記事翻訳

バー長官:ロシア捜査の再検証で挙がる名前の「一部」に見覚えのある人物出る

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.9

ウィリアム・バー司法長官は9日のインタビューで、ロシア捜査の発端に対する継続中の連邦捜査で捜査対象となっている人たちの「一部」は見覚えのある人たちとなるだろうと述べた。

またバー長官はFOXニュースのブレット・バイアーに、コロナウイルスパンデミックの影響でコネチカット州のジョン・ダーラム連邦検事による検証は減速していないと述べた。

2016年大統領選でのロシアの干渉に対するFBI捜査の発端に対する捜査において、ダーラムのチームは「前進するためにとても積極的に取り組んでいる」とバー長官はバイアーに語った。

ダーラムは、FBIがトランプ陣営の元関係者を監視するための令状取得のために、FISA申請を偽ったかどうかを調査している。

バーは捜査の結果として刑事告訴が行われる可能性についてコメントしようとしなかったが、「司法手続きには時間が掛かるもの・・・」と述べた。

「ゆっくり進めているのは適正手続きがあって、その手続きに従うためだ」と長官は述べた。

「だが、まだ何の措置も取られていないという事実から判断すべきではない。つまり人々が・・・不正に対して何の罰も受けないという意味で」

ダーラムの捜査の結果として誰が刑事訴追されるかは不明だが、先月公開された文書の一部で、FBI捜査官が捜査を継続させるために共謀したことが暴露された―トランプ陣営がロシア政府と共謀しているという証拠がなかったというのに、だ。

ロバート・モラー元特別検察官とジェームズ・クラッパー元国家情報長官はどちらも、2016年の選挙中にトランプとロシアの間で違法の共謀があったという証拠を発見しなかった。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

ヒラリーメール事件でFBI捜査不正の新たな事実が発覚

ザ・ヒルの報道によると、ヒラリー・クリントン元国務長官の私設メールサーバーをめぐるFBIの捜査に、新たな問題点が発見されている。

内部告発者がFBIロシア捜査の重要人物を暴露:「全ては罠だった」

<引用元:2018.8.27 サラ・カーター> アダム・ロヴィンジャー氏 元国防総省職員がFBI情報提供者による長期に渡る問題行動の経歴を暴露 ロシア捜査の重要人物はロシア政府と深いつながりを持ってい …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

独占記事:ジェームズ・コミーは「FBIの信頼を裏切った」と元FBI副長官が語る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.10> 元FBI副長官はブライトバート・ニュースに、ドナルド・トランプ大統領がジェームズ・コミー長官を解任したのは正当な理由によるものであると述べた。

フリン前大統領補佐官が罪を認めたことの意味とは

マイケル・フリン前大統領補佐官が偽証の罪を認めた。米ABCニュースをはじめとする主要マスコミは、「ロシア疑惑」の捜査が進展するかのような論調で報道しているが、果たしてそうだろうか。

アーカイブ

@JpWelovetrump