、デトロイト市のキャリア公務員であるジェシー・ジェイコブは、最も広範囲な不正選挙の主張を行った。

彼女は宣誓供述書の中で、選挙翌日に何千通もの不在者投票を、それらが有権者ファイルになく締め切りまでに到着していないのに、合法であるように見せかけるために、実際よりも前の日付にしたのを―ある場合には指示されたのを―自ら目撃したと述べた。彼女の宣誓供述書では、「これは数千の投票に対して行われたと見積もっています」としている。

またジェイコブは、選挙の数週間前に、デトロイト市選挙管理職員が有権者IDチェックを省略したのを目撃したと説明し、「こうした不在者投票の郵送日が実際に送られたより前の日付になるように調整するよう、上司に指示された」と述べ、「上司は全職員がこうした手続きに従事するよう告知していた」と説明した。

ファイル:ジェシー・ジェイコブ宣誓供述書

ジェイコブは、70から80名の他の選挙職員も投票を偽造するよう指示を受けていたと述べており、大規模な不正の恐れがある。

デトロイトの約4分の3の投票区で投票数合計が不一致

ウェイン郡戸別訪問委員のメンバーである共和党のウィリアム・ハートマンは、宣誓申告の中で、ミシガン州最大の郡は、デトロイト市の承認済み有権者名簿と投票の集計結果の間に非常に大きな相違があると知りながら結果を認定したとしている。

「私が結果を検証したところでは、デトロイト市の134の不在投票者集計委員会のうち約71パーセントは不均衡のままであり、多くは説明がついていないと判断した」と彼は述べている。

ハートマンはまた、有権者IDファイルの生年月日が「選挙人名簿で変更された」ことに懸念を提起した。

ファイル:img-201118215108 (1).pdf

ジョージア州での折り目がなく、新品同様の郵便投票が警告を受ける

僅差だったジョージア州の選挙で、先週の監査を見守った少なくとも9人の立会人が、大部分が一様にバイデンに対して投じられた疑わしい郵便投票を目撃したとする宣誓供述書に署名している。宣誓供述書によると、投票用紙は新品の状態で折り目がなく、投票用紙が規定通りに封書で郵送されていなかったことを意味するものだった。

「新品でした。紙の質感に違いがありました―まるで不在者用のもののようでしたが、その目的のためには使用されていませんでした」と、20年の選挙管理員の経験を持つスーザン・ボイルズは、フルトン郡再集計センターでの経験に関する宣誓供述書の中で書いた。「投票がどこから来たものかを示す印はありませんでした。こうした投票の候補者に対する印は異常に均一で、ひょっとすると投票に印をつける装置を使ったのかもしれないと見受けられました」

ジョージア州で何千もの票が最初集計されず、監査中に遅れて発見された

選挙管理員は先週、ジョージアで何千もの未集計の票が、選挙後の監査中に発見されたことを暴露した。大部分がトランプへの投票だった。以下がその内訳だ。

  • フロイド郡で2,600の未集計投票
  • ファイエット郡で最初の集計に含まれなかった2,755の投票
  • ウォルトン郡で508の投票

多数のペンシルベニア州の有権者が、自分の不在者投票が集計されなかった、また別人が自分の郵便投票を請求したとしている

本紙は、ペンシルベニア州で郵便投票が集計されなかったとする人や、別の誰かが自分の郵便投票を請求して取得したようだとする人に多数インタビューした。あるデータサイエンティストはその後、抽出サンプルから問題が広範であると推定した。

宣誓書の中で、尊敬を集めている数学者は、選挙データとペンシルベニア州有権者に対する電話インタビューを分析した結果、主要激戦州である同州で申請された10万もの不在者投票に関して、疑問が提起されるとしている。同州でトランプ大統領とジョー・バイデンは、約8万2,000票の差である。

イェール大学とプリンストン大学で研さんを積んだ数学専門家である、ウイリアムズ大学のスティーブ・ミラー教授は、元トランプ陣営データ主任のマット・ブレイナードが収集したペンシルベニア州の投票データと、電話による2,684人の有権者インタビューを分析し、2つの懸念すべきパターンを発見したと述べた。

「登録済みの共和党員ではない誰かが請求した投票、あるいは請求されて返信したが集計されなかった投票の数は、8万9,397から9万8,801に上ると見積もっている」とミラーは、本紙に提出した宣誓陳述書の中で述べた。

ファイル:Miller_DeclarationAndAnalyisPA_GOP_BallotRequestData_2020_Final.pdf

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

中国のプロパガンダ機関員がバイデンを支持

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.11.6> 「北京はバイデン支持の都市」 米国大統領選挙から数日が経ち中国のプロパガンダ機関員はツイッターで、バイデン政権が誕生する見通しを歓迎すること …

トランプが共和党での強固な地盤とバイデン勝利の正当性への疑問を示す世論調査を称賛

<引用元:JustTheNews 2021.5.16> CBS世論調査で共和党の80%がリズ・チェイニー解任を支持、67%はバイデン勝利を疑問視 ドナルド・トランプ前大統領は5月16日夜、自身が共和党 …

トランプのプラスティックストロー販売について:ガットフェルド独白

<引用元:FOXニュース 2019.7.23>グレッグ・ガットフェルドのモノローグから ほとんどの選挙陣営が、誰も欲しがらないような趣味の悪いTシャツを販売する。トランプ陣営が売っているのは何だろうか …

トランプ、2024年に出馬するかどうかについては決心していると回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.6.30> ドナルド・トランプ前大統領は30日、2024年に大統領の座を取り戻そうとするかどうかについては決心していると述べたが、また新たに大統領選挙陣営を立 …

新研究で米政治でのロシアのソーシャルメディア関与について専門家の間違いが明らかに

<引用元:The Nation 2018.12.28> 洗練されたプロパガンダ活動とは程遠く、小規模で、素人くさく、2016年大統領選挙とはほとんど無関係だった アーロン・マテ著 上院が委託した2つの …

アーカイブ

@JpWelovetrump