記事翻訳

NYSEが中国共産党からの脅し後、中国企業上場廃止を撤回

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.5

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、中国人民解放軍とつながりを持つ中国テクノロジー企業3社の上場廃止の決断を1月4日夜に覆した。

NYSEは12月31日に、ドナルド・トランプ大統領の大統領令に従いチャイナ・テレコム、チャイナ・モバイル、チャイナ・ユニコムを排除すると発表していた。大統領令は、中国人民解放軍とつながりを持つ中国企業に対する投資を全て禁止するものだった。NYSEは現在、規制当局との話し合い後「上場廃止の動きを進めるつもりはない」としている

「現時点では、その株式発行者はNYSEで今後も上場され取引されます。NYSE規制局は、こうした発行者と彼らの継続的上場スタータスに対する大統領令第13959号の適用の可能性を、今後も評価していきます」とNYSEは声明で述べた。

3社の株はNYSEの大みそかの発表後下落し、その結果中国政府は1月2日に上場廃止に反対して「必要な報復措置」を取ると脅していた。3社の株は5日に取引が開始されると上昇した。チャイナ・モバイルは10パーセント上昇し、チャイナ・ユニコムは13パーセント以上上昇した。チャイナ・テレコムの株もNYSEの方針転換を受けて7パーセント上昇した。

NYSEの態度の転換が、トランプの大統領令に抵触することになるかどうかは不明だ。大統領令では、1月11日以降に米国人が中国の軍とつながりを持つ企業の株取引を行うことを禁止していた。禁止の影響を受けるのは中国企業30社以上に上るが、全てが株式公開されているわけではない。大統領令は、米国で取引を行う中国企業に対するより大きな圧力の中で重要な政策だった。12月に議会は、中国企業が米国の会計基準に従うことを義務付け、違反すれば上場廃止するという超党派の法案を成立させた―中国はその措置に反対していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国が「第1段階」合意を破れば米国は一方的報復の可能性:ホワイトハウス

<引用元:FOXビジネス 2019.12.15> 中国が「第一段階」の貿易協定に違反すれば米国は一方的報復を行う可能性がある、とホワイトハウスのピーター・ナバロ通商製造政策局長は15日、FOXニュース …

トランプが2020年にやり遂げた成果トップ10

<引用元:リアルクリアポリティックス 2020.12.31>スティーブ・コルテス氏による論説 今年(2020年)は、中国共産党の犯罪行為が世界中に押しつけた苦痛に圧倒された年だった。こうした厳しい課題 …

10年来の米国に対する攻撃に使用されたマルウェアの背後に中国

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.8.4> 過去10年にわたって米国に対するサイバー攻撃で頻繁に使用されたマルウェアは、国土安全保障省(DHS)の新たな報告によると、中国政府とつながりがあ …

中国、称賛表明と引き換えに欧州にコロナウイルス対策支援

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.7> 複数の報道によると、中国当局者は欧州の首脳に圧力をかけて、コロナウイルス・パンデミックと戦うための医療用品を出荷してもらうために中国について肯定的な …

中国は盗んだ米国技術を軍用化している、と米国務省

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.6.3> 国務省によると、中国政府は近年米国の機関から盗んだ米国の機密の技術と研究を軍用化している。 国務省高官は会見で記者団にこう語った。「中華人民共 …

アーカイブ

@JpWelovetrump