記事翻訳

トランプ、メキシコとの合意でのサプライズが「適切な時期に発表される」と強調

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.9

ドナルド・トランプ大統領は9日朝、最近発表された米国・メキシコ間の協定にサプライズが追加されることを一部明かした。

大統領はまず、メキシコは7日に発表された行動を取ることを数カ月前にすでに合意していたと主張する記事について、ニューヨーク・タイムズに反論した。

メキシコはトランプが関税のディールを発表する数カ月前に、国境で行動を起こすことに合意していた」と題する記事では、実際には全く前進していないのにトランプが「体面を保つ」手段として、7日のディールを強調した恐れがあると示唆していた。

「落ち目の@nytimesがまた間違った記事を出している。我々は長い間こうした国境での行動の一部を獲得しようとしてきた。一方他の政権では、我々がメキシコと合意を結ぶまで、獲得することができず、あるいは完全に獲得することができなかった」トランプはツイートした。

大統領はさらに、メキシコは歴史的に協力的でなかったが、転機が訪れたとの考えを主張した。

トランプはそれから、合意には少なくとも1つのサプライズがあることをほのめかした。最初のプレスリリースでは発表されなかったが、「適切な時期に」発表されるというものだ。

大統領はNYTとCNNをまた厳しく批判し、メキシコが自国側の責任を果たさない場合、いつでも改めて関税を課すよう脅すか、実際に実行することができると主張した。

トランプ政権は、メキシコから米国への不法移民の流入を阻止するための措置を取らない場合、メキシコ製品に5パーセントから始めて徐々に関税をかけるという脅しを差し止めることで、7日に協定を固めた。

大統領はさらに、良いディールを結んだことが評価されていないことに不満を示し、前政権がそのようなディールを結んでいたら、メディアは称賛し、「国民の休日が直ちに宣言されていただろう」と主張した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

分析:ジャーナリストは制御不能に

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.3.25>アンドリュー・スタイルズ記者による論説 メディア・パンデミックから我々を救えるのはトランプだけ 中国の引き起こしたコロナウイルスが世界を圧倒し …

MSNBC、ベネズエラの抗議運動がトランプに対するものだとする字幕を放送し、ネットでは撤回

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.22> MSNBCのレイチェル・マドー・ショーの番組放送中、べネスエラで広がっている反社会主義抗議運動が実際はドナルド・トランプ大統領に対して反対する …

トランプがちらつかせた文書の写真が秘密のメキシコ協定の詳細を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.11> トランプ大統領は11日、1ページの文書をジャーナリストにちらつかせ、そこに非常に繊細な内容のため公表できないメキシコとの秘密協定が含まれている …

トランプ陣営が「虚偽の中傷的な」記述についてCNNを訴訟、数百万ドルの損害賠償請求

<引用元:FOXニュース 2020.3.6> (独自)トランプ大統領再選のための選挙陣営は6日、2020年大統領選でロシアの支援を求めたとすることに関してCNNが「虚偽の中傷的な」内容を公開したことに …

アーカイブ

@JpWelovetrump