記事翻訳

2020年最高のニュース:米国急回復の兆候

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.5>社説

国が完全に破綻するのではないかという気がしていたまさにその時、素晴らしいニュースが入ってきた。全国的なパンデミックがピークから大きく収まったという明確な兆しと共に、驚くほどの、空前の雇用増加を果たしたことだ。

これでジョージ・フロイドの死を受けた動乱が解決することはないが、少なくとも米国はついにこれまでの危機と決別し始めている。

国の大半が再開したといっても、エコノミストは5月の雇用は低下し続けると予測していた。米国の失業率は大恐慌時代レベルの20パーセント付近に達するという予測が多かった。

ところが労働統計局は、5月の失業率を13.3パーセントと報告した。4月の14.7パーセント(第二次世界大戦後最高)から低下したのだ。

先月250万人の雇用が増加し、米国の歴史上で最大の上昇となった。

それは最も急速な低下後の大きな回復だ。突然数千万人を失業させた3カ月のロックダウンのための低下だった。

その上これは先月の数字だ。6月は大打撃を受けたニューヨーク市も再開し始め、もっと良くなるだろう。

そうしたことから、国の完全な景気回復は急速な回復―ゆっくりと何年もかけた重い足取りで2月の米国の景気に回復するのではなく―となるのではないかという希望が本当に高まっている。

希望の根拠は他にもある。あらゆる兆候がウイルスの敗北を示している。市は今週、1日のコロナウイルスによる死亡者がゼロだったとしたが、3月11日以来初めてのことだ。

ピーク時にはCOVID-19で1日に500人の市民が死亡していた。

州全体で4月以降死者は減少しており、全体の入院者数も急激に減少している。

全国の感染者数も減少傾向にある。国はまだ1日に約2千人の新規感染者を記録している―が、その理由はおもに検査がついに必要とされる規模にまで拡大したためだ。最も重要なことは、検査での陽性率が落ちていることだ―フロリダのような州でも再開への道が開かれた。

ホワイトハウスの感染病専門家のアンソニー・ファウチも今は楽観的であり、秋まで学校の閉鎖が必要だとするには「あともう少しのところ」だと発表した。

マスクと社会距離戦略はすぐにはなくならないだろうし、屋内のコンサートのようなものに参加するのはまだ先のことだ。だがホテル、エンターテインメント、航空会社―最も打撃の大きかった業界の一部―もすべて戻ってくる。

米国は経済と社会を復活させようとしている。ひと安心だ。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

世界最大の関心事の中心人物の利益相反、なぜメディアは報道しない?

<引用元:デイリー・コーラー 2021.2.13> COVID-19の起源を調査する世界保健機関(WHO)調査団の重要メンバーの1人は、ウイルスが研究所から流出したものではないと判定することに既得権益 …

中国、称賛表明と引き換えに欧州にコロナウイルス対策支援

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.7> 複数の報道によると、中国当局者は欧州の首脳に圧力をかけて、コロナウイルス・パンデミックと戦うための医療用品を出荷してもらうために中国について肯定的な …

ヒュージ:トランプの下で「暮らし向き向上」がクリントン、ブッシュ、オバマを超える

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.12>ワシントン・シークレット論説 またもやギャラップはトランプ大統領にとって肯定的な見出しを付けた。 今日また発表されたトランプにとっての経済面での …

「党派的なご都合主義」:WSJがリベラルの米国・欧州の新型コロナ比較に異議

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.29> ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)編集委員会は、米国の(新型)コロナウイルス対応に対する非難に警告を発し、米国と欧州の比較を「党派的なご都合主 …

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

アーカイブ

@JpWelovetrump