記事翻訳

トランプ、メキシコとの合意でのサプライズが「適切な時期に発表される」と強調

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.9

ドナルド・トランプ大統領は9日朝、最近発表された米国・メキシコ間の協定にサプライズが追加されることを一部明かした。

大統領はまず、メキシコは7日に発表された行動を取ることを数カ月前にすでに合意していたと主張する記事について、ニューヨーク・タイムズに反論した。

メキシコはトランプが関税のディールを発表する数カ月前に、国境で行動を起こすことに合意していた」と題する記事では、実際には全く前進していないのにトランプが「体面を保つ」手段として、7日のディールを強調した恐れがあると示唆していた。

「落ち目の@nytimesがまた間違った記事を出している。我々は長い間こうした国境での行動の一部を獲得しようとしてきた。一方他の政権では、我々がメキシコと合意を結ぶまで、獲得することができず、あるいは完全に獲得することができなかった」トランプはツイートした。

大統領はさらに、メキシコは歴史的に協力的でなかったが、転機が訪れたとの考えを主張した。

トランプはそれから、合意には少なくとも1つのサプライズがあることをほのめかした。最初のプレスリリースでは発表されなかったが、「適切な時期に」発表されるというものだ。

大統領はNYTとCNNをまた厳しく批判し、メキシコが自国側の責任を果たさない場合、いつでも改めて関税を課すよう脅すか、実際に実行することができると主張した。

トランプ政権は、メキシコから米国への不法移民の流入を阻止するための措置を取らない場合、メキシコ製品に5パーセントから始めて徐々に関税をかけるという脅しを差し止めることで、7日に協定を固めた。

大統領はさらに、良いディールを結んだことが評価されていないことに不満を示し、前政権がそのようなディールを結んでいたら、メディアは称賛し、「国民の休日が直ちに宣言されていただろう」と主張した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

ウッドワード氏が「うぬぼれた」メディアに警告:トランプは任期を全うするだろうし2期もあり得る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.24> 水曜日のAxiosとのインタビューの中で、ウォーターゲート事件で名声を馳せたワシントン・ポストの記者であるボブ・ウッドワードは、マスコミがドナ …

オバマ政権下でも国境での催涙ガス使用は1カ月に1回以上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.11.26> トランプ政権が週末に国境付近の暴徒に対して催涙ガスを使用したことで、激しい非難を浴びているが、同じ催涙ガス物質はかなり頻繁に使用されており、国土 …

ネバー何だと?=The Case for Trump著者の反論

<引用元:ナショナル・レビュー 2019.3.12> The Case for Trump著者でハドソン研究所上級研究員であるビクター・デイビス・ハンソンによる寄稿 ドナルド・J・トランプがいかにして …

トランプが難民を「けだもの」と呼んだという虚偽ツイートを2020大統領候補者、ジャーナリストが拡散

<引用元:FOXニュース 2019.4.9> すでに削除されているあるツイートが週末にかけて急速に広まった。トランプ大統領が米国へ入国しようとする難民申請者を「けだもの」と呼んだという主張のためだ。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump