記事翻訳

2016年にトランプ勝利を予測した世論調査で、バイデンとの差が縮まる

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.20

2016年に唯一の正確な全国世論調査の1つと評価された世論調査で、トランプ大統領と民主党挑戦者のジョー・バイデンの間の争いが、急激にひっ迫していることが分かった。

20日に発表されたインベスターズ・ビジネス・デイリー(IBD)の追跡調査の結果では、バイデンは有権者の間の支持率が、トランプの45.8パーセントに対してわずか2.3パーセント差の48.1パーセントとなっている。

連日の調査には、緑の党とリバタリアン党の候補者も含まれ、10月12日に開始されたが、11月3日の選挙当日に向けトランプの支持が増加しバイデンの支持が減少しつつある。

わずか1週間前の10月13日の調査で、バイデンのリードは8.6パーセント・ポイントだった。

IBDは、トランプが無党派の中で差を縮めており、バイデンの民主党内での支持よりも強力な支持を共和党の中で受けていると述べた。最新の調査で、バイデンは民主党の中で90パーセントの支持を得ており、一方トランプは共和党の中で94パーセントの支持を得ている。

しかしIBDは、トランプは2016年の勝利を支えたグループである、高齢の有権者と郊外の人々の間で遅れを取っていると述べた。

インベスターズ・ビジネス・デイリーは、世論調査に特化したニュースサイトのfivethirtyeight.comで「A/B」評価を受けており、広く信頼できる世論調査と見なされている。

2016年に、IBDの世論調査は、トランプの勝利を予測した数少ない調査の1つだった―その勝利は、油断していたほとんどのメディアと政治評論家にとって、衝撃の番狂わせとなった。その2016年の最終の調査では、トランプが1.6パーセント、リードしていた。最終的にトランプは、ヒラリー・クリントンに一般投票では2.1ポイント差で負けたが、多くの州で辛勝したおかげで、選挙人団では304対227で勝利した。

リアルクリアポリティックスの最近の全国世論調査平均では、バイデンが7.6パーセント、リードしているが、多くの激戦州ではもっと接戦になっている。トランプ支持者は、公には支持を認めないが投票には現れる「無言の有権者」が多いと考えている。

バイデン陣営は17日にメモを公表し、トランプが「依然として選挙に勝つ」可能性があり、複数の接先週では「互角」だと警告した。そうした州では、現職大統領は連日大規模集会を開催しており、バイデン陣営はCOVID-19パンデミックの中で、最近草の根活動に乗り出した。

(略)

-記事翻訳
-,

関連記事

アラン・ダーショウィッツ:不正投票の訴えを調査する「相当な理由が確かにある」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.6> 弁護士で法学者のアラン・ダーショウィッツは、2020年大統領選挙中の不正投票の主張を捜査するための「相当な理由が確かにある」と述べた。

トランプが中間選挙では有権者が「米国の未来を救う」と予測、2024年の大統領選出馬を示唆

<引用元:FOXニュース 2022.7.26> 「米国民はジョー・バイデン、ナンシー・ペロシ、チャック・シューマー、そして極左の失敗した統治を地滑り的に拒絶して重大な結果をもたらす用意ができている」と …

トランプ下の平均失業率は記録された中で史上最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.10>フィリップ・クレイン編集長による論説 トランプ大統領は2020年の始まりを、歴史上記録にある中でどの大統領の同時期より低い平均失業率を取り仕切っ …

弾劾世論調査:トランプ支持率が50%に回復

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.15> ラスムセンレポートによる毎日の大統領追跡調査によると、トランプ大統領の支持率が弾劾で上昇している。 大統領に対する毎日の評価は、下院弾劾公聴 …

トランプがアイオワで大声援の聴衆に「アメリカを取り戻す」と宣言

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.10.10> ドナルド・トランプ前大統領は10日、2020年大統領選挙以来初めてアイオワ州への帰還を果たし、声援を送る大勢の支持者に「アメリカを取り戻す」と述 …

アーカイブ

@JpWelovetrump