記事翻訳

トランプ、連邦政府機関に「オポチュニティ・ゾーン」への移転を命令へ

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.8.24

(ワシントン)トランプ大統領は24日、米国で最も貧しい地区の一部で投資を促進するため、連邦政府機関がオポチュニティ・ゾーンに事務所を移転させることを優先するよう命じる予定であることが分かった。

その動きは全連邦政府機関に適用され、都心や中心的なオフィス街を優先するのを止めて、トランプ政権がオポチュニティ・ゾーンとして指定した8,769の低収入地域のどこかを拠点にするよう求める。

ホワイトハウスの大統領経済諮問委員会が24日朝公開した報告書によると、その構想が発足してから2年で、経済的に恵まれない地域に750億ドル以上の民間投資を呼び込んだ。

あるホワイトハウス高官は、命令によって連邦政府の計り知れない資金が困窮した地域に流れ込み、費用の高いオフィス街に政府機関を置く高いコストを削減することにもなると述べた。

「今日の大統領が署名する大統領令では、政府機関が新オフィスの建設や賃借を行う場所を決定する際に、その競争過程でオポチュニティ・ゾーンを含めるよう求めることになる」と彼は述べた。

限定オポチュニティ・ゾーンは、国の最も貧しい地域で運営される事業に投資する人々に税制上の優遇措置を提供することによって、民間投資を促進している。

2017年の減税・雇用法によってオポチュニティ・ゾーンと指定された低収入地域が8,800以上ある。こうした地域での貧困率は最低でも20パーセントとなっている。

(以下略)

<関連記事>

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

-記事翻訳
-, ,

関連記事

支出依存が米国の経済再生を脅かす:行政予算管理局ラス・ボート副局長

<引用元:FOXニュース 2019.3.11>ラス・ボート行政予算管理局副局長による寄稿 過去2年に渡って、トランプ大統領は、納税者ファーストで成長志向の政策によってアメリカ経済を解放してきた。歴史的 …

予想を上回る30万4千の雇用増加の中、トランプ政策により好景気が継続

<引用元:ホワイトハウス 2019.2.1> <大統領経済諮問委員会> 労働統計局(BLS)は2018年最初の雇用情勢レポートを公開した。米国経済で新年も引き続き歴史的な雇用拡大が継続していることを示 …

トランプは化石燃料に関する規制緩和の命令に署名の予定

<引用元:ニューヨークポスト 2017.3.26> ワシントンートランプ大統領は火曜日に、化石燃料に関するオバマ時代の規制を緩和するために新しい大統領令を発行する。

中小企業の楽観指数が史上2番目の高さに上昇、減税引き合いに

<引用元:CNBC 2018.6.12> 中小企業の楽観指数が、一部の主要な指標構成要素が過去最高となったことも手伝って、5月に過去30年で最高の水準に上昇したと、全米独立企業連盟(NFIB)は12日 …

トランプの下でアフリカ系米国人は順調

<引用元:デイリー・シグナル 2019.9.11>スター・パーカー氏による寄稿 労働統計局(BLS)による8月の雇用報告では、米国人全員にとってはるかに素晴らしいニュースが示された。とりわけアフリカ系 …

アーカイブ

@JpWelovetrump