記事翻訳

ウォールストリート・ジャーナル=「ありがとう、税制改革」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.1>WSJ社説引用

「企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ」

2月28日ウォールストリート・ジャーナル社説「Thank you, tax reform」より

米国経済は、政治家が邪魔しない場合は途方もない繁栄の原動力となる。証拠なら、28日に出た第4四半期のレポートだけを見ればいい。企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ。

第4四半期の成長率は2.6パーセントと予測を上回り・・・内面はトップラインより良かった。個人消費は少し減少したものの、依然として強かった。財政支出の増加はごくわずかで――「需要」における赤字主導の好景気だという主張はもうこれまでのことだ。

最高のニュースは設備投資であり、GDP成長に0.69パーセント貢献した。

住宅と消費者の支出は2016年に景気後退を回避するのに役立ったが、拡大は疲弊しており設備投資からの高まりが必要だった。それは2017年になって実現し、住宅の下落を相殺するのに役立ち、住宅の成長がマイナスとなった2018年に向けて加速した。

では2017年に何が変わったのか?政権交代があり、大きな政策転換がもたらされ――特に、有無を言わせない規制と企業いじめが終結した。規制緩和で、企業の投資を遅らせ、あるいは削減させていた政治的不透明さが減少した。

2018年になって税制改革がもたらされると、世界最高の法人税率という障害は排除され、企業は外国に保持していた利益を本国に送還するようになった。投資は、ほとんどホワイトハウス主席エコノミストのケビン・ハセットの予測通りに回復した。彼は前年第4四半期からの基準で、2018年の年間成長率が3.1パーセントになると予測し、実際の成長率はまさしく3.1パーセントとなった。

社説全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの投資家ビザ取得プログラム変更は地方にとっての勝利:グラスリー上院議員

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.29>チャック・グラスリー上院議員による寄稿 トランプ大統領が発令した新たなルールは、主流メディアの注目をほとんど集めなかったが、米国の地方や経済的に不利な …

シリア考察:介入の正当化はなされていなかった(オピニオン)

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.12.23>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 週末のコラムでシリアについて書いた。トランプ大統領が撤退しようとしているため、またこれが、国防長官を辞 …

雇用、成長、賃金上昇で民主党候補者たちの言い訳探しが続く

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.7.8>(社説) 数字が全てを物語っている。 7月5日に出た6月の雇用統計は、22万4000人という予想が打ち砕かれるほどの雇用増加(うち製造業では1万7 …

カバノー騒動で本性を現したダイアン・ファインスタイン(オピニオン)

<引用元:FOXニュース 2018.10.7>ペギー・グランデ(Peggy Grande )氏による論説 公聴会でフォード博士の手紙のリークを否定するファインスタイン上院議員。その場で後ろの席のスタッ …

私はユダヤ人だが、反ユダヤ主義の最大の増加は左派によるものだ(オピニオン)

<引用元:デイリー・シグナル 2018.10.30>デニス・プレガー氏による論説 生まれてからずっと、私がアメリカのユダヤ人同胞に言い聞かせてきたことは、これまで非ユダヤ系の国で生活した者の中では、我 …

アーカイブ

@JpWelovetrump