記事翻訳

中国はトランプの再選を阻み、軍事的優位に立とうとしている=ガーツ氏

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.9.6

ワシントン・フリービーコン編集主任のビル・ガーツは6日、中国は「別の大統領」を望んでいるため2020年大統領選挙を目前に米国の足を引っ張ろうとしていると述べた。

「彼らはすでに農業州で活動している。トランプを弱体化させるためにウィスキー産業に働きかけている。彼らは別の大統領を望んでいる」とガーツは6日、FOXニュース・チャンネルのタッカー・カールソン・トゥナイトで話した。

ガーツは自身の新著「Deceiving the Sky: Inside Communist China’s Drive for Global Supremacy」について話し、中国は米国の選挙だけでなく、全世界での米国のリーダーシップに対して深刻な脅威となっていると説明した。彼は、中国がさらに軍事・経済力を蓄積しているのに、気候変動が最大の「存続を脅かす危機」だとしている民主党大統領候補者は間違っていると主張した。

「アメリカの意志、政策の中心点、またその脅威を軽減しようという取り組みを奪おうとしている。我々は現実に困難な状態にある。中国は前進中だ」とガーツは話した。

ガーツは、中国の習近平国家主席が実際、重要な戦略地域で米国の前に中国を割り込ませていると述べた。

「習は鄧小平の昔の政策を転換した。それは『チャンスを待って能力を高める』というものだった。彼らは今我々の前にいる。彼には中国の夢というものがあるが、実際は中国共産党の悪夢だ。この一帯一路を行っているが、世界中での軍事・経済拡張を偽装したものだ」とガーツは話した。

中国を開放させ、「無害な自由市場、開かれた制度」に変えるよう「関与」するという米国の政策はギャンブルだったが、「完全に失敗した」とガーツは主張した。彼は、ビル・クリントン政権の時代に中国が米国との軍事協力を増やし、核機密を盗んだことを指摘した。

「彼らは結局米国の配置する全ての弾頭に関する核機密を盗んだ。その技術はその後パキスタン、イラン、北朝鮮、またその他の場所に広がった。我々は彼らのミサイルに協力し、そのミサイルが今我々の都市に狙いを定めている。彼らは数々の長距離、短距離、中距離ミサイルを持っている。これは問題だ」と彼は話した。

ガーツの報道によると、中国当局はトランプの再選のチャンスを潰すために、高度な4方面からの影響力戦略を指示している。さらにトランプ政権高官は、中国が米国政府のネットワークにサイバー攻撃を継続していることを公に認めている。

-記事翻訳
-,

関連記事

弾劾調査発表後、トランプ支持スーパーPACが1日に約100万ドルの資金を集める

<引用元:FOXビジネス 2019.10.31> ナンシー・ペロシ下院議長が弾劾調査を発表してから、トランプ大統領支持の献金額が急上昇しているとある支持者はいう。 トランプ政権の元中小企業庁長官でアメ …

米国防総省高官=中国は「米国での生き方」に対する脅威

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.20> 国防総省高官によると、西側の戦略家は、世界的な力として中国が浮上したことで引き起こされた脅威をまだ過小評価しているという。 「米国での生き方 …

米上院が2016年大統領選挙でのロレッタ・リンチの行動に対する捜査を発表

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.6.23> 上院司法委員会は、ロレッタ・リンチ前司法長官が2016年の民主党大統領候補のヒラリー・クリントンに対するFBIの捜査を方向付けようとした点について …

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30> (抄訳) 報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながり …

NBAの中国擁護が米国団体にとって今に始まったことではない理由

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.19>スティーブン・W・モッシャー氏(人口研究所(Population Research Institute)所長で、「Bully of Asia: W …

アーカイブ

@JpWelovetrump