記事翻訳

ウォールストリート・ジャーナル=「ありがとう、税制改革」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.1>WSJ社説引用

「企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ」

2月28日ウォールストリート・ジャーナル社説「Thank you, tax reform」より

米国経済は、政治家が邪魔しない場合は途方もない繁栄の原動力となる。証拠なら、28日に出た第4四半期のレポートだけを見ればいい。企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ。

第4四半期の成長率は2.6パーセントと予測を上回り・・・内面はトップラインより良かった。個人消費は少し減少したものの、依然として強かった。財政支出の増加はごくわずかで――「需要」における赤字主導の好景気だという主張はもうこれまでのことだ。

最高のニュースは設備投資であり、GDP成長に0.69パーセント貢献した。

住宅と消費者の支出は2016年に景気後退を回避するのに役立ったが、拡大は疲弊しており設備投資からの高まりが必要だった。それは2017年になって実現し、住宅の下落を相殺するのに役立ち、住宅の成長がマイナスとなった2018年に向けて加速した。

では2017年に何が変わったのか?政権交代があり、大きな政策転換がもたらされ――特に、有無を言わせない規制と企業いじめが終結した。規制緩和で、企業の投資を遅らせ、あるいは削減させていた政治的不透明さが減少した。

2018年になって税制改革がもたらされると、世界最高の法人税率という障害は排除され、企業は外国に保持していた利益を本国に送還するようになった。投資は、ほとんどホワイトハウス主席エコノミストのケビン・ハセットの予測通りに回復した。彼は前年第4四半期からの基準で、2018年の年間成長率が3.1パーセントになると予測し、実際の成長率はまさしく3.1パーセントとなった。

社説全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

ロシア疑惑捜査では「弁解する者が非難を受ける」

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.9.15>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 FISA黒塗りの開示?すでに公開されていることを心配すべきだ (前略) 「犯罪が行われたかどうか評価する …

大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.5> 全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトラン …

トランプ・ペンスとオバマ・バイデンの景気回復を比較する

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.10.28>ダグラス・カー著 COVID-19不況からの回復は、歴史的水準からみて著しく迅速 米国はわずか12年のうちに、2つの最も厳しい景気停滞を経験した。 …

経済成長に火をつけたトランプ―彼はどうやってそれを達成したのか

<引用元:CNBC 2018.9.7> ドナルド・トランプ大統領は19カ月以上の間、政権を非常に多くの論争に巻き込んできたために、素晴らしい偉業に暗い影が投げかけられているのかもしれない。つまりひとえ …

トランプは米国黒人に偉大になるチャンスを与えている

<引用元:シャーロット・ポスト 2019.7.17>クラレンス・ヘンダーソン氏による寄稿 大統領の政策は実を結んでいる 主流メディアと民主党エスタブリッシュメントがトランプ大統領を中傷する中、大統領は …

アーカイブ

@JpWelovetrump