記事翻訳

トランプは結局米国の経済を崩壊させなかった

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.11.11>

ニューヨーク市への海外からの観光客は、今年3.6パーセント増加となることが確実だ。つまり、ドナルド・トランプ氏が大統領になれば世の終わりが来るという数多くの予言の一つがまた否定されることになる。

2月にニューヨーク市観光局は、トランプ氏の「入国禁止とそれに関連する話」によって今年の観光客は30万人減少すると発表していた。しかし、その観光局の予言は間違いであることが証明された。

もちろん、他の予言はもっとひどいものだ。特に株式市場に関するものは。

経済評論家のスティーブ・ラットナー氏は、トランプ大統領の下での「歴史的な規模の市場崩壊」を予想した。ムーディーズは経済の「低迷」を警告した。せいぜい2パーセントのGDP成長が期待できるところだろうと言っていた人が多かった。

マーク・キューバン氏、CNBCのアンドリュー・ロス・ソーキン氏、そしてブリッジウォーター・アソシエイツ、マクロエコノミック・アドバイザーズといった会社も悲観論者だった。(ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は、選挙の直後に「いつまで続くか見当のつかない世界的な不況」が起こると不吉な予言をしたが、少なくともそれは取り下げたので彼に贈られる不名誉は比較的軽いものだ)

事実、ダウ平均株価はヒラリー・クリントンが敗北を認めて以来、25パーセント以上上昇した。そしてトランプの就任後の最初の2つの四半期はいずれも3パーセント、あるいはそれ以上の成長となってしまった。

もっと最近では、トランプがオバマケアに登録した人に対する支援金を削減したために、加入者が急減するという警告がなされた。ところが、今年度公開された加入者数は、最初の数日で記録的な登録者数となったことをザ・ヒルは報道した。

最初の日だけで昨年の2倍である20万人が登録しており、healthcare.gov(オバマケアの公式サイト)の訪問者数は、2016年には75万人だったのに対して100万人以上となった。

ファシズムだ、独裁だという非難について:判事が「入国停止」大統領令を無効にしようとして、前代未聞の法理論を持ち出しているにもかかわらず、トランプ氏は法律に忠実に従ってきた。

だからといって最終的に相場が下がることがないとか、オバマケアが障害にぶつかることがないと保証されるわけではない。しかし、トランプがハルマゲドン(最終戦争・世の終わり)を加速するという話が党派的なヒステリーであり、現実離れしたことだということは確かなことだ。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

トランプの下で、米国経済自由度が著しく向上

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.25>ヘリテージ財団、アンソニー・B・キム氏による解説 米国の景気は最近経験したことのないような活況ぶりだ。求人需要は過熱し、失業率は記録的に低下し、中小企 …

経済成長に火をつけたトランプ―彼はどうやってそれを達成したのか

<引用元:CNBC 2018.9.7> ドナルド・トランプ大統領は19カ月以上の間、政権を非常に多くの論争に巻き込んできたために、素晴らしい偉業に暗い影が投げかけられているのかもしれない。つまりひとえ …

トランプはいかにしてオバマの「ニュー・ノーマル」から経済を救ったか

<引用元:デイリー・シグナル 2018.9.26>マイケル・バスラー博士による論説。 信じ難いことだがわずか2年足らず前、圧倒的好景気が間近に迫っている兆候もなく、景気は停滞していた。 疑う余地もない …

トランプは米国の力を経済戦争で証明している

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.8.18>マイケル・ウォルシュ氏による論説 約20年間中東で戦略的に明確な目的を欠く軍事行動が行われてから、トランプ政権はもっと賢い新たな戦い方を取ることに決 …

アーカイブ

@JpWelovetrump