記事翻訳

マイク・ペンス:中国には断固とした態度を継続するつもり

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.9.19

トランプ政権は貿易協議で中国に断固とした態度を継続する、とマイク・ペンス副大統領は19日に述べた。

ペンスはCNBC・インスティテューショナル・インベスター・デリバリング・アルファ会議での講演で、中国が貿易障壁、強制的な技術移転、「国策」企業に対する侵略的な補助金を撤廃することを含めて、経済システムを大きく改革するよう米国は今後も主張し続けると述べた。

「私はホワイトハウスにいたが、そこで大統領は中国高官が同席する中、構造問題が中心にあるということを非常に明確にしていた」とペンスはCNBCのジョー・カーネンとの壇上でのインタビューで話した。

ペンスのメッセージは、トランプ政権が、米国企業の一部を混乱させ、中国経済を減速させている通商面での緊張を除外するために、比較的小さな協定を結ぼうという気になっている恐れがあるとした考えを打ち消した。

「経済で降伏する時代は終わった。我々は断固とした態度を継続するつもりだ」とペンスは話した。

米中の中堅当局者間の協議は来週ワシントンDCで行われるとされている。ムニューシン財務長官とライトハイザー米国通商代表を含む高官レベルの会談はその後の10月に行われると見られている。

ペンスは会談が大幅な進展を遂げるかは不明確のままだと述べた。

「我々は中国が取引したいと考えていると感じてはいるが、彼らが本当に望んでいるのかはまだ分からない」とペンスは話した。

米国の政策立案者は過去に、中国を世界貿易機関への加入させれば侵略的な貿易慣行を捨て、自国民に自由を取り入れると想定して間違いを犯したとペンスは述べた。

「実際は、中国は国際的な交易ルールを受け入れようとしてこなかった。また実際、多くの点で個人の自由とは反対の方向に向かってきた」とペンスは語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国とのにらみ合い激化の中、トランプ政権高官が台湾訪問へ

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.8.5> トランプ政権高官によると、中国とのにらみ合いが激化する中で政権高官が台湾への派遣団を率いることになっており、1979年以来で米国閣僚による最高 …

ジョン・ラトクリフ元国家情報長官、バイデンは中国に甘いと非難

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.23> ジョン・ラトクリフ元国家情報長官は23日、バイデン政権の中国対応を批判した。 ラトクリフは「Sunday Morning Futures」でマリア・ …

バークス氏疑念を一掃:各国政府のコロナウイルス対応遅れは中国の隠蔽が「原因」

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.31> ホワイトハウス・コロナウィルス対策タスクフォースメンバーのデボラ・バークス博士は、世界中の政府のコロナウイルス対応の遅れは、ウイルスについての中国の …

トランプ政権・半導体メーカーが米国内の新工場について協議

<引用元:FOXビジネス 2020.5.10> トランプ政権と半導体企業は、重要技術の供給元としてアジアに依存することに懸念が増す中、新半導体工場の開発を米国で復活させることを目指している。 米国で最 …

共和党議員が「ムーラン」撮影に対する調査を要求

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.9.14> 合計19人の連邦議員―うち共和党14人―が11日、ディズニーによる中国の新疆ウイグル自治区での「ムーラン」の撮影に対する調査を求める公開書簡 …

アーカイブ

@JpWelovetrump