記事翻訳

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳

2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録であり、経済にとっては良い兆しだ。

新規失業保険申請件数は、非常に低い23万件のままとなると予測されていた。申請件数がより低いということは、解雇された人の数が減ったことを意味するので、良い知らせである。

22日の記録は1970年代初め以来2番目に低い数字であり、1月13日の21万6千件が最低の申請件数であった。

米High Frequency Economicsのチーフエコノミスト、ジム・オサリバン氏は次のように指摘した。「つまり、申請数は過去最低を保っており、雇用の増加傾向と一致している。それが失業率の低下傾向を維持するのに十二分な強さを維持しているのだ」

失業率はすでに4.1パーセントに達しており、世紀の変わり目以来最低だ。また募集している求人当たりの失業者はわずか1.1人となっており、住宅建築ブームの頃よりも低い割合だ。

トランプ政権は失業率を低くするだけでなく、ここ数年で職探しを止めてしまっていた労働者を職探しに復帰させて、就労率を引き上げようという目標を設定している

失業保険申請件数は季節ごとの変化によって調整される。労働省は昨年ハリケーンに見舞われたプエルトリコとバージョン諸島のデータの収集に苦労していると述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

オピニオン:トランプのオハイオ訪問の焦点は州への雇用回復にある

<引用元:Cincinati.com 2019.3.20>ケニス・ブラックウェル氏による寄稿 トランプ大統領は、米国の最後に残された戦車工場を閉鎖から救った。つぎに大統領が救いたいと考えているのは自動 …

スティーブン・ムーアを恐れているのは誰か?またそのワケ

<引用元:ナショナルレビュー 2019.3.24>ジョン・ファンド氏 エスタブリッシュメント思考に対する挑戦が相次ぐ中傷を引き起こした 中世では、鍛冶屋から醸造者まで、あらゆる種類の商売に誰が就くこと …

米中小企業楽観指数が過去最高に、レーガン政権下の記録上回る

<引用元:CNBC 2018.9.11> 全米独立企業連盟(NFIB)の調査によると、米国中小企業の楽観指数は、ドナルド・トランプ大統領と共和党多数の議会による減税と規制緩和の取り組みが売上、雇用、投 …

大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.5> 全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトラン …

NYタイムズも「言葉を失った」米国5月の雇用統計

トランプ大統領がいつも「落ち目の」と形容し敵視するニューヨーク・タイムズも、米国の雇用環境が改善される現実の前には文字通り「言葉を失った」ようだ。 NYタイムズが6月1日に「We Ran Out of …

アーカイブ

@JpWelovetrump