記事翻訳

トランプのプラスティックストロー販売について:ガットフェルド独白

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2019.7.23>グレッグ・ガットフェルドのモノローグから

ほとんどの選挙陣営が、誰も欲しがらないような趣味の悪いTシャツを販売する。トランプ陣営が売っているのは何だろうか?考え方だ。リサイクル可能なプラスティックのストローという形で。陣営が「ストローを再び偉大にする」とツイートしてから、最初の14万個が売り切れた。売り上げにして20万ドルだ。

これをばかげているとか下劣だと呼ぶのは構わないが、実に滑稽だ。トランプストローは、リベラルの大きな弱点――大げさなほどユーモアを解さないことと、見当はずれの優先事項――を標的にしており、痛いところを突いている。

プラスチックストロー撲滅運動は、リベラルが我々の街、法執行機関、労働市場、そして国境に与えてきた損害から気を逸らそうとしていることを示すさらなる証拠だ。

彼らがストローからカメを救えば、もしかするとロサンゼルスのダウンタウンや、他の民主党による地獄のような場所の人間に彼らが行ったことに、誰も気づかなくなるかもしれない。

実際の見出しにこういうものがあった。「いつかトランプ印のストローがカメの鼻に入ることになる恐れ」

へぇー!爬虫類がコカインをやったって?

つまりトランプはこの奇妙な撲滅運動を、ついに笑いの力と嘲りの威力を理解する、新しい共和党のための完璧なチャンスと見なしたのだ。

その分野は長らく、専ら気取った笑い方をする左派が所有してきたが、台本はひっくり返ったのだ。今度は左派がうるさい隣人のように悲鳴を上げ、右派が爆笑する番だ。

紙のストローは完璧なシンボルだ。うまく機能していたものを入れ替えて失敗した湿っぽいもの、という。

紙のストローは、資本主義という頑丈なプラスチックに対する社会主義のことだ。

ストローの目的が吸う(suck)ことだというのは本当に笑える。みなさんは左派はそれが上手だと思うのだろう。間違いだ。実際吸う(scuk)ことも苦手(suck at)なのだ。

2019年7月23日の「The Five」でのグレッグ・ガットフェルドのモノローグから脚色したもの

 

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが民主党を討論会前に反社会主義広告で嘲る

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.9.12> (ヒューストン)トランプ大統領は、民主党の2020年大統領選挙ライバルたちの頭上に巨大なバナーを飛ばし、今夜の討論会の空を確保するようだ。 トラン …

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30> (抄訳) 報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながり …

トランプへの女性からの献金が急増、郊外ではトップ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.8>Washington Secrets ポール・ベダード氏による論説 トランプ大統領は郊外では女性に見放されているために非常に不利だという圧倒的な …

元ミス・ミシガンのキャシー・ジューがトランプ再選委員会メンバーに

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.27> 元ミス・ミシガンのキャシー・ジューは「トランプ支持女性連合( Women for Trump Coalition )」の諮問委員会のメンバーになった …

内部告発者は2020年米大統領選民主党候補者と「仕事上」のつながりがあった

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.10>バイロン・ヨーク氏 インテリジェンス・コミュニティ監察官(ICIG)のマイケル・アトキンソンは、8月26日の書簡で、トランプのウクライナ問題に …

アーカイブ

@JpWelovetrump