記事翻訳

中国は西側で「膨大な量」のデータを窃盗、と米高官

投稿日:

<引用元:FOXビジネス 2020.1.22

イランは「約200の大学」をハッキング

(パリ)――中国は西側の企業から「膨大な量」のデータを盗んでおり、イランは約200の大学からデータを盗んだと米国のサイバーセキュリティに関わる上級外交官が22日に述べた。

サイバー・国際通信を担当するロバート・ストレイヤー次官補代理はパリで、データ窃盗は「定期的に発生している」と語った。

過去数年間で中国は「最大規模の世界的なサービスプロバイダーとクラウドプロバイダーに侵入し・・・それを利用して主要な大企業の企業データベースに対するアクセスを得ている」と同氏は記者団に語った。盗まれたデータはその被害企業に「競争で勝つために」中国国内の民間企業に与えられる「場合もある」と、ストレイヤーは語った。

「それは定期的に発生している」と同氏は続けた。

ストレイヤーが司法省高官と共にパリを訪れたのは、セキュリティ上のリスクのために、少なくとも機密のネットワーク中枢では中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)を使用しないようフランスを説得するためだった。

イランの話題になるとストレイヤーは、マブナ研究所(Mabna Institute)と呼ばれるグループによって「約200の大学」が研究内容などを奪われており、データ窃盗の犠牲者になっていると述べた。

マブナについてFBIは、「イスラム革命防衛隊の指示で」イラン政府のために働く民間請負業者だと説明している。

2018年にFBIはニューヨーク大陪審が起訴した9人のイラン人の指名手配ポスターを発行した。その全員が、コンピューター・システムからデータを盗み出してイラン政府やイランの大学などに売る計略で、マブナ研究所につながりがあったとされている。通知では、144の米大学と他の21カ国の176大学が被害者の中に含まれ、5つの連邦および州政府機関も含まれていたとしていた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ジョージ・ソロス、トランプは経済に関する懸念から中国との間違った合意に走ると主張

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.10> 富豪で投資家のジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領が2020年大統領選挙を前に中国と合意を結ぶため、中国テクノロジー企業のファー …

トランプの イラン制裁 でエスタブリッシュメントの間違いが再び明らかに

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.9.20>ジョナサン・S・トービン氏寄稿 トランプ政権はイランに対する新制裁から3カ月で、石油価格を著しく上昇させることなくイランの石油輸出に打撃を与えること …

北京管理下の新聞社、プロパガンダのために米紙に今年数百万ドルの支払い

<引用元:デイリー・コーラー 2020.11.22> 中国共産党のプロパガンダ機関が管理する英字新聞は、西側での北京の偽情報の取り組みに対して監視の目が厳しくなる中にあっても、過去6カ月で印刷・広告費 …

ナバロ:中国は戦略的利益の拡大のために新型コロナパンデミックを利用している

<引用元:FOXニュース 2020.6.6-7>ピーター・ナバロ氏寄稿 中国共産党は長年にわたり戦略的覇権の拡大のために危機を利用してきた。例えば1962年のキューバミサイル危機の際、米国とソ連が気を …

トランプ、今週香港をめぐる中国への措置を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.5.26> トランプ大統領は、香港での国家安全法導入の計画をめぐり中国に対して今週措置を講じる準備中であるとしている。 中国政府の動きが引き金となり、19 …

アーカイブ

@JpWelovetrump