記事翻訳

オーランドの青年がホワイトハウスのイベントで職業訓練制度を称賛

投稿日:

<引用元:オーランド・センチネル 2019.7.25

ジョニー・ブラミットは、オーランドの十代の若者で、祖母に育てられ、少年司法の世話になったこともあったが、25日の午後にホワイトハウスでマイクを取り、ドナルド・トランプ大統領と部屋に集まった政権高官に、非営利の職業訓練プログラムによって自分の人生が大きく変わったことについて語った。

「私は子供の頃、人生で必ずしも正しい選択をしませんでした」と19歳の青年は語り始めた。「けれども、自分には敬虔な祖母がいることはわかっていましたし・・・自分にとって、また家族にとってもっと良いことをしたいと思っていました。・・・自分がやりたいことはわかっていましたが、自分がどれだけ前進できるのか、またそれがそもそも自分に合った(手の届く)ものか、わかりませんでした」

昨年の冬、ジョーンズ高等学校の2018年度卒業生だったブラミットは、中央フロリダのセカンドハーベスト・フードバンクで、16週間の調理訓練プログラムに参加したことで、ダウンタウン・オーランドのアロフト・ホテルで調理補助の仕事に就くことになった。

ブラミットのコメントは、「プレッジ・トゥ・アメリカズ・ワーカーズ(米国労働者に対する誓約)」というトランプ政権のイニシアティブの1周年記念式典の中でのものだった。高校卒業者から、自動化のために仕事が時代遅れになってしまった高齢者に至るまで、あらゆる年齢の労働者に教育と訓練を提供するよう企業に奨励するためのプログラムだ。

これまでに「誓約」に署名した300以上の団体の1つである、米国ホテル・宿泊業教育財団(The American Hotel & Lodging Educational Foundation)は、2万5千ドルの助成金でセカンドハーベストのプログラムを支援していた。財団はブラミットを式典に招待し、彼はその場で話をした3名の労働者の1人となった。

その後彼は、「今でも信じられません」と述べた。「全てのことが、今は少し圧倒的に感じます。でも私は、どこから来た人であろうと、突き進んでいかなければならないのだということを人々に知って欲しいと思いました」

ブラミットは、24日に71歳になった祖母のマリアン・エリスに付き添われてホワイトハウスに来ていた。また彼は、25日の朝、イニシアティブを主導したイバンカ・トランプと会った。

ブラミットは「彼女は素晴らしい方でした。とても親切な人です」と述べた。

最後にブラミットは、パーソナルシェフになって自分でケータリング事業を運営したいと思っていると述べた。

「私は、祖母が教えてくれたように、心のこもった料理を作るのが大好きです」と彼は話した。

-記事翻訳
-,

関連記事

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11> 最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。 ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良 …

米国労働者に対するトランプの「誓約」についての真実とは

<引用元:ヤフー・ファイナンス 2019.8.8> 2018年7月にトランプ大統領は米国労働者のための「大統領による全国協議会」を開設し、「米国の労働者に対する誓約」を立ち上げた。プログラムは20以上 …

トランプ・ミラクル(論説)

<引用元:タウンホール 2018.6.5>ウェイン・アリン・ルート氏による論説 ウィニングランの時だ。偉大なモハメド・アリが言ったように、「裏付けできるなら鼻に掛けているということにはならない」。 ド …

研究論文=トランプの貿易戦争の大部分は中国が負担

<引用元:Bloomberg 2018.11.19> ドナルド・トランプ大統領は、自身の貿易戦争の費用の大部分を中国に支払わせることに成功しつつある。 それが、欧州連合の研究者ネットワークであるイーコ …

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

アーカイブ

@JpWelovetrump