記事翻訳

驚愕:アラブの大多数がトランプの中東和平案を支持、サウジでは79%

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.10.16>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説

驚くべきことに専門家の予測を裏切って、トランプ大統領の中東和平計画に影響を受ける国のほとんどのアラブ人は、イスラエルとの国交正常化への道を支持している。

また調査では、アラブ首長国連邦、エジプト、ヨルダンの10人に7人もの人々が、パレスチナ指導者がユダヤ国家との和平に抵抗して行っていることにもかかわらず、正常化が実現しつつあると感じていると答えた。

「そのような調査結果は、5年か10年前であれば非常識なものだっただろう」としているのは、中東専門家のジョエル・ローゼンバーグのオールアラブニュースの調査結果に関する記事だ。

ゾグビー・リサーチ・サービス創設者でアラブ・アメリカン研究所所長のジェームズ・ゾグビーが実施した世論調査によって、中東の中心的存在であり、トランプ、マイク・ポンペオ国務長官、そしてトランプ補佐官のジャレッド・クシュナーの今年の交渉での第1の目標であるサウジアラビアが、合意に乗り気になる見通しが高まった。

ローゼンバーグは、調査結果は「サウジ国民がイスラエルとの和平に向けて着実に乗り気になっているだけでなく、アラブ・イスラエル和平と対イランのアラブ・イスラエル戦略同盟を進めるという、トランプ大統領の大きな批判を浴びた戦略が実際にうまく行っていることが分かる、最も劇的な周知の証拠だ」と本紙に語った。

また彼は、その問題とトランプが正常化に向けて国に合意を結ばせるのに成功したことは、来現の選挙で考慮されるべきことだと述べた。

「トランプが再選されれば、サウジ・イスラエル和平協定に向けた道は開かれ、歴史上最大の成果となるだろう。というのも1つにはリヤドがトランプを信頼しているためだ。バイデンが勝てば道はもっと複雑になる。なぜならバイデンは、サウジに対して非常に敵対的な発言を行っており、ひどいイラン核合意の立案者の1人であるためにリヤドでは非常に不信を買っているためだ」と彼は語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ:「トルコがクルドを攻撃すれば経済的打撃を与える」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.1.13> トランプ大統領は13日、米軍がシリアから完全撤退した場合にトルコの軍隊がクルドを標的にするなら、トルコ経済に打撃を与えると明言した。

トランプ、サウジアラビアを含めさらに「8、9」のアラブ国家のイスラエル和平合意参加を見込む

<引用元:デイリー・コーラー 2020.9.15> ドナルド・トランプ大統領は、近い将来にサウジアラビアを含め「7か8、または9」のアラブ国家がさらにイスラエルとの和平合意に署名すると見込んでいる、と …

エルサレムについてのトランプの決断がイスラエルと中東にとって意味すること(論説)

<引用元:デイリー・シグナル 2017.12.6>(オピニオン) トランプ大統領は12月6日、エルサレムをイスラエルの首都として認めるという選挙公約を守り、米国大使館をテルアビブから最終的にエルサレム …

シリアについてゴルカ補佐官:「これは全面的な軍事展開ではない、ピンポイントのミサイル攻撃に過ぎない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.7> 大統領補佐官であり、ブライトバート・ニュースの国家安全担当編集員を務めたこともあるセバスチャン・ゴルカ博士は、シリウスXMラジオでラヒーム・カッ …

アフガニスタン訪問はトランプが決して孤立主義者でないことを明らかにした

<引用元:デイリー・シグナル 2019.12.2>ジェームズ・カラファノ氏による解説 ドナルド・トランプ大統領の批判者にとっては楽しい感謝祭ではなかった。大統領がアフガニスタンへのサプライズ訪問によっ …

アーカイブ

@JpWelovetrump