一般記事

ホワイトハウス前で、イラン反政府デモを支持するイラン系米国人によるデモ

投稿日:

1月6日、ホワイトハウス前で数百名のイラン系米国人によるデモが行われた。2週間前から続くイランの反政府デモに同調し、米国政府のイラン反政府デモに対する支持を歓迎する人々によるものだ。

イラン最高指導者のハメネイ氏に模した扮装をするデモ参加者

Bipartisan Policy Center(超党派のシンクタンク)のブレイズ・ミシュタル氏(安全保障担当ディレクター)は、FOXニュースのインタビューに答えて、今回のホワイトハウス前のデモは、イランを追放されて欧米で活動している反政府的な政治団体が主導したものだろうと語った。

ミシュタル氏によれば、その団体とは「National Council of Resistance of Iran」であり、デモ参加者も大部分がそこに所属する人々か支持者だろうという話だった。

米国は、先日すでにイランに対する新たな制裁を発表しており、国連安全保障理事会に臨時会議の開催を呼びかけ、イラン国内でのソーシャルメディアの復活を求める声明も発表している。

米国がイランの反政府デモを支持する理由について尋ねられると、ミシュタル氏は、フーシ(イエメンのイスラム武装組織)やヒズボラ、シリアのアサド政権へのイランによる支援を何とかしたいという国益に根差した戦略的な理由と、イランにおける自由と民主主義の推進という価値観に根差した理由の両方があるだろうと答えた。

ホワイトハウス前に集まったイラン系米国人

Organization of Iranian American Communities (イラン・アメリカ・コミュニティ協会:OIAC)は、今回のホワイトハウス側で行われたデモについて次のようにコメントを発表している。

(抄訳)

氷点下を記録した極寒の中にもかかわらず、数百名のイラン系米国人がホワイトハウス前で2度目となる集会を開いた。イランの全国的な反政府デモが始まって2週目となる中で、その運動との団結を示すためだ。

デモ参加者は、イランの反政府デモ参加者のスローガンを繰り返し唱和し、米政権と議員が公に反政府デモの支持を表明したことに感謝の意を表した。また参加者は、国連安全保障理事会での米国の指導力とイランでの蜂起に対する理事会での役割を歓迎した。さらにイラン当局がインターネットを遮断したことを非難し、イラン国民が再びインターネットに容易にアクセスできるよう米国政府に協力を求めた。

元下院議長のニュート・ギングリッチ氏は、参加者の前で演説し、米政権が米国の能力を用いてイラン人がインターネットにアクセスできるように促してあげ、それによってイラン国民が外の世界と連絡できるようにすべきだと訴えた。

下院外交問題委員会のメンバーである、トーマス・ギャレット議員(共和、バージニア)も集会で演説し、企業や政府が宗教指導者による政権と取引を行うことに警告を発した。「イラン政権とまだ取引を行っているということは、事実上、イスラム革命防衛隊(IRGC)に協力しているということだ」とギャレット氏は警告した。また、企業や政府は米国とIRGCのどちらと取引を行うのか選択しなければならない、と付け加えた。

-一般記事
-,

関連記事

「トランプ大統領に感謝」=イランの反政府デモ参加者が人権保護の姿勢に対して

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.1.16> イランの反政府デモ参加者は、ドナルド・トランプ大統領が自分たちの大義に対して支持を表明したことに対して、先週末発表したメッセージで感謝の意を表 …

トランプはがさつだが、サウジについては正しい(オピニオン)

<引用元:ニューヨーク・タイムズ 2018.11.21>マイケル・ドラン氏、トニー・バドラン氏による論説 中東で重要な戦略的課題について、大統領は明敏である。 最近では共和党と民主党が同意することは余 …

有権者はバイデンのイスラエル政策に不満、トランプの政策により満足していた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.5.17>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 およそ2対1の差で、有権者はドナルド・トランプ前大統領のイスラエルに対する政策のほうがジョ …

トランプ、サウジアラビアを含めさらに「8、9」のアラブ国家のイスラエル和平合意参加を見込む

<引用元:デイリー・コーラー 2020.9.15> ドナルド・トランプ大統領は、近い将来にサウジアラビアを含め「7か8、または9」のアラブ国家がさらにイスラエルとの和平合意に署名すると見込んでいる、と …

イラン、中国の宗教迫害を直ちに終結せよ(ポンペオ国務長官)

<引用元:ホワイトハウス 2018.7.24> マイク・ポンペオ国務長官 著 先月、イラン政権が信仰を理由に起訴していた、イラン・ゴナーバード・スーフィー修道僧共同体のメンバーであるモハマド・サラスは …

アーカイブ

@JpWelovetrump