記事翻訳

イラン、核合意上の禁止技術で兵器級ウラン製造も辞さない構え

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.9.7

イランは、2015年の核合意で禁止された高機能遠心分離機を稼働させており、ウラン濃縮を速めて合意で定められた制限を優に超えようとしている。

AP通信社によると、イランの原子力庁のベフルーズ・カマルバンディ報道官は、7日の記者会見で同国の最新の能力を明らかにした。カマルバンディは20基のIR-6遠心分離機と20基のIR-4遠心分離機の前に立ち、記者団に説明した。

「現在の環境で、イラン・イスラム共和国はウランの濃縮レベルも濃縮ウラン備蓄も増やすことが可能であり、濃縮レベルは20パーセントに制限されない。我々は国内で濃縮率をそれを遥かに超えるまで高めることができる」とカマルバンディは語った。

核合意の下でイランは、ウラン濃縮をするにはIR-1遠心分離機の使用のみに制限されていた。高機能版の遠心分離機を使用すればさらに速い割合でウランを濃縮できる。イラン高官によると、IR-6では10倍、IR-4では5倍速くなる。

専門家は、イランが核爆弾を製造するのに十分な兵器級ウランを獲得できるようになるのに1年かかるとしていたが、新しい遠心分離機はその期間を短縮する恐れがある。

カマルバンディは、イランは「爆弾を追及していない」が「欧州人が何らかの決断をしたいのであればすぐに決断すべきだ」と警告した。欧州のいくつかの国は、トランプ大統領が2015年の核合意から2018年に離脱してから、イランと別の合意を結ぼうと試みている。

米国のマーク・エスパー国防長官は、記者会見で記者団にイランの発表は予測通りだと述べ、「イランはこれまでずっと追及しようとしていたものを追及しようとしている」と話した。

-記事翻訳
-

関連記事

拡大するイランの反政府デモ、トランプは3カ月前に警告していた

イラン国内の反政府デモが拡大する中、トランプ大統領はいくつかのツイートを投稿した。その中には9月の国連総会での演説で、イランの状況について語った内容を抽出した動画も含まれている。内容を確認すると、まる …

普通のイラン人はソレイマニが実際テロリストだったと知っている

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.7>ラマン・ガバミ(Raman Ghavami)氏による寄稿 米国がカセム・ソレイマニ将軍の殺害に成功したことはイラン・イスラム共和国にとって壊滅的な …

ソレイマニ攻撃を命令したのは米国人の生命を守るため、とトランプ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.1.3> トランプ大統領は3日、イランのカセム・ソレイマニ司令官の殺害は米国人の生命を守るために必要だったと述べた――また米国が行動を起こしたのは戦争を防ぐた …

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

イランによる差し迫った脅威で「4つの大使館」が標的だったとトランプがFOXのイングラム独占インタビューで明かす

<引用元:FOXニュース 2020.1.10> トランプ大統領は10日の独占インタビューでFOXニュースのローラ・イングラムに、米国がイランのカセム・ソレイマニ将軍を殺害する引き金となったイランによる …

アーカイブ

@JpWelovetrump