記事翻訳

中国はトランプの再選を阻み、軍事的優位に立とうとしている=ガーツ氏

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.9.6

ワシントン・フリービーコン編集主任のビル・ガーツは6日、中国は「別の大統領」を望んでいるため2020年大統領選挙を目前に米国の足を引っ張ろうとしていると述べた。

「彼らはすでに農業州で活動している。トランプを弱体化させるためにウィスキー産業に働きかけている。彼らは別の大統領を望んでいる」とガーツは6日、FOXニュース・チャンネルのタッカー・カールソン・トゥナイトで話した。

ガーツは自身の新著「Deceiving the Sky: Inside Communist China’s Drive for Global Supremacy」について話し、中国は米国の選挙だけでなく、全世界での米国のリーダーシップに対して深刻な脅威となっていると説明した。彼は、中国がさらに軍事・経済力を蓄積しているのに、気候変動が最大の「存続を脅かす危機」だとしている民主党大統領候補者は間違っていると主張した。

「アメリカの意志、政策の中心点、またその脅威を軽減しようという取り組みを奪おうとしている。我々は現実に困難な状態にある。中国は前進中だ」とガーツは話した。

ガーツは、中国の習近平国家主席が実際、重要な戦略地域で米国の前に中国を割り込ませていると述べた。

「習は鄧小平の昔の政策を転換した。それは『チャンスを待って能力を高める』というものだった。彼らは今我々の前にいる。彼には中国の夢というものがあるが、実際は中国共産党の悪夢だ。この一帯一路を行っているが、世界中での軍事・経済拡張を偽装したものだ」とガーツは話した。

中国を開放させ、「無害な自由市場、開かれた制度」に変えるよう「関与」するという米国の政策はギャンブルだったが、「完全に失敗した」とガーツは主張した。彼は、ビル・クリントン政権の時代に中国が米国との軍事協力を増やし、核機密を盗んだことを指摘した。

「彼らは結局米国の配置する全ての弾頭に関する核機密を盗んだ。その技術はその後パキスタン、イラン、北朝鮮、またその他の場所に広がった。我々は彼らのミサイルに協力し、そのミサイルが今我々の都市に狙いを定めている。彼らは数々の長距離、短距離、中距離ミサイルを持っている。これは問題だ」と彼は話した。

ガーツの報道によると、中国当局はトランプの再選のチャンスを潰すために、高度な4方面からの影響力戦略を指示している。さらにトランプ政権高官は、中国が米国政府のネットワークにサイバー攻撃を継続していることを公に認めている。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ政権、中国の防護用具ため込み疑惑に法的措置を検討

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.5> 米国の医療用防護具のトップ製造業者は、コロナウイルスのパンデミックが高まる中で中国が自社製品の同国からの輸出を禁止していたとホワイトハウスに伝えた― …

トランプが2020年にやり遂げた成果トップ10

<引用元:リアルクリアポリティックス 2020.12.31>スティーブ・コルテス氏による論説 今年(2020年)は、中国共産党の犯罪行為が世界中に押しつけた苦痛に圧倒された年だった。こうした厳しい課題 …

バージニアの男性が中国に機密文書を提供したとして告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.22> (バージニア州アレキサンドリア) 木曜日、機内持ち込み手荷物に16,500ドルの現金を持っていたバージニア州の男性が、中国のスパイと思われる人物に極秘文 …

ナバロ:「中国が嘘をつき、米国人が死んだ」というデモのプラカードが見たいものだ

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.6.7> ホワイトハウス通商担当補佐官のピーター・ナバロは、FOXニュースの「サンデーモーニングフューチャー」の中で(新型コロナウイルスで)「中国が嘘をつ …

ニューヨーク証券取引所がトランプの標的となった中国通信企業を排除

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.4> ニューヨーク証券取引所は、中国軍につながりのある企業に対するドナルド・トランプ大統領による取り締まりを受け、中国通信大手企業3社を上場廃止にし …

アーカイブ

@JpWelovetrump