記事翻訳

トランプ、メキシコとの合意でのサプライズが「適切な時期に発表される」と強調

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.9

ドナルド・トランプ大統領は9日朝、最近発表された米国・メキシコ間の協定にサプライズが追加されることを一部明かした。

大統領はまず、メキシコは7日に発表された行動を取ることを数カ月前にすでに合意していたと主張する記事について、ニューヨーク・タイムズに反論した。

メキシコはトランプが関税のディールを発表する数カ月前に、国境で行動を起こすことに合意していた」と題する記事では、実際には全く前進していないのにトランプが「体面を保つ」手段として、7日のディールを強調した恐れがあると示唆していた。

「落ち目の@nytimesがまた間違った記事を出している。我々は長い間こうした国境での行動の一部を獲得しようとしてきた。一方他の政権では、我々がメキシコと合意を結ぶまで、獲得することができず、あるいは完全に獲得することができなかった」トランプはツイートした。

大統領はさらに、メキシコは歴史的に協力的でなかったが、転機が訪れたとの考えを主張した。

トランプはそれから、合意には少なくとも1つのサプライズがあることをほのめかした。最初のプレスリリースでは発表されなかったが、「適切な時期に」発表されるというものだ。

大統領はNYTとCNNをまた厳しく批判し、メキシコが自国側の責任を果たさない場合、いつでも改めて関税を課すよう脅すか、実際に実行することができると主張した。

トランプ政権は、メキシコから米国への不法移民の流入を阻止するための措置を取らない場合、メキシコ製品に5パーセントから始めて徐々に関税をかけるという脅しを差し止めることで、7日に協定を固めた。

大統領はさらに、良いディールを結んだことが評価されていないことに不満を示し、前政権がそのようなディールを結んでいたら、メディアは称賛し、「国民の休日が直ちに宣言されていただろう」と主張した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

<引用元:タウンホール 2021.5.3> バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。

議事堂警察のブライアン・シックニック巡査は1/6暴動後に自然死したと検視官

<引用元:FOXニュース 2021.4.19> ワシントンの検視局長によると、米国議事堂警察のブライアン・シックニック巡査が1月6日の暴動で暴徒に立ち向かった翌日死亡したのは、2度の脳卒中を起こしたこ …

フェイク・ニュース!トランプよりオバマの参加者が多かったという背景を無視したニューヨーク・タイムズの写真をペイトリオッツが指摘

<引用元:ブライトバート・ニュース  2017.4.20> NFLのフットボールチームのツイッターアカウントによる衝撃的な事実確認の話を聞いたら、そろそろ新聞を消去してしまうことを考えるかもしれない。

陸軍大佐が新著で暴露したトランプに関する8大ウソ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.7.25>メアリー・ケイ・リンゲ氏による論説 「うそは政治につきものだが、中傷が実際の討論に置き換わってしまっているのが現状だ」と保守派コラムニストのカート・ …

ニューヨークタイムズ:ロックビルのレイプ事件はCNN、MSNBCで「事実上発覚」していた

<引用元:ブライトバート  2017.3.26> ニューヨークタイムズは記事の中で、メリーランド州で起こったとされるレイプ事件は、FOXニュースで相当な時間をかけてその事件が報道された一方、CNN、M …

アーカイブ

@JpWelovetrump