記事翻訳

トランプのイスラエル・パレスチナ和平案は数十年で最も現実的(社説)

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.1.28>社説

トランプ大統領はイスラエル・パレスチナ和平のための数十年で最も現実的な提案を行った。一夜のうちに魔法のような効果が出ることはないが、話し合いを正しい方向に転換するものだ。

多くの米国大統領がこれまで相次いで、イスラエルに安全とユダヤ人国家としてのアイデンティティまで犠牲にするよう強いることで、中東の全ての問題を解決しようとしてきた。一方チーム・トランプは、パレスチナの中核的要求に取り組みつつイスラエルを守るアプローチを作り上げた。

特に今回、イスラエルは明確な境界線を持つパレスチナ国家のための案を初めて支持することになった。案ではパレスチナの領土は2倍になり東エルサレムにパレスチナの首都が認められ、「米国はそこに喜んで大使館を置くだろう」と大統領は述べた。

「パレスチナ人もイスラエル人も自分たちの家から追い出されることはない」と大統領は述べた。イスラエルはヨルダン川西岸地区の主要入植地に対する統治権を得るが、新設を4年間停止する。

パレスチナはいくつかの目標を達成した後に非武装化した国を得る。テロと、イスラエル人殺害に対して報酬を出す「ペイ・トゥー・スレイ」プログラムを終わらせ、言論の自由と政治改革の方策を設けるという目標だ。

「我々のビジョンはパレスチナが義援金と海外援助に依存する循環を終わらせるだろう」とトランプは述べ、500億ドルの国際投資を約束し、それによって貧困が半減して、今後10年で100万人のパレスチナ人の雇用を生むことで失業率が10パーセント以下になると予測した。

「両者にとってウィン・ウィンのチャンス、パレスチナ独立がイスラエルの安全に与えるリスクを解決する現実的な2カ国解決策を与える」とトランプは述べ、政権がパレスチナ国家に対する米国の支持を破棄するのではないかと懸念する人々を安心させた。

いうまでもなく、これがうまくいくにはパレスチナ国民とその支配者が現実を認めなければならないだろう。何十年もの無益な西側の外交に促されて、彼らはまだ「解決策」とはイスラエルの排除を意味しているのだと想像している。

トランプ案は永久にゲームが変わったのだと彼らに悟らせるのに有効なスタートだ。それがワシントンの基盤、地域に対する超党派の青写真となるべきだ。

未来の歴史家は、パレスチナ人とイスラエル人が平和に共存して暮らす世界に向けた最初の現実的な1歩として評価することだろう。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ギングリッチ=「アメリカに死を」-トランプのイラン政策が正しい理由

<引用元:FOXニュース 2017.10.15> (ニュート・ギングリッチ氏によるオピニオン) イランの議会が「アメリカに死を」と唱えながら、「弾道ミサイル開発と民兵組織である革命防衛隊の国外活動のた …

トランプ:「シリアに深入りするつもりはない」

<引用元:ニューヨークポスト 2017.4.11> トランプ大統領は、彼の側近がシリアについて異なる見解を述べており、彼の方針が混乱しているという不満が出ている中、きっぱりと疑惑を一掃した。

ホワイトハウス前で、イラン反政府デモを支持するイラン系米国人によるデモ

1月6日、ホワイトハウス前で数百名のイラン系米国人によるデモが行われた。2週間前から続くイランの反政府デモに同調し、米国政府のイラン反政府デモに対する支持を歓迎する人々によるものだ。

「バイデンの下で世界の暴力と不安定が増加」トランプがイスラエルの混乱について声明

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.11> ドナルド・トランプ前大統領は、イスラエルでのハマスを含むパレスチナ人グループとの継続中の対立を受け、イスラエルに対する支持をあらためて表明した。

有権者はバイデンのイスラエル政策に不満、トランプの政策により満足していた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.5.17>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 およそ2対1の差で、有権者はドナルド・トランプ前大統領のイスラエルに対する政策のほうがジョ …

アーカイブ

@JpWelovetrump