記事翻訳

スーザンライスの今や悪名高いメモは、オバマの証拠隠滅のための見え透いた企てだった

投稿日:2020年5月22日

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.20>社説

2017年1月5日の高官会議に関するスーザン・ライスのメモは、当時国家安全保障担当補佐官だった彼女の上司、バラク・オバマ大統領を擁護するためのものだった――だがそれは見事に裏目に出ている。

ライスは1月20日午後12時15分付のメモ(最近機密解除された)を、文字通り最後の瞬間に自分自身に送信した。つまり、その日の正午にトランプ大統領は就任宣誓を行い、彼女のいた政権は退場したのだった。

ああ、ライスの弁護士は、彼女がその草稿を書いたのは「ホワイトハウス法律顧問局の助言に基づいて」のことだとしていると、FOXニュースは報じている。

要点?表向きは、ロシアのハッキングについての状況説明後の、自身、オバマ、ジョー・バイデン副大統領、FBIのジェームズ・コミー局長、そしてサリー・イェーツ司法長官代行との会議の記録を行うためだ。

オバマは「この問題のあらゆる側面」を「規則通りに」扱うよう強調し、法執行機関が「規則通りに」進めるよう「繰り返し述べた」、とメモでは主張している。コミーは自身が「『規則通りに』進めている」ことを「確認」した。その通り。彼女はその言葉を3回使用したのだ。

これほどまでに「証拠隠滅しろ」と大声で叫んでいるメモがあるだろうか?法律顧問はなぜ、事後2週間の最後の瞬間に、ロシア捜査が全く真正なものだと示すような文書の作成を求めるというのだろうか?

それは間違いなく、人々がその逆だと考えることを恐れたためだ。捜査は真正なものではなかったのだから。

我々は今、事実として、捜査に関することが全て倫理的に適切に扱われていなかったことを知っている。

コミーはライスの後任のマイケル・フリンについて「懸念」を持っており、国家安全保障会議は「潜在的に」、チーム・トランプにロシアについての「機密情報」を伝えないようにすべきだと述べた、とライスは書いた。だがライスは、情報を共有すべきでないかどうか尋ねたのがオバマだったと認めている。

それでも彼らに、新政権チームに何も知らせないでおくための正当な理由は皆無だった。オバマの仲間は、FBIが共謀やフリンが国を裏切っているという証拠を、全く発見していないということをその時までに十分知っていた。なぜなら彼らはフリンと外国高官との電話を盗聴していたからだ。

辞任間近の大統領は誰であっても、正当に選挙で選ばれた後任者に情報を伝えないよう側近に強いるべきではない。彼らの義務は、全ての情報を共有し、最大限にそのスタッフに協力することだ。これはチーム・トランプを妨害するための徹底的な企てだった―そしてその全てが余りにもうまくいった。

だが少なくとも規則通りだった。

-記事翻訳
-,

関連記事

バイデン、コミー、ブレナンがフリンの「アンマスキング」要求を提出

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.13> 13日に公開された文書によると、ジョー・バイデン元副大統領と3つの米主要情報機関の長官が、非常に機密性の高いインテリジェンス報告書に含まれるマイケル …

トランプ、ダーラム特別検察官に大陪審手続きに機密情報の利用を許可

<引用元:デイリー・コーラー 2020.12.22> ドナルド・トランプ大統領は22日、トランプ・ロシア捜査の発端に対する特別検察官の捜査に関連した大陪審手続きで、司法省が機密情報を利用することを許可 …

ジューディシャル・ウォッチ、オバマゲート・ムービーの制作責任者に参加

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2020.10.15>プレスリリース (ワシントンD.C.)ジューディシャル・ウォッチは本日、「オバマゲート・ムービー(The ObamaGate Movie)」 …

バー司法長官がロシア事件でオバマ捜査を拒否したことに「驚いた」、とトランプ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.18> トランプ大統領は18日、ウィリアム・バー司法長官がオバマ元大統領に対する犯罪捜査に水を差したことに「驚いた」と述べ、「私に対するものだったら、そう …

バー司法長官にトランプ陣営監視活動に関する文書の機密解除権限

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.23> トランプ大統領はウィリアム・バー司法長官に、トランプ陣営とロシアのつながりの疑惑に対する連邦捜査の発端に関連する「情報を機密解除するための十分 …

アーカイブ

@JpWelovetrump