記事翻訳

100社以上がトランプ減税でボーナス支給、人員削減は90年以来最低に

投稿日:2018年1月5日

昨年のトランプ大統領の減税および税制改革法案の可決に応じて、ボーナス支給、401K拠出金の増額、また慈善活動への支出などを実施・発表する企業は100社を超える見通しだ。また2017年の人員削減発表数は1990年来最低を記録した。

ワシントン・エグザミナーの最初の報道(1月3日付)では、約40社でボーナス支給という話だったが、その後の報道(1月4日付)Americans for Tax Reform(ATR)がまとめているリストは100社以上にまで増える見込みだということが分かった。

ATRのジョン・カーチ氏によると、米国全土の小規模企業の多くは社内での発表に留まっており、そのような企業からもボーナス支給や慈善寄付の情報が寄せられつつあるという話であり、リストはさらに膨れ上がる可能性もある。

掲載されたリストには以下のような企業が挙げられている。(社名右の括弧は当サイトで追加した業種)

  • AT&T(通信) — 20万名の従業員に1,000ドルのボーナス支給。設備投資を10億ドル増額。
  • アフラック(保険) — 報酬の最初の4%に対する401K拠出を50%から100%に増額し、全従業員の401Kにそれぞれ500ドルの積立金を付加。米国全体の投資額が2億5千万ドル増加へ。
  • BB&T(金融) — 2万7千名の従業員に1,200ドルのボーナス。基本給を時給12ドルから15ドルへ増額。慈善のため1億ドルを寄付。
  • コムキャスト(ケーブルテレビ) — 10万名の従業員に1,000ドルのボーナス。今後5年間で最低500億ドルのインフラ投資。
  • Express Employment Professionals(人材サービス) — 200名以上の役員以外の従業員に2,000ドルのボーナス。
  • Gate City Bank(金融) — 538名の非管理職に1,000ドルのボーナスを手渡し。慈善のために50万ドル以上を寄付。50万ドル相当の家の査定を無料に。
  • Navient(金融) — 6,700名の従業員の98%に1,000ドルのボーナス支給。
  • Regions Financial Corporation(金融) — 基本給の時給を15ドルに値上げ。慈善のために4,000万ドルを寄付。1億ドルの設備投資。
  • サウスウエスト航空(航空) — 全従業員5万5千名に1,000ドルのボーナス支給。500万ドルを慈善のために追加で寄付。
  • U.S. Bancorp(金融) — 6万名の従業員に1,000ドルのボーナス支給。基本給の時給を15ドルに。慈善のため1億5千万ドルを寄付。

またCNBCの報道によれば、2017年の人員削減の発表は1990年以来最低を記録し、2016年を20パーセント下回ったことが分かった。

業種によっては人員削減数が増えているものがあるものの、減税法案の可決によって、2018年にはかつてないほどの雇用計画が行われることになったとしている。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

米国労働者に対するトランプの「誓約」についての真実とは

<引用元:ヤフー・ファイナンス 2019.8.8> 2018年7月にトランプ大統領は米国労働者のための「大統領による全国協議会」を開設し、「米国の労働者に対する誓約」を立ち上げた。プログラムは20以上 …

予想を上回る30万4千の雇用増加の中、トランプ政策により好景気が継続

<引用元:ホワイトハウス 2019.2.1> <大統領経済諮問委員会> 労働統計局(BLS)は2018年最初の雇用情勢レポートを公開した。米国経済で新年も引き続き歴史的な雇用拡大が継続していることを示 …

大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.5> 全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトラン …

UBS:「景況感が急騰」、79%が税制法案を歓迎、68%が「すでに受益」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.1.30> 世界的な金融グループであるUBSによると、最近承認されたトランプ政権の税制改革一括法案によって企業の楽観指数が急上昇している。

低賃金層の労働者がついに賃上げで最大の利益を享受

<引用元:CNBC 2019.3.13> 2月に平均時給が3.4パーセント上昇、2009年4月以来最大の増加 ゴールドマンサックスの報告によると、景気回復中で初めて、低所得者がより大きな利益を享受 傾 …

アーカイブ

@JpWelovetrump