記事翻訳

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏)

そうだ、中国がやった。

コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大統領が非難する中、共産主義国家に対する米国人の不支持率は再び73パーセントという史上最高の数字に達した。

そしてピュー研究所によると、50パーセントはワシントンが北京に「感染拡大で果たした役割について責任を取らせるべき」と答えた。

重要なこととして、中国に関しては党派による分裂はあるものの、民主党の大多数はウイルスを理由に見捨てている。民主党の約68パーセントと共和党の約83パーセントが「中国に対して否定的な見方」をしているのだ。

トランプとそのチームは、コロナウイルス対応をめぐる世論調査で打ちのめされてきたが、国民は中国をさらに見捨てており、大統領もそれを知っている。最近のツイートでは、中国を責めるキャンペーンを復活させており、影響を及ぼしつつある。

大統領に好意的な外部グループは、中国をそのコロナウイルスと経済についての役割について何カ月も非難してきた。共和党司法長官協会でさえ「メイク・チャイナ・ペイ(中国に賠償させよ)」キャンペーンに参戦している。

今週、リバティー大学のフォールカークセンターが主催したワシントンD.C.のトランプ・インターナショナル・ホテルでの2日間の会議中、複数の専門家と連邦議員が中国を非難した。

-記事翻訳
-,

関連記事

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

バイデン政権1年で党支持が逆転、共和党が5ポイント優位になったことが最新調査で判明

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.17> 17日に発表された世論調査で、米国では2021年末にかけ、民主党より共和党の支持が1995年以来で最も高くなったことがわかった。

下院保守派にBLM共同創設者の中国とのつながりに関する捜査を求める声

<引用元:デイリー・シグナル 2020.9.30> FBIは親中国グループと、米国の都市での混乱の一因となった可能性のあるブラック・ライブズ・マター共同創設者とのつながりの証拠を捜査すべきだと、7人の …

トランプは中国に首脳会談前のディールを要求、個人外交から転換

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.4.6> 誇大宣伝は相変わらずだ。ドナルド・トランプ大統領によると、米中が最終的に貿易協定に合意すれば、それはあらゆるディールの中で「最も優れたもの」とな …

世論調査:ヒスパニックの50%がトランプ支持、共和党がリードを取り戻す

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.3.29> トランプ大統領が、南部国境の壁を建設するという約束をどんなことをしても守ろうとする中、最新の調査によると、ヒスパニッ …

アーカイブ

@JpWelovetrump