記事翻訳

嫌悪すべき不必要な税金の用途である胎児組織研究の終わり

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.5>メアリー・ボート氏による寄稿

5日、保健福祉省は、人工妊娠中絶による人間の胎児細胞の医学研究のための利用を終了すると発表した。これもまた、人間の命を守るための終わりのない戦いにおけるトランプ政権の勝利だ。

25年以上の間、議会は国立衛生研究所(NIH)に毎年1億ドル以上に上る資金を、中絶された赤ちゃんの胎児組織を利用する研究者にばらくことを許した。この金額に対してこれといった成果は出ていない。下院調査小委員会が発見したように、胎児組織研究は科学的大発見という約束を全く果たさなかった。フェデラリスト(The Federalist)にショーン・ダフィーとキャスリーン・シュメインダが書いているように、「小委員会の調査は、胎児組織が『命を救うことのできる』研究において、不可欠な役割を果たしているという主張の信ぴょう性をさらに失わせている」。

中絶支持のロビイストは、人工妊娠中絶から得られた胎児組織に代わるものはないという誤った主張をしている。タラ・サンダー・リーが昨年12月に議会で証言したように、「100年以上の研究後、中絶した胎児組織を必要とする治療法は、発見もされず進展もしなかった」。実際に、米国で利用可能な75のワクチンのうち3つだけが旧来の胎児細胞株をまだ利用しており、新たな胎児のサンプルの利用を必要とするものはない。

神経科学の分野では、パーキンソン病患者の欠陥のあるドーパミン作動性ニューロンを置き換えるために胎児組織移植を利用することについて熱狂しているが、サンダー・リーは、iPS細胞(大人の組織に由来する細胞)が代替となる見込みがあると指摘している。昨年秋、日本の研究者はパーキンソン病患者に初めてiPS細胞を移植した。さらにNIHは、胎児組織の代替を促進する研究に対して、2000万ドルの支出を約束した。

仮にトランプ政権が実行可能な代替案を無視して胎児組織研究に税金を注ぎ続けるとしたら、中絶された赤ちゃんの体の一部に対する需要は増えるばかりだろう。

(略)

胎児組織の代替が利用可能になったことと、中絶に税金が使用されることから保護することの脆弱性によって、現在の政権が現在正しく道徳的な要求を行い、我が国の胎

メアリー・ボート (@MaryVought) は、ワシントン・エグザミナーのベルトウェー・コンフィデンシャルBlogの寄稿者。共和党戦略家であり、Senate Conservatives Fundのエグゼクティブ・ディレクター。マイクペンス議長(当時)の下院共和党会議では報道官を務めた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ブレナン 元長官と2016年スパイスキャンダル(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.7.19>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 オバマ政権CIA長官がFBIのト …

オピニオン:トランプのオハイオ訪問の焦点は州への雇用回復にある

<引用元:Cincinati.com 2019.3.20>ケニス・ブラックウェル氏による寄稿 トランプ大統領は、米国の最後に残された戦車工場を閉鎖から救った。つぎに大統領が救いたいと考えているのは自動 …

ペロシ議長=トランプによる後期中絶禁止の要求は「実に全く残念なこと」

<引用元:デイリー・コーラー 2019.2.6> (ワシントン)ナンシー・ペロシ下院議長は6日、ドナルド・トランプ大統領が後期人工妊娠中絶禁止の法制化を求めたことに答えて、「残念なことだ」と述べた。

言語道断:9/11の恐怖をなかったことにしたイルハン・オマル議員

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.4.10>編集委員社説 全く情けないことだ。米国の歴史上最も恐ろしい出来事の1つを国会議員が認識できていないとは。 イルハン・オマル下院議員(民主党、ミネソタ …

ブルース・オー が議会に証言したこと(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.30>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 司法省弁護士のブルース・オーにつ …

アーカイブ

@JpWelovetrump