記事翻訳

中国は西側で「膨大な量」のデータを窃盗、と米高官

投稿日:

<引用元:FOXビジネス 2020.1.22

イランは「約200の大学」をハッキング

(パリ)――中国は西側の企業から「膨大な量」のデータを盗んでおり、イランは約200の大学からデータを盗んだと米国のサイバーセキュリティに関わる上級外交官が22日に述べた。

サイバー・国際通信を担当するロバート・ストレイヤー次官補代理はパリで、データ窃盗は「定期的に発生している」と語った。

過去数年間で中国は「最大規模の世界的なサービスプロバイダーとクラウドプロバイダーに侵入し・・・それを利用して主要な大企業の企業データベースに対するアクセスを得ている」と同氏は記者団に語った。盗まれたデータはその被害企業に「競争で勝つために」中国国内の民間企業に与えられる「場合もある」と、ストレイヤーは語った。

「それは定期的に発生している」と同氏は続けた。

ストレイヤーが司法省高官と共にパリを訪れたのは、セキュリティ上のリスクのために、少なくとも機密のネットワーク中枢では中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)を使用しないようフランスを説得するためだった。

イランの話題になるとストレイヤーは、マブナ研究所(Mabna Institute)と呼ばれるグループによって「約200の大学」が研究内容などを奪われており、データ窃盗の犠牲者になっていると述べた。

マブナについてFBIは、「イスラム革命防衛隊の指示で」イラン政府のために働く民間請負業者だと説明している。

2018年にFBIはニューヨーク大陪審が起訴した9人のイラン人の指名手配ポスターを発行した。その全員が、コンピューター・システムからデータを盗み出してイラン政府やイランの大学などに売る計略で、マブナ研究所につながりがあったとされている。通知では、144の米大学と他の21カ国の176大学が被害者の中に含まれ、5つの連邦および州政府機関も含まれていたとしていた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ニューヨーク証券取引所がトランプの標的となった中国通信企業を排除

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.4> ニューヨーク証券取引所は、中国軍につながりのある企業に対するドナルド・トランプ大統領による取り締まりを受け、中国通信大手企業3社を上場廃止にし …

トランプ政権、中国取り締まりで次期大統領封じ込めを目指す

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.16> トランプ政権は、今後数週間で中国に対する圧力を強化することを計画しており、一連の手だてによってジョー・バイデン次期大統領が方向転換するのを政 …

米国・メキシコ・カナダ協定 は「毒薬」条項で中国を標的

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.10.7> トランプ政権は中国との貿易戦争で新たな道具を見出した。つまり、最近結ばれた米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)のようなものを利用して、中国 …

共産主義の犠牲者記念財団、世界的コロナウイルス死亡者を歴史的な共産主義犠牲者数に加える

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.10> 共産主義の犠牲者記念財団(The Victims of Communism Memorial Foundation:VOC)は、世界的なコロナウイル …

ロシアは総選挙での民主党の不正計画についてもハッキングしていた

 <引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.23> ニューヨーク・タイムズは土曜日の記事で、FBIのジェームズ・コミー長官は昨年、当時の司法長官ロレッタ・リンチが民主党の大統領候補のヒラリー・ …

アーカイブ

@JpWelovetrump