一般記事

拡大するイランの反政府デモ、トランプは3カ月前に警告していた

投稿日:

イラン国内の反政府デモが拡大する中、トランプ大統領はいくつかのツイートを投稿した。その中には9月の国連総会での演説で、イランの状況について語った内容を抽出した動画も含まれている。内容を確認すると、まるで今の状況を予言したかのような内容だということが分かる。

9月19日の国連総会の演説から、該当部分を抜粋してご紹介する(強調部分はトランプ大統領が投稿した部分)。

「イラン政府は腐敗した独裁政権を、民主主義と偽って取り繕っています。歴史と文化に富んだ豊かな国を経済的に劣化したならず者国家に変えてしまい、国の最高指導者は暴力、殺戮、そして混乱を輸出しています。事実、最も長いあいだイランの指導者の犠牲者となっているのはその国民です。

イラン人の生活向上のために資源を使うのでなく、その石油による利益は、罪のないイスラム教徒を殺し、アラブやイスラエルなどの近隣の平和な国を攻撃するヒズボラや他のテロリストを支援するために向けられています。またこの富は本来イランの国民のものでありますが、バッシャール・アル・アサドの独裁政権を支え、イエメンの内戦を煽り、中東全土の平和を損なうことにも向けられているのです」

「全世界は理解しているのです。イランの善良な国民が変化を求めていることを。また米国の膨大な軍事力以外では、イラン国民こそがイランの指導者が最も恐れる存在だということを。これこそがイラン政権がインターネットアクセスを制限し、衛星アンテナを破壊し、抗議活動を行う非武装の学生を銃撃し、政治改革者を投獄する要因となっています。

圧政的な政権は永遠に存続できません。イランの人々が選択を迫られる日が来るでしょう。貧困、殺戮、そしてテロの道を歩み続けるのでしょうか?それともイランの人々は文明、文化、富の中心としての誇るべき国の根本に帰り、国民がもう一度幸福と繁栄を手に入れることができるようになるのでしょうか?」

以下はイランのデモについての最初のツイートだが、「政権の腐敗&国の富を国外のテロ支援に散在することにうんざりしたイラン市民の平和的な抗議について多くの報道。イラン政府は、意見を表明する権利を含めた国民の権利を尊重すべき。世界が見守っている!」と述べている。

反政府デモがイラン全土へと拡大する中、現時点で2名のデモ参加者が政府によって射殺されている。また、インターネットアクセスも閉鎖された。

SNSでは自らのヒジャブを外して掲げ抗議する女性の姿が話題になっている。

 

-一般記事
-, ,

関連記事

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

米国、国連予算を2億8千5百万ドル削減へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.12.25> 21日に事実上米国を非難する国連決議が圧倒的多数で採択されたが、その3日後の24日、米国は今後2年間の国連予算の大幅削減を発表した。

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

トランプ、1時間半かけて海軍兵学校の卒業生と握手を交わす

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.5.25> ドナルド・トランプ大統領は25日、メリーランド州アナポリスで行われた米国海軍兵学校の卒業式で演説を行い、何百名もの卒業生と握手すると明言した。

トランプの イラン制裁 でエスタブリッシュメントの間違いが再び明らかに

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.9.20>ジョナサン・S・トービン氏寄稿 トランプ政権はイランに対する新制裁から3カ月で、石油価格を著しく上昇させることなくイランの石油輸出に打撃を与えること …

@JpWelovetrump