記事翻訳

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳

2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録であり、経済にとっては良い兆しだ。

新規失業保険申請件数は、非常に低い23万件のままとなると予測されていた。申請件数がより低いということは、解雇された人の数が減ったことを意味するので、良い知らせである。

22日の記録は1970年代初め以来2番目に低い数字であり、1月13日の21万6千件が最低の申請件数であった。

米High Frequency Economicsのチーフエコノミスト、ジム・オサリバン氏は次のように指摘した。「つまり、申請数は過去最低を保っており、雇用の増加傾向と一致している。それが失業率の低下傾向を維持するのに十二分な強さを維持しているのだ」

失業率はすでに4.1パーセントに達しており、世紀の変わり目以来最低だ。また募集している求人当たりの失業者はわずか1.1人となっており、住宅建築ブームの頃よりも低い割合だ。

トランプ政権は失業率を低くするだけでなく、ここ数年で職探しを止めてしまっていた労働者を職探しに復帰させて、就労率を引き上げようという目標を設定している

失業保険申請件数は季節ごとの変化によって調整される。労働省は昨年ハリケーンに見舞われたプエルトリコとバージョン諸島のデータの収集に苦労していると述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

「嘆かわしい人たち」の向上:トランプが底辺の人たちへの約束を守ったこと示すレポート

<引用元:インベスターズ・ビジネス・デイリー 2018.12.18>社説 「嘆かわしい人たち」の向上:2016年の大統領選挙中、トランプ大統領はブルーカラーや低賃金サービス分野の労働者に、大きな向上を …

米国製造業界が過去20年で最高レベルの楽観傾向を示す調査結果をトランプが称賛

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.31> ドナルド・トランプ大統領は金曜日にアメリカの製造業企業をホワイトハウスに招き、全米製造業者協会の新しい調査結果を発表した。

米大手企業、ホワイトハウスで新たな職業訓練を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.19> トランプ政権による、労働力開発の推進と職業訓練の拡大のための新たなイニシアティブの一環として、7月19日に少数の米国大手企業が今後5年間で多数 …

UBS:「景況感が急騰」、79%が税制法案を歓迎、68%が「すでに受益」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.1.30> 世界的な金融グループであるUBSによると、最近承認されたトランプ政権の税制改革一括法案によって企業の楽観指数が急上昇している。

アメリカ・ファースト:12カ月で87万8千人の百万長者が誕生、「トランプ効果・・・絶え間なく」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.14> クレディ・スイス銀行のグローバル・ウェルス・レポートによると、好景気に沸くアメリカ経済は、2017年共和党減税によって活性化し、これまでのわ …

@JpWelovetrump