記事翻訳

米国、国連予算を2億8千5百万ドル削減へ

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2017.12.25

21日に事実上米国を非難する国連決議が圧倒的多数で採択されたが、その3日後の24日、米国は今後2年間の国連予算の大幅削減を発表した。

ザ・ヒルから抜粋:

声明によると2018―2019年の国連予算は、それまでの2年から2億8,500万ドル削減される。

トランプ政権の目標の一つは、国連に対する米国の負担額を削減することだった。ポリティファクトによると、米国は現在年間予算の約22パーセント、つまり年間約33億ドルを提供している。

国連総会は2016年と2017年に54億ドルの運営予算を前回承認した。通常予算は無秩序に広がる平和維持活動のための国連の予算とは別であり、その合計は2017年だけで78億ドルであった。

国連大使のニッキー・ヘイリー氏は、24日発表の予算削減は米国にとって「正しい方向への大きな前進」であり、「利益を守りながら国連の効率性を高める道」を追求し続けると述べた。

保守派は、国連が米国の利益に適っていないとしてこれまで長い間批判してきており、エルサレムをイスラエルの首都として認定したトランプ大統領の決定に反対する決議案が、先週圧倒的多数で可決された後、懸念を強める声が高まっていた

トランプ氏は今月初めに、米国は国連決議に投票する国に対する援助を打ち切る可能性を示唆しており、ヘイリー氏は米国は「国名を記録する」と述べていた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

イスラエル・UAE和平合意はトランプの中東政策が有効な証拠

<引用元:デイリー・シグナル 2020.8.14>ジェームズ・カラファノ氏による論説 13日のイスラエルとアラブ首長国連邦(UEA)の間の「歴史的な和平合意」―米国が四半世紀かけて仲介してきたイスラエ …

米・ポーランドが防衛協定、ビザも緩和へ

<引用元:ワシントン・タイムズ 2019.9.23> トランプ大統領とポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は、23日に防衛協定に署名した。これにより米国の軍隊をポーランド側の費用で同国に移すことになる …

マイケル・サベージ:アメリカにとってシリアは勝ち目のない事態

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.9> マイケル・サベージは、木曜日と金曜日に放送されたマイケル・サベージ・ショーの中のモノローグ・コーナーで、シリアでの干渉とロシアに対する侵略に対し …

ギングリッチ=「アメリカに死を」-トランプのイラン政策が正しい理由

<引用元:FOXニュース 2017.10.15> (ニュート・ギングリッチ氏によるオピニオン) イランの議会が「アメリカに死を」と唱えながら、「弾道ミサイル開発と民兵組織である革命防衛隊の国外活動のた …

アーカイブ

@JpWelovetrump