記事翻訳

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳

2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録であり、経済にとっては良い兆しだ。

新規失業保険申請件数は、非常に低い23万件のままとなると予測されていた。申請件数がより低いということは、解雇された人の数が減ったことを意味するので、良い知らせである。

22日の記録は1970年代初め以来2番目に低い数字であり、1月13日の21万6千件が最低の申請件数であった。

米High Frequency Economicsのチーフエコノミスト、ジム・オサリバン氏は次のように指摘した。「つまり、申請数は過去最低を保っており、雇用の増加傾向と一致している。それが失業率の低下傾向を維持するのに十二分な強さを維持しているのだ」

失業率はすでに4.1パーセントに達しており、世紀の変わり目以来最低だ。また募集している求人当たりの失業者はわずか1.1人となっており、住宅建築ブームの頃よりも低い割合だ。

トランプ政権は失業率を低くするだけでなく、ここ数年で職探しを止めてしまっていた労働者を職探しに復帰させて、就労率を引き上げようという目標を設定している

失業保険申請件数は季節ごとの変化によって調整される。労働省は昨年ハリケーンに見舞われたプエルトリコとバージョン諸島のデータの収集に苦労していると述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ経済のおかげで女性は勝利している:アドリアナ・コーエン

<引用元:FOXニュース 2020.1.18-19>アドリアナ・コーエン氏による寄稿 「女性はトランプ経済で勝利している。」それこそが米国の全主要新聞とボストンからシアトルまで優位に立つテレビニュース …

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

トランプの下で、米国経済自由度が著しく向上

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.25>ヘリテージ財団、アンソニー・B・キム氏による解説 米国の景気は最近経験したことのないような活況ぶりだ。求人需要は過熱し、失業率は記録的に低下し、中小企 …

トランプの税制改革でGDP5%、賃金7%上昇の可能性(ボストン大学調査)

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.22> ボストン大学の経済学者が新たにまとめた報告書によると、ドナルド・トランプ大統領の税制改革の枠組みによりGDPと賃金がそれぞれ5パーセントと …

トランプ、航空・クルーズ船業界に支援を約束

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.3.10> トランプ大統領は10日、コロナウィルスの広がりで打撃を受け窮地に立った航空業界とクルーズ船業界を助けるために、政権が密接に取り組んでいると述べた。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump