記事翻訳

トランプ「すばらしい」経済回復を強調、コロナ後中国との関係を再考

投稿日:2020年6月13日

<引用元:FOXビジネス 2020.6.12

トランプ大統領、FOXニュース独占インタビュー

トランプ大統領はコロナウイルス・パンデミックからの「すばらしい」景気回復を予測している。

トランプはFOXニュースのハリス・フォークナーに、経済に行き詰まった「オポチュニティ・ゾーン」は国内の他の地域とともに回復すると予期していると語った。

「すばらしい第3四半期になると私は思う。第4四半期も良くなると思う。来年はすばらしい年になると思う。もっとも、中国から来たこの恐ろしい物によって失われた命を取り換えることはできないというのは別の話だ。だが経済的な観点からすると来年はすばらしい年になる可能性がある」とトランプは語った。

オポチュニティ・ゾーンはトランプ政権の2017年の減税で創設された。こうした地域で行われた投資は、困窮する地域経済の促進を助けるために特別な税制優遇措置を受けられる。米国には8,700以上のオポチュニティ・ゾーンがある。

トランプは、コロナウイルスで米国経済が冷え切る前にアフリカ系米国人の失業率が史上最低に達したことを指摘した。またパンデミックがそうした進展を消し去ったものの、アフリカ系米国人の雇用は再びすばらしい数字になるだろうと述べた。

「景気は上昇していく。来年はすばらしい年になるだろう。第3四半期はすばらしくなるだろう。だが命を置き換えることは決してできない」とトランプは語った。

大統領は続けてウイルス拡大は中国の責任だと述べた。ジョンズホプキンス大学によると、12日の時点でCOVID-19は世界で何百万もの感染者を出し、42万2千人以上が死亡しており、米国では11万4千人が死亡した。

トランプによると中国は「完全に止める」ことができたはずだという。「無能力」のせいで中国政府は新型コロナウイルスを国境内に留めることができなかったのだろうという考えをトランプは示した。

「私は起きたことに対してとても、とても怒りを覚える。我々は止められるべきだったこの恐ろしいウイルスに不必要に打撃を受けた。中国から外に出るのを許すべきではなかった。止められたはずだ」とトランプは語った。

トランプは米国の農家は合意で非常に多くのビジネスを得ていることに満足だとしながらも、パンデミックのせいで米中貿易協定に対する見方を再考することにもなった。

「彼らは2,500億ドルの協定の一環としてたくさん買っている。中国との間では初めての内容だが、彼らは支払い従っている。だがどうだろう。私は今それを結んだ時とは違った考えを持っている。『これはすばらしいことだ』と私は言った。今私は違った見方をしている。中国で起こったことはとても、とても残念でとんでもないことだ」とトランプは語った。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプは、武漢研究所がコロナ発生源だとする証拠を見たと述べ、WHOをPR会社に例えた

<引用元:FOXニュース 2020.4.30> トランプ大統領は4月30日、コロナウイルスの起源が中国の研究所であることを示す証拠を見たと述べ、世界保健機関をPR会社になぞらえて北京とのつながりに対す …

トランプが2020年にやり遂げた成果トップ10

<引用元:リアルクリアポリティックス 2020.12.31>スティーブ・コルテス氏による論説 今年(2020年)は、中国共産党の犯罪行為が世界中に押しつけた苦痛に圧倒された年だった。こうした厳しい課題 …

NIH助成金を受け取った54人の科学者が外国とのつながりの開示を怠り解雇

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.6.14> 継続中の捜査によると、国立衛生研究所(NIH)の助成金を受け取っていた少なくとも54人の科学者が、外国政府、特に中国とのつながりを開示しなか …

ペンス=NBAは中国の「完全に所有された子会社のように振る舞っている」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.24> マイク・ペンス副大統領は24日、NBAは香港デモを受けた中国政府の人権侵害に関して圧力に屈したと述べた。ペンスは、中国が米国に「検閲を輸出」 …

イラン、ロシア、中国が共同軍事演習で「世界に向けたメッセージ」

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.11.27> イラン、中国、ロシアは数週間後に初の共同軍事演習を行う。指導者はそのならず者国家間での軍事協力の増大に関して「世界にメッセージ」を送るもの …

アーカイブ

@JpWelovetrump