記事翻訳

10年来の米国に対する攻撃に使用されたマルウェアの背後に中国

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.8.4

過去10年にわたって米国に対するサイバー攻撃で頻繁に使用されたマルウェアは、国土安全保障省(DHS)の新たな報告によると、中国政府とつながりがあった。

DHSのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ局(CISA)は、今週企業経営者と政府職員に対して、マルウェア、つまりコンピューターやネットワークに損害を与えるよう意図され、電子的なネットワーク・機器に攻撃するよう仕組まれたソフトウェアが、中国の政府機関によって使用されていたと警告した。CISAは、米国の被害者の数や詳細は明かさなかったが、攻撃に関わったのが誰かを見つけ出すのに国防総省とFBIの対応部門が貢献したと述べた。

「FBIは、中国政府の当事者が被害者のネットワークでの存在を維持し、ネットワークの悪用を促進するために、プロキシーサーバーと合わせてマルウェアの変種を利用していると強く確信している。CISA、FBI、国防総省は、ネットワーク防衛を可能にし中国政府の悪意あるサイバー活動にさらされることを削減するために、これ(マルウェア分析報告書)を配布している」とCISAは声明の中で述べた。

中国政府当事者が利用するマルウェアは、TAIDOORとして知られており、米国人に対するスパイ活動に利用される可能性がある。サイバーセキュリティ企業は、このマルウェアが航空、防衛、技術、そして政府部門への攻撃でどのように使用されてきたかをブルームバーグに説明した

警告は、ソーシャルメディア企業のティックトックが、米国のユーザーに対してスパイ活動を行う可能性をめぐり、トランプ政権から懸念が高まる中でのものだ。トランプ大統領は、マイクロソフトによる買収の結果が出るまでティックトックを禁止すると脅している。

-記事翻訳
-,

関連記事

「透明性」「秘密主義」コロナ大流行の中、トランプが中国に矛盾したメッセージ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.21> ドナルド・トランプ大統領は21日、中国のコロナウイルス対応に関して、中国が病気を米軍のせいにしたことを非難した数日後に中国の「透明性」を称賛し、矛盾 …

中国を懲らしめ、雇用と製造を米国に戻す:民主党・共和党が賛成

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.27>ワシントン・シークレット論説 中国が、コロナウイルス感染拡大が始まる中でそれを世界に隠したことで、民主党と共和党は今一致して共産主義国を懲らしめ …

ジョン・ボルトン、グーグルの中国との協力をトランプ政権が禁止する可能性を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.7.16> トランプ大統領は、グーグルとその他の米国企業が機密性の高いプロジェクトで中国に協力することを禁止する可能性がある、とホワイトハウス高官がほのめ …

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

ジョー・バイデンは家族の不正取引によって信頼を損なっている(社説)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.9.28>社説 上院国土安全・財政委員会による共同報告書が公開されたことで、バイデン家の家族による明らかに道義に反する不当利益行為に関して、重大な疑問が提 …

アーカイブ

@JpWelovetrump