記事翻訳

ボルチモア共和党下院議員候補のクレイシック:トランプのメッセージは黒人有権者の間に「反響している」

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2020.8.30

黒人有権者はトランプ大統領のメッセージに「間違いなく耳を傾けて」おり、「反響を生んでいる」と、「サンデーモーニング・フューチャーズ」の独占インタビューで語ったのは、ボルチモアで故イライジャ・カミングス下院議員の議席をめぐって立候補している共和党の女性、キンバリー・クレイシックだ。

クレイシックがコメントしたのは、司会のマリア・バーティロモが最新のヒル・ハリスX世論調査の結果を指摘した後のことだった。調査では、黒人有権者の間のトランプ大統領の支持が8月22日から25日の調査で9パーセントポイント上昇したことが分かっており、調査期間には共和党大会の最初の2日が含まれていた。

パーティロモはクレイシックに、「トランプ政権がマイノリティ社会のために行ったこと」が何だと思うか質問した。

「これは本当の結果をその社会に実現させた政権です」とクレイシックは語った。彼女は、民主党は口コミで素早く広がる選挙広告で黒人有権者に注意を払っていないと示唆しており、共和党大会の初日夜の演説ではジョー・バイデンに狙いを定めていた。

共和党大会での演説でクレイシックは、民主党大統領候補は米国の黒人が「自分で考えることができない」と考えていると非難した。

「多くの人々は、多くの米国の黒人が刑事司法改革はオバマ大統領が取り組むものだと考えていたという事実について話しません。オバマはそれができませんでした。それをやろうとさえしませんでした」とクレイシックは30日に語った。

2018年12月にトランプ大統領は、全面的な刑事司法改革法案に署名し、党派を越えた支持を獲得した課題について立法化という大きな勝利を収めた。決定的な成立は、保守派の一部の抵抗に直面しながら法案を擁護した上級顧問で義理の息子のジャレッド・クシュナーだけでなく、トランプにとっての勝利となった。

ファーストステップ法は、連邦判事が麻薬犯罪者に量刑手続きを行う際により大きな余地を与え、受刑者の社会復帰の取り組みを促進した。また、3回の有罪判決、つまり「三振」の麻薬犯罪者に対する終身刑を25年に短縮する。

クレイシックはこの日ファーストステップ法について指摘し、「たくさんの人が収監されており、彼らはITバブルの時代に収監されました」と述べた。

「彼らに必要なものは、出所した時の技能と訓練です。その時に単なる職業ではなく専門的職業に応募できるからです。それがその分野で必要とされているものであり、専門的職業が必要です」と彼女は述べた。

クレイシックはまた、トランプ大統領は「『オポチュニティ・ゾーン』でさらに大きな成果をあげている」と指摘した。

「大統領はこれまでに750億ドルを費やし、民主党が衰退するままにしていたこうした地域社会にさらに取り組もうとしていますが、そうした地域の一部はまさにボルチモア市にあるので、トランプ大統領に関して言えば人々は結果を見ています」とクレイシックは語った。

それから彼女は、共和党大会を民主党大会と比較し、共和党は「楽観と希望の党のようだ」と述べた。

「我々は続けようとしていることについて話しました。トランプ大統領は自身がやってきたことと、続けようとしていることについて語りましたが、それが重要な点です」とクレイシックは語った。

「迎合はもう終わりです。多くの大都市が街中にブラック・ライブズ・マターと書いているのを見ました。我々は街中に書くだけのことを求めているのではなく、専門的職業を求めており、チャンスを求めており、平等を求めているのであって、人々は過去にあったものよりむしろ、トランプ大統領によってそれが得られるのだということを理解していると思います」と彼女は続けた。

またクレイシックは、ボルチモアは「50年以上民主党指導者の下にあったが、残念ながら引き換えに得たものは何もなかった」と述べた。

彼女は、「ホームレス問題は悲惨で、貧困率は20パーセントであり、2015年から暴動があり、今も同じ問題がある」と指摘した。

38歳のクレイシックは、昨年10月のカミングスの死を受けた4月の特別選挙の再選挙で71歳のクワイイーシ・ウムフーメイ下院議員に対抗して出馬している。ウムフーメイは1996年に全米黒人地位向上協会の会長となって辞任するまで、カミングスの前の10年間第7区域の議席に就いていた。

 

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプは警察改革と人種的正義に向けて国を動かしている

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.22>アルベダ・キング博士による寄稿 1963年8月の「私には夢がある」という演説の中で、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士は合衆国での人種差 …

「とても思いやりがあった」:アマド・オーブリーの母がトランプとの面談について語る

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.16> アマド・オーブリーの母は報道によると、16日のホワイトハウスでの面談中ドナルド・トランプ大統領が「とても歓迎してくれ」「とても思いやりがあった」と述 …

写真:黒人月間記念式典で黒人指導者がトランプに祈り

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.2.27> ドナルド・トランプ大統領は27日、ホワイトハウスの閣議室で黒人の宗教指導者・政治指導者のグループから祈祷を受けた。 大統領は記者会見と会議を開 …

ドナルド・トランプは最も黒人寄りの大統領だ(オピニオン)

<引用元:アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション 2018.8.10>ハーマン・ケイン氏による論説 ハーマン・ケイン氏 私の言葉をよく聞いて欲しい。ドナルド・J・トランプは我々の生涯で最も黒人 …

黒人有権者のトランプ支持率が約20%に:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.10> トランプ大統領はFOXニュースの最新世論調査で、黒人有権者から19パーセントの支持率を獲得した。折しもトランプ再選に向けた選挙陣営は、この集団 …

アーカイブ

@JpWelovetrump