記事翻訳

米トップ20犯罪都市、どの党が運営?

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2020.6.24

上院民主党が警察改革法案を阻止していることに苛立ち、ドナルド・トランプ大統領は24日、米国で最も犯罪率の高い20の都市は全て民主党が運営していると述べた。

「上院共和党は警察改革の法案を成立させたいと強く望んでいる。私はそうなって欲しい。犠牲は出さない。そうはさせない。警察を損なうようなことをやるつもりはない」とトランプは、ローズガーデンでのポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領との記者会見中に述べた。

大統領はこう続けた。

「今年の犯罪率は記録的にプラスの数字だ。最も高い。シカゴのような特定の場所のことは聞いているだろうし、デトロイトなどの都市がどうなっているかは聞いているだろうが、全て民主党の運営だ。その全てが民主党の運営だ。ワースト20、最も危険な20カ所は民主党の運営だ」

すぐに事実確認してみると、トランプは少なくともほとんど正しいことが分かった。あるランキングでは、最も危険な20位までの都市を運営するのは18人が民主党の市長で、2人は無所属の選挙で選ばれていたとされている。

1月に米国で最も危険な100の都市を発表したネイバーフッド・スカウトのウェブサイトによると、民主党が圧倒的に優勢なデトロイトが1位となっている。20位はペンシルベニア州チェスターでこちらも民主党の市長だ。

トランプはさらに、シアトル中心部のいわゆる自治区についても言及した。過激主義者が町の6ブロックを占拠している場所だ。

「1つの都市、特に2つの都市がホンジュラスよりも悪く、アフガニスタンより悪い。これらは合衆国内の都市で民主党が運営している。極左勢力が運営している。シアトルで何が起きているか分かるだろう。よりによってシアトルで、そうしたことが起こり得ると誰が考えただろうか」とトランプは語り、こう続けた。

「民主党は我々の法執行機関、警察を大幅に弱体化させたいと思っている。率直に言って、少なくとも大幅に、(警察への)資金援助を停止したいと考えている。警察への資金援助を停止し、警察を廃止したいと思っている者もいる。(警察改革で)何もできなければ、そうしたことの1つだということだ。我々は異なる哲学を持っていた。彼らは開かれた国境を求めている。彼らはサンクチュアリ・シティを求めている。我々は違う」

以下はネイバーフッド・スカウトによる最も犯罪が多発する都市とその市長だ。

1.デトロイト

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):20.0

被害者となる確率:50人のうち1人

市長:マイケル・エドワード・ダガン(民主党)

2.テネシー州メンフィス

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):19.5

被害者となる確率:51人のうち1人

市長:ジム・ストリックランド(民主党)

3.アラバマ州バーミングハム

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):19.3

被害者となる確率:52人のうち1人

市長:ランドール・ウッドフィン(民主党)

4.ボルチモア

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):18.5

被害者となる確率:54人のうち1人

市長:ジャック・ヤング(民主党)

5.ミシガン州フリント

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):18.3

被害者となる確率:55人のうち1人

市長:シェルドン・ニーリー(民主党)

6.セントルイス

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):18.2

被害者となる確率:55人のうち1人

市長:リダ・クルーソン(民主党)

7.イリノイ州ダンビル

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):18.0

被害者となる確率:55人のうち1人

市長:リッキー・ウイリアムズ(無所属)

8.ミシガン州サギノー

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):16.7

被害者となる確率:60人のうち1人

市長:フロイド・クロック(無所属)

9.デラウェア州ウィルミントン

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):16.3

被害者となる確率:61人のうち1人

市長:マイク・プルジッキ(民主党)

10.ニュージャージー州カムデン

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):16.2

被害者となる確率:62人のうち1人

市長:フランシスコ・モラン(民主党)

11.アーカンソー州パインブラフ

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):16.0

被害者となる確率:62人のうち1人

市長:シャーリー・ワシントン(民主党)

12.ミズーリ州カンザスシティ

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):15.9

被害者となる確率:63人のうち1人

市長:クイントン・ルーカス(民主党)

13.カリフォルニア州サンバーナーディノ

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):15.3

被害者となる確率:65人のうち1人

市長:ジョン・バルディビア(民主党)

14.ルイジアナ州アレクサンドリア

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.6

被害者となる確率:68人のうち1人

市長:ジェフリー・ホール(民主党)

15.アーカンソー州リトルロック

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.6

被害者となる確率:68人のうち1人

市長:フランク・スコット・ジュニア(民主党)

16.クリーブランド

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.5

被害者となる確率:69人のうち1人

市長:フランク・ジャクソン(民主党)

17.ミルウォーキー

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.3

被害者となる確率:70人のうち1人

市長:トム・バレット(民主党)

18.カリフォルニア州ストックトン

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.2

被害者となる確率:70人のうち1人

市長:マイケル・タブス(民主党)

19.ルイジアナ州モンロー

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.1

被害者となる確率:71人のうち1人

市長:ジェームズ・アール・メイヨ(民主党)

20.ペンシルベニア州チェスター

凶悪犯罪率(住民1,000人当たり):14.0

被害者となる確率:71人のうち1人

市長:サディアス・カークランド(民主党)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ダーショウィッツ=トランプは正しい、特別カウンセルは任命すべきでなかった

<引用元:ザ・ヒル 2018.3.21>(アラン・ダーショウィッツ法学教授による論説) ダーショウィッツ氏は、ハーバード・ロースクールの名誉教授であり、フェリックス・フランクファーター記念講座担当教授 …

トランプの中国に対する関税は正しい=ゴードン・チャン

<引用元:FOXニュース 2018.9.17>ゴードン・G・チャン氏による寄稿 (前略) 現在世界の貿易ステムが直面している根本問題は、今世紀に入ってから中国が世界貿易の中心で無法者のような振る舞いを …

トランプ対ロバーツ長官、勝者は大統領

<引用元:American Greatness 2018.11.23>ステファン・B・プレッサー氏による論説 正しいのはドナルド・トランプ大統領か、それともジョン・ロバーツ連邦最高裁判所長官か?大統領 …

トランプの当選以降、米白人若者が大挙して 民主党 を去る(ロイター調査)

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.7.3> 2016年にドナルド・トランプ大統領が誕生した後、白人米国人の若者の多くが 民主党 を去ったことが最新の調査で明らかに ロイター・イプソスによる …

トランプ大統領によるアリス・ジョンソンの減刑は正しかった

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.6.6>By Katherine Timpf そして他の多くの非暴力犯罪者も自由と第二のチャンスにふさわしい トランプ大統領は、暴力を伴わない初犯の麻薬 …

アーカイブ

@JpWelovetrump