記事翻訳

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏)

そうだ、中国がやった。

コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大統領が非難する中、共産主義国家に対する米国人の不支持率は再び73パーセントという史上最高の数字に達した。

そしてピュー研究所によると、50パーセントはワシントンが北京に「感染拡大で果たした役割について責任を取らせるべき」と答えた。

重要なこととして、中国に関しては党派による分裂はあるものの、民主党の大多数はウイルスを理由に見捨てている。民主党の約68パーセントと共和党の約83パーセントが「中国に対して否定的な見方」をしているのだ。

トランプとそのチームは、コロナウイルス対応をめぐる世論調査で打ちのめされてきたが、国民は中国をさらに見捨てており、大統領もそれを知っている。最近のツイートでは、中国を責めるキャンペーンを復活させており、影響を及ぼしつつある。

大統領に好意的な外部グループは、中国をそのコロナウイルスと経済についての役割について何カ月も非難してきた。共和党司法長官協会でさえ「メイク・チャイナ・ペイ(中国に賠償させよ)」キャンペーンに参戦している。

今週、リバティー大学のフォールカークセンターが主催したワシントンD.C.のトランプ・インターナショナル・ホテルでの2日間の会議中、複数の専門家と連邦議員が中国を非難した。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ政権が土壇場でイラン、中国、キューバに制裁

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.15> トランプ政権は15日、イラン、中国、キューバという敵対政権に新たな制裁を適用するための土壇場の取り組みを継続し、こうした国が引き起こす進行中 …

バイデン、中国宣伝者のボブ・アイガーを駐中国大使に任命予定:タッカー・カールソン

<引用元:FOXニュース 2020.12.16-17> バイデン政権では、中国へのごますりが駐中国大使となるための必要条件 「世界を変えた1週間」 それが、ニクソンが1972年の訪中を表した言葉だった …

TikTokについてポンペオ長官:米国人のデータが最終的に中国共産党の手に渡るリスクはない

<引用元:FOXビジネス 2020.9.20> オラクルとウォルマートによるTikTok(ティックトック)買収後、ソーシャルビデオアプリは米国拠点企業となり、中国の所有する親会社のバイトダ …

国連での中国の影響力に対抗しようと努めるトランプ政権

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.9.26> トランプ政権は、中国が国連での影響力を利用して反米国の方策を推し進めようとしてきたため、国際機関で主要機関に対する中国の支配を引き離そうとす …

バイデン支持率が衝撃の過去最低に、ヒスパニックが最低:世論調査

<引用元:デイリーコーラー 2022.1.12> 最新の世論調査結果によると、ジョー・バイデン大統領の支持率は、重大な課題への対応について有権者の不満が増す中で低下を続けている。

アーカイブ

@JpWelovetrump