記事翻訳

バー長官:ロシア捜査の再検証で挙がる名前の「一部」に見覚えのある人物出る

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.9

ウィリアム・バー司法長官は9日のインタビューで、ロシア捜査の発端に対する継続中の連邦捜査で捜査対象となっている人たちの「一部」は見覚えのある人たちとなるだろうと述べた。

またバー長官はFOXニュースのブレット・バイアーに、コロナウイルスパンデミックの影響でコネチカット州のジョン・ダーラム連邦検事による検証は減速していないと述べた。

2016年大統領選でのロシアの干渉に対するFBI捜査の発端に対する捜査において、ダーラムのチームは「前進するためにとても積極的に取り組んでいる」とバー長官はバイアーに語った。

ダーラムは、FBIがトランプ陣営の元関係者を監視するための令状取得のために、FISA申請を偽ったかどうかを調査している。

バーは捜査の結果として刑事告訴が行われる可能性についてコメントしようとしなかったが、「司法手続きには時間が掛かるもの・・・」と述べた。

「ゆっくり進めているのは適正手続きがあって、その手続きに従うためだ」と長官は述べた。

「だが、まだ何の措置も取られていないという事実から判断すべきではない。つまり人々が・・・不正に対して何の罰も受けないという意味で」

ダーラムの捜査の結果として誰が刑事訴追されるかは不明だが、先月公開された文書の一部で、FBI捜査官が捜査を継続させるために共謀したことが暴露された―トランプ陣営がロシア政府と共謀しているという証拠がなかったというのに、だ。

ロバート・モラー元特別検察官とジェームズ・クラッパー元国家情報長官はどちらも、2016年の選挙中にトランプとロシアの間で違法の共謀があったという証拠を発見しなかった。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

独占記事:ジェームズ・コミーは「FBIの信頼を裏切った」と元FBI副長官が語る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.10> 元FBI副長官はブライトバート・ニュースに、ドナルド・トランプ大統領がジェームズ・コミー長官を解任したのは正当な理由によるものであると述べた。

ブレナン元CIA長官は、いかにしてロシアはヒラリーびいきだったと異論を唱えた分析官を封じ込めたか

<引用元:リアルクリアインベスティゲーションズ 2020.9.24>ポール・スペリー ジョン・ブレナン元CIA長官は、2016年大統領選挙でのロシアの干渉に関するインテリジェンス報告書の非常に重要な部 …

捜査全体がコミー同様腐敗していたことが監察官報告書で証明:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.9>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 いまや正式に認められた。「ロシア、ロシア、ロシア」は本当に最初からフェイク・ニュースだったということが。FBIが …

モラー報告書は必要なかった、それが報告書の結論だ

<引用元:ザ・ヒル 2019.4.20>ケビン・R・ブロック氏による寄稿 2年と3000万ドルを費やして、そもそも自分は必要なかったのだと結論付ける報告書をまとめる。そんな仕事はいかがだろう?その答え …

連邦判事が特別補助裁判官にマーアラゴ押収物を精査するよう命令、トランプに勝利手渡す

<引用元:JustTheNews 2022.9.5> 連邦判事は9月5日、先月FBIがドナルド・トランプのフロリダの私有地を家宅捜索した際に押収した証拠を、特別補助裁判官に精査させるよう命じ、前大統領 …

アーカイブ

@JpWelovetrump