記事翻訳

「伝染病止められたはず」トランプがコロナ後の中国貿易協定の可能性を否定

投稿日:2020年7月11日

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.7.10

トランプ大統領は10日、中国が新型コロナウイルスパンデミックの対応に失敗したことを理由に、中国との貿易協定がまとまるよう取り計らう可能性を否定した。

「今それについては考えていない」とトランプはエアフォースワンの機内で記者団に話した。

「中国との関係は深刻なダメージを受けた。彼らは伝染病を止めようと思えば止められた。止められたのに止めなかった。武漢から中国の他の場所に行くことは食い止めた。伝染病を止められたはずだが、止めなかった」と大統領は述べた。

記者がトランプに新たな貿易協定があるかどうかについて追及すると、「正直言って他のことをたくさん検討している」とトランプは答えた。

ウイルスは300万人以上の米国人を感染させ、13万3,000人が死亡しており、少なくとも一時的に何千万人も失業させた。

トランプは多くの反中国政策を検討しており、ソーシャルメディア・プラットフォームのティックトック(TikTok)禁止もその1つだ。米国の十代の若者の間で大きな人気があるが、当局は中国共産党指導部にデータを送る可能性があると主張している。

パンデミック前、トランプは米国の知的財産を守り、中国国内企業を有利にする政策を排除する協定に中国が合意するよう強いるために、中国に果敢な貿易戦争をしかけた。

COVID-19が他国に拡大し始める中、劉鶴(国務院)副総理が率いる大規模な中国代表団は、「第1段階」の貿易協定に署名するために1月15日にホワイトハウスを訪れた。

第1段階の協定では、関税の拡大が停止され、中国が農産物を含めた米国製品を購入する約束をした。また、外国の投資をさらに許可し知的財産を守るための中国の最近の措置が評価された。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

中国が「第1段階」合意を破れば米国は一方的報復の可能性:ホワイトハウス

<引用元:FOXビジネス 2019.12.15> 中国が「第一段階」の貿易協定に違反すれば米国は一方的報復を行う可能性がある、とホワイトハウスのピーター・ナバロ通商製造政策局長は15日、FOXニュース …

ジョン・ボルトン、グーグルの中国との協力をトランプ政権が禁止する可能性を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.7.16> トランプ大統領は、グーグルとその他の米国企業が機密性の高いプロジェクトで中国に協力することを禁止する可能性がある、とホワイトハウス高官がほのめ …

トランプ、貿易で中国を打ち負かせるなら2カ月の景気後退も辞さず

<引用元:デイリー・コーラー 2019.8.20> ドナルド・トランプ大統領は20日、中国との貿易不均衡に対処するためには米国経済が短期間の損失を被り、短期の景気後退になることも辞さないと述べた。 「 …

ペンス=NBAは中国の「完全に所有された子会社のように振る舞っている」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.24> マイク・ペンス副大統領は24日、NBAは香港デモを受けた中国政府の人権侵害に関して圧力に屈したと述べた。ペンスは、中国が米国に「検閲を輸出」 …

香港への中国軍事行動なら、米国との歴史的決裂を引き起こす恐れ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.13> 香港デモ抗議者に対して軍事行動があれば、貿易戦争を比較的小さく見えるようにするほどの米中関係の決裂を引き起こす可能性がある、と米国の議員と専門 …

アーカイブ

@JpWelovetrump