記事翻訳

イラン、核合意上の禁止技術で兵器級ウラン製造も辞さない構え

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.9.7

イランは、2015年の核合意で禁止された高機能遠心分離機を稼働させており、ウラン濃縮を速めて合意で定められた制限を優に超えようとしている。

AP通信社によると、イランの原子力庁のベフルーズ・カマルバンディ報道官は、7日の記者会見で同国の最新の能力を明らかにした。カマルバンディは20基のIR-6遠心分離機と20基のIR-4遠心分離機の前に立ち、記者団に説明した。

「現在の環境で、イラン・イスラム共和国はウランの濃縮レベルも濃縮ウラン備蓄も増やすことが可能であり、濃縮レベルは20パーセントに制限されない。我々は国内で濃縮率をそれを遥かに超えるまで高めることができる」とカマルバンディは語った。

核合意の下でイランは、ウラン濃縮をするにはIR-1遠心分離機の使用のみに制限されていた。高機能版の遠心分離機を使用すればさらに速い割合でウランを濃縮できる。イラン高官によると、IR-6では10倍、IR-4では5倍速くなる。

専門家は、イランが核爆弾を製造するのに十分な兵器級ウランを獲得できるようになるのに1年かかるとしていたが、新しい遠心分離機はその期間を短縮する恐れがある。

カマルバンディは、イランは「爆弾を追及していない」が「欧州人が何らかの決断をしたいのであればすぐに決断すべきだ」と警告した。欧州のいくつかの国は、トランプ大統領が2015年の核合意から2018年に離脱してから、イランと別の合意を結ぼうと試みている。

米国のマーク・エスパー国防長官は、記者会見で記者団にイランの発表は予測通りだと述べ、「イランはこれまでずっと追及しようとしていたものを追及しようとしている」と話した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプの イラン制裁 でエスタブリッシュメントの間違いが再び明らかに

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.9.20>ジョナサン・S・トービン氏寄稿 トランプ政権はイランに対する新制裁から3カ月で、石油価格を著しく上昇させることなくイランの石油輸出に打撃を与えること …

バグダッド大使館デモ主導者は2011年にオバマホワイトハウスに招待されていた

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.2> バラク・オバマ元大統領は、イラク、バグダッドの米国大使館への襲撃を画策した人物の1人を2011年にホワイトハウスに招いていた。 ハディ・アル・アミリ運 …

中国は西側で「膨大な量」のデータを窃盗、と米高官

<引用元:FOXビジネス 2020.1.22> イランは「約200の大学」をハッキング (パリ)――中国は西側の企業から「膨大な量」のデータを盗んでおり、イランは約200の大学からデータを盗んだと米国 …

大使館襲撃でトランプがイランに「大きな代償を支払うだろう!」と脅迫

<引用元:FOXニュース 2019.12.31> トランプ大統領は12月31日にバグダッドの米国大使館への侵入があった後、イランに「とても大きな代償を支払うことになる!」と警告した。 「イランは我々の …

米国の対イラン新制裁は敵対行為に代償を負わせる=専門家

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2018.8.8> 地域専門家によると、今週イランに対して復活した米国の制裁第1弾は、イラン政権が不安定化活動を制限するまで経済的な圧力をかけるというトランプ政権 …

アーカイブ

@JpWelovetrump