記事翻訳

トランプ、メキシコとの合意でのサプライズが「適切な時期に発表される」と強調

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.9

ドナルド・トランプ大統領は9日朝、最近発表された米国・メキシコ間の協定にサプライズが追加されることを一部明かした。

大統領はまず、メキシコは7日に発表された行動を取ることを数カ月前にすでに合意していたと主張する記事について、ニューヨーク・タイムズに反論した。

メキシコはトランプが関税のディールを発表する数カ月前に、国境で行動を起こすことに合意していた」と題する記事では、実際には全く前進していないのにトランプが「体面を保つ」手段として、7日のディールを強調した恐れがあると示唆していた。

「落ち目の@nytimesがまた間違った記事を出している。我々は長い間こうした国境での行動の一部を獲得しようとしてきた。一方他の政権では、我々がメキシコと合意を結ぶまで、獲得することができず、あるいは完全に獲得することができなかった」トランプはツイートした。

大統領はさらに、メキシコは歴史的に協力的でなかったが、転機が訪れたとの考えを主張した。

トランプはそれから、合意には少なくとも1つのサプライズがあることをほのめかした。最初のプレスリリースでは発表されなかったが、「適切な時期に」発表されるというものだ。

大統領はNYTとCNNをまた厳しく批判し、メキシコが自国側の責任を果たさない場合、いつでも改めて関税を課すよう脅すか、実際に実行することができると主張した。

トランプ政権は、メキシコから米国への不法移民の流入を阻止するための措置を取らない場合、メキシコ製品に5パーセントから始めて徐々に関税をかけるという脅しを差し止めることで、7日に協定を固めた。

大統領はさらに、良いディールを結んだことが評価されていないことに不満を示し、前政権がそのようなディールを結んでいたら、メディアは称賛し、「国民の休日が直ちに宣言されていただろう」と主張した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

イライジャ・カミングスがボルチモアを「薬物がはびこる」と呼び、住民を「ゾンビ」に例えた動画が再浮上

<引用元:FOXニュース 2019.7.31> トランプの「はびこる(Infested)」という言葉が、人種差別を連想させると非難を浴びたようだが、当のカミングス議員も自身の地区に対して同じ言葉を使っ …

フェイクニュースを広めたNYタイムズをマスコミが擁護

<引用元:フェデラリスト 2018.5.27> 本物のホワイトハウス高官による本物の会見があったのだろうが、ニューヨーク・タイムズはホワイトハウス高官が語ったことを正確に要約したかという点では信用でき …

米情報機関が秘密にしていたフリン中将のロシア疑惑を晴らす証拠

<引用元:ザ・ヒル 2019.1.2>ジョン・ソロモン氏による寄稿 世間への沈黙が耳に痛いほどである場合もあるし、さらにいえば誤解を招くこともある。 もう約2年に亘って、情報機関はロシア共謀疑惑に関す …

トランプのマスコミ批判が米国人の共感を呼ぶ理由

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.1>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 アメリカ人は自分たちのメディアのファンではない。 最近行われた調査で分かったの …

「議会に対する偽証」についてのメディアのあからさまなダブルスタンダード

<引用元:Hannity.com 2018.11.29> トランプを潰そうとするメディアは、29日に大統領の元弁護士が議会への偽証について有罪を認めると、本格的なメルトダウン・モードに陥った。だが彼ら …

アーカイブ

@JpWelovetrump