記事翻訳

ウォールストリート・ジャーナル=「ありがとう、税制改革」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.1>WSJ社説引用

「企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ」

2月28日ウォールストリート・ジャーナル社説「Thank you, tax reform」より

米国経済は、政治家が邪魔しない場合は途方もない繁栄の原動力となる。証拠なら、28日に出た第4四半期のレポートだけを見ればいい。企業の投資が加速することで米国経済が回復したことは、これまで以上に明白だ。税制改革と規制緩和のおかげだ。

第4四半期の成長率は2.6パーセントと予測を上回り・・・内面はトップラインより良かった。個人消費は少し減少したものの、依然として強かった。財政支出の増加はごくわずかで――「需要」における赤字主導の好景気だという主張はもうこれまでのことだ。

最高のニュースは設備投資であり、GDP成長に0.69パーセント貢献した。

住宅と消費者の支出は2016年に景気後退を回避するのに役立ったが、拡大は疲弊しており設備投資からの高まりが必要だった。それは2017年になって実現し、住宅の下落を相殺するのに役立ち、住宅の成長がマイナスとなった2018年に向けて加速した。

では2017年に何が変わったのか?政権交代があり、大きな政策転換がもたらされ――特に、有無を言わせない規制と企業いじめが終結した。規制緩和で、企業の投資を遅らせ、あるいは削減させていた政治的不透明さが減少した。

2018年になって税制改革がもたらされると、世界最高の法人税率という障害は排除され、企業は外国に保持していた利益を本国に送還するようになった。投資は、ほとんどホワイトハウス主席エコノミストのケビン・ハセットの予測通りに回復した。彼は前年第4四半期からの基準で、2018年の年間成長率が3.1パーセントになると予測し、実際の成長率はまさしく3.1パーセントとなった。

社説全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

社会主義 を採用した米国の未来、それはバラ色ではない(社説)

<引用元:インベスターズ・ビジネス・デイリー2018.10.25>社説 (前略) 民主党の新たな執着 民主党が改めて社会主義的な考え方に真剣に執着する中、カール・マルクス生誕200周年と重なって、大統 …

デニス・プレガー:「トランプに反対したのは間違いだった」「偉大な大統領だ」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.1.26> デニス・プレガー氏は「私がドナルド・トランプに反対していたのは間違いだった」と述べ、ドナルド・トランプ氏を「偉大な大統領だ」と表現した。また政 …

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

トランプの中国に対する関税は正しい=ゴードン・チャン

<引用元:FOXニュース 2018.9.17>ゴードン・G・チャン氏による寄稿 (前略) 現在世界の貿易ステムが直面している根本問題は、今世紀に入ってから中国が世界貿易の中心で無法者のような振る舞いを …

子供たちのために壁は必要=性的人身取引と戦った元国土安全保障省捜査官が語る

<引用元:FOXニュース 2019.1.29>ティモシー・バラード 10年以上性的人身取引と戦ってきた、国土安全保障省(DHS)の元南部国境特別捜査官としてはっきり言えることは、国境の壁の問題を権力と …