記事翻訳

トランプ「すばらしい」経済回復を強調、コロナ後中国との関係を再考

投稿日:2020年6月13日

<引用元:FOXビジネス 2020.6.12

トランプ大統領、FOXニュース独占インタビュー

トランプ大統領はコロナウイルス・パンデミックからの「すばらしい」景気回復を予測している。

トランプはFOXニュースのハリス・フォークナーに、経済に行き詰まった「オポチュニティ・ゾーン」は国内の他の地域とともに回復すると予期していると語った。

「すばらしい第3四半期になると私は思う。第4四半期も良くなると思う。来年はすばらしい年になると思う。もっとも、中国から来たこの恐ろしい物によって失われた命を取り換えることはできないというのは別の話だ。だが経済的な観点からすると来年はすばらしい年になる可能性がある」とトランプは語った。

オポチュニティ・ゾーンはトランプ政権の2017年の減税で創設された。こうした地域で行われた投資は、困窮する地域経済の促進を助けるために特別な税制優遇措置を受けられる。米国には8,700以上のオポチュニティ・ゾーンがある。

トランプは、コロナウイルスで米国経済が冷え切る前にアフリカ系米国人の失業率が史上最低に達したことを指摘した。またパンデミックがそうした進展を消し去ったものの、アフリカ系米国人の雇用は再びすばらしい数字になるだろうと述べた。

「景気は上昇していく。来年はすばらしい年になるだろう。第3四半期はすばらしくなるだろう。だが命を置き換えることは決してできない」とトランプは語った。

大統領は続けてウイルス拡大は中国の責任だと述べた。ジョンズホプキンス大学によると、12日の時点でCOVID-19は世界で何百万もの感染者を出し、42万2千人以上が死亡しており、米国では11万4千人が死亡した。

トランプによると中国は「完全に止める」ことができたはずだという。「無能力」のせいで中国政府は新型コロナウイルスを国境内に留めることができなかったのだろうという考えをトランプは示した。

「私は起きたことに対してとても、とても怒りを覚える。我々は止められるべきだったこの恐ろしいウイルスに不必要に打撃を受けた。中国から外に出るのを許すべきではなかった。止められたはずだ」とトランプは語った。

トランプは米国の農家は合意で非常に多くのビジネスを得ていることに満足だとしながらも、パンデミックのせいで米中貿易協定に対する見方を再考することにもなった。

「彼らは2,500億ドルの協定の一環としてたくさん買っている。中国との間では初めての内容だが、彼らは支払い従っている。だがどうだろう。私は今それを結んだ時とは違った考えを持っている。『これはすばらしいことだ』と私は言った。今私は違った見方をしている。中国で起こったことはとても、とても残念でとんでもないことだ」とトランプは語った。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

独占記事:トランプ政権ペンタゴンは南シナ海での中国の主張に挑む計画

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.20> トランプ大統領は、中国の南シナ海における過剰な主張に対して定期的に異議を示す必要があるとする今年のペンタゴンの計画を承認した。 米国当局者によ …

トランプが北朝鮮との貿易関係について中国を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.5> ドナルド・トランプは水曜日、ならず者国家の核の脅威に対する「中国の協力はやはりだめだった」とツイートして、中国が北朝鮮との経済関係を継続して …

中国はWHOに新型コロナウイルスの存在を報告しなかった

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.7.2> WHO、中国が自己報告したという当初の主張を撤回、報告はなかったと認める 新型コロナウイルスの拡散をたどる世界保健機関(WHO)の時系列表によ …

エスパー国防長官が『国旗に覆われた棺が家に帰る』よりいい、とソレイマニ攻撃を擁護

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.12> マーク・エスパー国防長官は12日、イランのカセム・ソレイマニ将軍を殺害する攻撃を許可したドナルド・トランプ大統領の決断を完全に支持していると語った。 …

中国から出国禁止された米国人姉弟、「帰国を切望」

<引用元:USAトゥデイ 2019.9.14> (ワシントン)2人の米国人の若者、ビクター・リウとシンシア・リウは中国に「捕らわれて」おり、中国当局が1年以上出国を阻止しているために失望と落胆を深めて …

アーカイブ

@JpWelovetrump