記事翻訳

FISA令状申請を国民に公開すべき=リンゼー・グラム議員

投稿日:

<引用元:サラ・カーター 2019.9.2

リンゼー・グラム上院司法委員会委員長(共和党・サウスカロライナ)は、ウィリアム・バー司法長官に書簡を書き、マイケル・ホロウィッツ司法省監察官の経過が国民に分かるようにするよう求めたことを、FOXニュースの「America’s Newsroom」のインタビューで公表した。

「私は国民に経過をリアルタイムで見て欲しい。FISA令状申請書ができるだけ国民に公開されることを望んでいる。コミーに関するホロウィッツの報告書から何が分かっただろうか?彼は基本的にある結果を得るために、制度をごまかし、政府所有のメモに関して定められた規則と手続きを無視したことで非難されていた。コミーは特別検察官の任命を望んでいたのだ。結果を得るために制度をごまかした」とグラムは語った。

「私にとっての疑問は、彼らはカーター・ページに対する令状を得るために令状制度をごまかしたのか?ということだ。パパドポロスに対する防諜捜査をごまかしたのだろうか?クリントンが勝ってトランプが負けることを望んでいたために、クリントンの捜査結果をごまかしたのだろうか?私はごまかしと偏向のパターンを期待している。またそのパターンが犯罪のレベルにまで膨らむかのか、ということだ。やがて令状制度について監察官が結果をだすだろう」とグラムは結論付けた。

「私が期待しているのは結果に対して責めを負うことを含めた責任だ。米国市民に対する令状を得るためにFISA裁判所に嘘を言った人は、どんな代価を支払うべきか?問題になっている政党にかかわらず、誰に対して令状を取得する場合でも、自分たちを監視する人たちには責任を取らせる必要がある。彼らはFISA裁判所をごまかしたのか?パパドポロスに対して防諜ルールをごまかしたのか?政治的偏のためにクリントンを見逃したのか?時がたてば分かるだろう」

-記事翻訳
-,

関連記事

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

司法省・FBIについて「極めて都合の悪い」情報がまもなく暴露とショーン・ハニティ消息筋

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.4.1> フォックスニュース司会者のショーン・ハニティは1日、司法省とFBIの不正疑惑に関してまもなく公開される可能性のある情報が、「極めて都合の悪い」も …

ホロウィッツ報告書はコミーのFBIに対する「無実の証明」の正反対だ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.11>社説 「我々が発見した行為はこれに関わった者の無実を証明するものではない」と、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は11日に証言した――FBIのジ …

スティール文書にロシアの偽情報ある証拠をFBIが受け取っていたという報告、報道機関は無視

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.12> 多数の報道機関は4月10日の衝撃的な報告を無視したようだ。それは、ロシア工作員が2017年に英国の元スパイ、クリストファー・スティールに偽情報を押し …

グラム議員=新たな資料でトランプ陣営に対するFISA令状は「詐欺」と判明

<引用元:FOXニュース 2019.8.8> 「腐敗」「詐欺」。2016年の大統領選挙間際に起きた司法省内の不正な反トランプ活動を示す証拠が浮上。 司法省高官のブルース・オーが、元英国スパイのクリスト …

アーカイブ

@JpWelovetrump