記事翻訳

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

投稿日:

<引用元:The Blaze 2018.3.29

労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。

3月24日までの1週間での失業保険申請は、21万5千件にまで低下した。これは23万件という予測よりも低く、前週より12,000件少ない数字だ。1週間で30万件未満の場合、健全な労働市場に適合しているとみなされる。失業保険申請は過去158週連続で30万件を切っている。これは、週30万件未満が連続した記録としては、1970年以来で最長となっている。

(中略)

このニュースは3月9日に発表された前回の雇用報告と同調している。失業率は4.1パーセントで、17年間で最低となっていた。連邦準備制度理事会は、2018年の終わりまでに3.8パーセントになると予測していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳 2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録で …

トランプはいかにしてオバマの「ニュー・ノーマル」から経済を救ったか

<引用元:デイリー・シグナル 2018.9.26>マイケル・バスラー博士による論説。 信じ難いことだがわずか2年足らず前、圧倒的好景気が間近に迫っている兆候もなく、景気は停滞していた。 疑う余地もない …

トランプ、COVID-19閉鎖の中給与保護制度で守られた雇用を紹介

<引用元:デイリー・シグナル 2020.4.28> マイケル・ホイプは、COVID-19のために一時閉店していたビティー&ボウ・コーヒーの職を取り戻したばかりでなく、26日にホワイトハウスでそのことを …

3パーセントの経済成長をトランプに感謝する(論説)

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.30> (ヘリテージ財団 スティーブン・ムーア氏による論説) 大幅な景気後退後のアメリカで、3パーセントの経済成長を達成できるとホワイトハウスが予測したことに対して、 …

トランプ、連邦政府機関に「オポチュニティ・ゾーン」への移転を命令へ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.8.24> (ワシントン)トランプ大統領は24日、米国で最も貧しい地区の一部で投資を促進するため、連邦政府機関がオポチュニティ・ゾーンに事務所を移転させること …

アーカイブ

@JpWelovetrump