記事翻訳

クルーズ議員:中国のための「トップガン」検閲は、「ハリウッドが言論の自由のために立ち向かうことを恐れる」証拠

投稿日:2019年7月30日

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.26

映画製作のパラマウント社が最近、中国共産党のプロパガンダルールに譲歩して名作映画の「トップガン」のリメイク作品で、一部を検閲することに決めたことは、「ハリウッドが言論の自由のために立ち向かうのを恐れる」時代を示す最も明白な兆候だ、とテッド・クルーズ上院議員(共和、テキサス)はワシントン・フリービーコンに語った。

コミコン2019での先週のプレミア試写会の後、映画の中で主演のトム・クルーズが着ている象徴的ジャケットから、日本と台湾の国旗を表した2つのパッチが取り除かれ、オリジナルから見た目が変わっていることにインターネット上のファンがいち早く気づいた。やがて、中国共産党をなだめ、利益は上がるが非常に検閲の多い市場で映画が上映できるようにするために、これらのパッチが変更されたのだと指摘された。

(略)

パラマウントのような映画スタジオが映画の検閲に飛びついたことは、議員をいら立たせており、中には状況を擁護できないものとみなし、映画スタジオが中国の抑圧的な政府にへつらうのをやめさせる改善策の法制化に取り組んでいる議員もいる。

「『トップガン』は米国の最高傑作であり、ハリウッドのエリートが中国共産党に譲歩するのを見てひどくがっがりしている」とクルーズ議員は、フリービーコンに話した。「共産党は中国経済を利用して、残忍な抑圧に対する反対意見を黙らせ、台湾のような米国の同盟国の主権を損なっている。ハリウッドは、言論の自由のために立ち向かうのを恐れ、台湾に対抗する党のキャンペーンを可能にしている」

消息筋は事態について匿名を条件にこう話した。「中国についての懸念は過熱してきてはいるが、今までのところ緩慢だ。議員を揺さぶって目覚めさせるには、何か理解できるものが必要になる。この『トップガン』の議論は、軍事攻撃やそうしたものではないが、非常に厚かましく無礼なことなので注目する人が少し増えるかもしれない。中国がゆっくりと米国人に自己検閲させている現在の状況は、とてもじゃないが維持できることではない」

-記事翻訳
-, , , ,

関連記事

ジェニファー・ローレンス=トランプのせいで「母なる自然の怒り」がハリケーンを起こした

<引用元:mrcNewsBusters 2017.9.7> アメリカの女優ジェニファー・ローレンスは、イギリスの公共テレビ放送であるチャンネル4とのインタビューの中で、最近起きたハリケーンはドナルド・ …

中国への対応堅持を求めるトランプ大統領への公開書簡

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.17> トランプ大統領宛ての1通の公開書簡。それは、中国政府が米国の価値観と戦略的利益に反しているとし、大統領に中国政府に対する対応を堅持することを …

ハリウッド新作映画にトランプ批判のサブリミナル!?

アメコミのヒーロー、ウルヴァリンが登場するハリウッドの新作映画「ローガン/LOGAN」。インフォウォーズの司会者、ジョー・ビッグスはこの映画にトランプ大統領を批判するメッセージが込められているのではな …

NBAの中国擁護が米国団体にとって今に始まったことではない理由

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.19>スティーブン・W・モッシャー氏(人口研究所(Population Research Institute)所長で、「Bully of Asia: W …

ジョニー・デップがトランプ暗殺のジョーク

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.22> ジョニー・デップは木曜日に、イギリスのグラストンベリー・フェスティバル2017に出演し、トランプ大統領の暗殺についてジョークを言った。

アーカイブ

@JpWelovetrump