記事翻訳

「ドナルド、愛している」:自分たち自身のトランプを求める英国人

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.3

トランプの熱狂的なファンの小さな一団は、バッキンガム宮殿前に群がる外国人観光客の中で間違いようがなかった。

彼らはMAGAハットと選挙運動Tシャツを身に着けてはいたが、ある点において紛れもなく英国人だった。

「ウイー・ラブ・ユー、ドナルド、ウィー・ドゥー」と彼らは3日、お気に入りのサッカーの応援歌から自分たち流の替え歌を作り、トランプ大統領の到着前に歌った。「オー・ドナルド、ウィ・ラブ・ユー」と。

報道の見出しは(トランプに似せた)赤ちゃんのバルーンと、国内の政治的目的のために点数を稼ぐ英国の政治家一色だったかもしれないが、トランプはヨーロッパの他の主要国の大半より英国での人気のほうが高い。

一連の議会での敗北とブレグジットの混乱の後にテリーザ・メイが退陣しようという中、70歳のジェニファー・ホールドクロフトのような人たちは、先頭に立つ指導者が欲しくて仕方がないと話す。

「この国では何十年も強く、適切な指導者が不在です。それが私たちに欠けているものです」と彼女は話した。

彼女は夫と共に、トランプ訪英のためにストークオントレントから列車で来ていた。そのシティはかつては英国の陶器産業の中心地だったが、2016年の国民投票で約70パーセントの有権者が欧州連合からの離脱を支持してからは、「英国のブレグジットの中心地」というあだ名が最近ついた。

経済的独立、移民、雇用といった英国人をEU離脱へと促したテーマの多くは、トランプを支持した米国人にも馴染みのものだろう。

つまりホールドクロフトは、法と秩序についての大統領の強硬姿勢に共感しているのであり、ロンドンのサディク・カーン市長に対する批判についても同様だった。彼女は、市長はナイフ犯罪の対処にもっと取り組むべきだと述べた。

昨年は10年で最もロンドンでの流血事件が多く、135件の殺人が記録された。

「このあたりには馬鹿者が多くて、左翼と彼らの馬鹿げた考えが、私たち他の全員を危険にさらしています」とホールドクロフトは話した。彼女はもう退職しているが、現役時代はビスケットの袋詰めのような手作業の職業に就いていた。

大統領のリムジンを含む車列がバッキンガム宮殿に乗り入れると、群衆にさざめきが広がった。

他の人たちが万歳三唱を始める中、彼女は「ドナルド、お願い、私たちにキスを」と叫んだ。

「ヒップ・ヒップ・フーレイ」と叫んでから、彼らはそのまま昔ながらの「彼はいいやつだ(For He’s a Jolly Good Fellow)」を合唱し始めた。

後になって彼らが気づいたことだが、その車にトランプは乗っていなかった。大統領は数分後にマリーン・ワンで到着した。

アーティストのフィリップ・ブターは、英国左派の抗議活動でそこに来ていた。彼らはトランプを人種差別主義、または白人至上主義者と見なしていた。

「このアイデンティティ政治は結局のところ、分割統治ということだ。責任を負わせる人物を探そうとしているだけだ」と彼は話した。

抗議活動者は4日に大勢参加することが予想されている。だが世論調査では、英国人のほとんどがもっと実用主義的な構えを取っていることが分かっている。結局のところロンドンは、ブレグジット後の生活を回復するのを、世界の同盟国に手伝ってもらう必要があるのだ。

トランプに対して否定的な見方をする人が多い一方で、先月のYouGovの調査によると、訪問に反対する人よりも賛成する人のほうが――40パーセントに対して46パーセントで――多かった。

また、トランプが国際問題で正しいことを行うかどうか、と昨年ピュー研究所が尋ねたところ、「YES」と答えたのは、ドイツ、スペイン、フランスでそれぞれ10、9、7パーセントだったのに比べ、英国では約28パーセントだった。

名刺に「トランプの友UK」の創設者と書かれた、オーガスティン・チュクマ・オボドは、自分の存在感を示すために薬剤師の仕事で3日間の休暇を取ったと述べた。

「トランプには多くの支持者がいる。我々は声なき大衆だ。我々は多い。この国ではトランプは約束を守る人、有言実行の人だ」と彼は話した。

オボドは約10年前にナイジェリアから英国に到着した。彼は移民としての経験から、養子になった家庭で、人種とアイデンティティの問題について「現実主義者」の見方を示すことが身についたと述べた。

「多文化主義は英国ではうまく行かない。不成功に終わった政策だ」と彼は、ロンドンとトランプについてのホールドコーストの見解に同調して語った。

トランプが来たことは反発を引き起こしたかもしれないが、少なくとも1つの支持者グループにとって、彼は指導者としてあるべき姿のお手本の役割を果たしている。

「この訪問はずっと前に行われるべきだった」とオボドは話した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ミレニアルの黒人保守派、トランプ政策が黒人にとって望ましい理由を説明

<引用元:デイリー・シグナル 2018.3.22> キャンダス・オーウェンス氏 ターニングポイントUSAのキャンダス・オーウェンス氏は、アフリカ系米国人コミュニティにとって保守的な政策が望ましい理由に …

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

ウッドワード氏が「うぬぼれた」メディアに警告:トランプは任期を全うするだろうし2期もあり得る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.24> 水曜日のAxiosとのインタビューの中で、ウォーターゲート事件で名声を馳せたワシントン・ポストの記者であるボブ・ウッドワードは、マスコミがドナ …

トランプ:オバマ&クリントン大統領は北朝鮮に負かされてきた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.17> FOXニュース・チャンネルの「FOX&フレンズ」で火曜日に放送予定のインタビューのプレビュー映像で、ドナルド・トランプはビル・クリントン大統領 …

ゴルカ氏=長期的な懸念の対象は中国

トランプ大統領の元副補佐官、セバスチャン・ゴルカ氏は、Daily Signalのインタビュー(12月4日掲載)に答え、トランプ氏がなぜ左翼やメディアに対抗できるのか、また最大の懸念である中国の問題など …

アーカイブ

@JpWelovetrump