記事翻訳

トランプ経済では労働者層が上司より高い賃金上昇率

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.27

米国の労働者層の賃金は、経済が好調で低い失業率が続く中でその上司たちより速いペースで上昇している、とウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が27日に報じた。

賃金上昇は、低賃金の従業員に上昇の影響及ぼす程度まで労働市場が引き締まっている証拠だ。労働者の供給不足と従業員の引き抜きの増加は、最下層労働者の賃金水準の上昇に寄与していると記事では指摘している。

11月に上位25パーセントの給与所得者の賃金が前年から2.9パーセント上昇したのに対して、最下層の米国人の賃金水準は4.5パーセント上昇したと、アトランタ連邦準備銀行のデータを引用してWSJは報じた。アトランタ連銀によると低技能労働者の賃金は2018年以来急上昇していることがわかった。

WSJによると企業は影響を実感している。「実質的な労働要員はこれまでよりも縮小している」と、テキサス州プレイノを本拠とするレストランチェーンの「ムーヤー」のトニー・」ダーデン社長はWSJに語った。

ダーデンはこう続けた。「人を呼び寄せようとするなら、最終的には賃金上昇を利用して引き付けることになる」

ダーデンの会社は労働者獲得のために他のレストランと争っている。ムーヤーは2019年に賃金を8パーセント引き上げているが、そのほとんどが未経験労働者に向けられていると彼は述べ、結果的に店長や上司の割増金はもっと低くなっていると付け加えた。

米国人はその効果に気づいているようだ。12月20日のCNN世論調査で、回答者の約76パーセントは、景気は「とても良い」または「ある程度良い」のどちらかだと回答しており、約20年で最高の割合となった。また80パーセントが景気は好調だと答えた。

この世論調査結果は、ドナルド・トランプ大統領の就任数日後からも上昇している。当時は経済が総じて良いとみなしていたのは半数だけだった。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプは米国の力を経済戦争で証明している

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.8.18>マイケル・ウォルシュ氏による論説 約20年間中東で戦略的に明確な目的を欠く軍事行動が行われてから、トランプ政権はもっと賢い新たな戦い方を取ることに決 …

2020年最高のニュース:米国急回復の兆候

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.5>社説 国が完全に破綻するのではないかという気がしていたまさにその時、素晴らしいニュースが入ってきた。全国的なパンデミックがピークから大きく収まったとい …

活況な労働市場が米国人を傍観者から脱出させていることを示す雇用報告

<引用元:ホワイトハウス 2020.1.10>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)による月1回の雇用状況報告書によると、労働力は依然として逼迫し、賃金は上昇しており、人々は職探しに乗り出しつつあ …

トランプ就任後最初の1カ月で30万の雇用創出

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.8> 過去約3年間で最高レベルとなる30万にも及ぶ雇用が2月に創出された。 正確には29万8千という驚異的な数字は、アメリカの労働市場を調査している給与計算 …

雇用報告は「輝かしい」ニュースに―するとなぜ民主党はトランプを弾劾したいのか?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.6>社説 「輝かしい」。「圧勝」。「大当たり」。左寄りの専門家も6日の驚くべき雇用レポートをそう表現した。 世界景気の減速にもかかわらず、米国経済はトラ …

アーカイブ

@JpWelovetrump