記事翻訳

バー長官:ロシア捜査の再検証で挙がる名前の「一部」に見覚えのある人物出る

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.9

ウィリアム・バー司法長官は9日のインタビューで、ロシア捜査の発端に対する継続中の連邦捜査で捜査対象となっている人たちの「一部」は見覚えのある人たちとなるだろうと述べた。

またバー長官はFOXニュースのブレット・バイアーに、コロナウイルスパンデミックの影響でコネチカット州のジョン・ダーラム連邦検事による検証は減速していないと述べた。

2016年大統領選でのロシアの干渉に対するFBI捜査の発端に対する捜査において、ダーラムのチームは「前進するためにとても積極的に取り組んでいる」とバー長官はバイアーに語った。

ダーラムは、FBIがトランプ陣営の元関係者を監視するための令状取得のために、FISA申請を偽ったかどうかを調査している。

バーは捜査の結果として刑事告訴が行われる可能性についてコメントしようとしなかったが、「司法手続きには時間が掛かるもの・・・」と述べた。

「ゆっくり進めているのは適正手続きがあって、その手続きに従うためだ」と長官は述べた。

「だが、まだ何の措置も取られていないという事実から判断すべきではない。つまり人々が・・・不正に対して何の罰も受けないという意味で」

ダーラムの捜査の結果として誰が刑事訴追されるかは不明だが、先月公開された文書の一部で、FBI捜査官が捜査を継続させるために共謀したことが暴露された―トランプ陣営がロシア政府と共謀しているという証拠がなかったというのに、だ。

ロバート・モラー元特別検察官とジェームズ・クラッパー元国家情報長官はどちらも、2016年の選挙中にトランプとロシアの間で違法の共謀があったという証拠を発見しなかった。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

追い詰められたFBI、トランプ・ロシア共謀の報告文書の根拠を未だに立証できないと認める

トランプ大統領のロシア疑惑捜査の発端の1つとなった文書について、FBIはその文書が主張する共謀について立証できないままであることを認めている。ワシントン・タイムズは、上下院の捜査に詳しい情報筋の話とし …

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

トランプの盗聴疑惑に関する多くの疑問(と、いくつかの答え)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.6> 先週末からの、オバマ大統領がトランプに対する盗聴を命じたとするドナルド・トランプの主張は、トランプのアドバイザーとロシア政府とのつながりに対する継続中 …

Resistance (At All Costs):キンバリー・ストラッセルのホームラン(書評)

<引用元:The American Spectator 2019.11.7>ジェフリー・ロード氏による書評 「トランプ陣営に対するFBIの前代未聞の防諜捜査から、大統領の連邦移民法に対する州の抵抗、メ …

トランプ、「息をのむような」ロシア捜査文書の公開をちらつかせる

<引用元:デイリー・コーラー 2020.10.11> トランプ大統領は11日、ロシア捜査に関する情報の公開をちらつかせ、「息をのむような」ものだと述べた。 「文書はこれまでになかったほどのレベルで今公 …

アーカイブ

@JpWelovetrump