記事翻訳

米国捜査当局がスティール文書作者を事情聴取へ(報道)

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2019.6.4

トランプ大統領とロシアとのつながりに関してみだらで未検証の主張のあった反トランプ文書の作者で、英国の元スパイであるクリストファー・スティールは、英国での報道によると、米国の捜査官による事情聴取を受けることに同意したという。

タイムズ(英)は4日、緊密な関係の消息筋の話として、スティール(54歳)が数週間以内にロンドンで事情聴取を受けることになっていると報じた。進展があったのは、――特に、ロバート・モラー特別検察官の報告書では、2016年の選挙中のトランプ陣営とロシアの間の共謀の証拠は見いだせす、文書のさらに衝撃的な主張が立証されなかった時から――スティールの作成した文書に再び注目が集まっている中でのことだ。

同紙はスティールを聴取するのが誰なのかを明確にしていない。

(略)

先週バー司法長官は、ロシア捜査の発端に対する自身の再検証の初期段階において、インテリジェンス・コミュニティから「完全に納得のいく」答えをまだ受け取っていないと述べた。

「インテリジェンス活動に通じた他の多くの人たちと同様に、私は何が起きていたかに関して多くの疑問があった。また私が加わった時に答えを得られると思っていたが、完全に納得のいく答えはまだ受け取っていない」とバー長官はCBSニュースに話した。

共和党議員は、その文書がモラーのロシア捜査となった捜査の発端を形成したと主張し、長い間そこに焦点を当ててきた。彼らと大統領は、特に文書のスポンサーがDNCとクリントン陣営だったことを指摘してきた。

今年の初めのポリティコの報道によると、スティールはまれな公式声明の形で監察長官による特徴づけに反論するつもりだったが、前回は聴取を受けることを断った――外国人として司法省の内部捜査に関与することが不適切である可能性に言及して。今回監察長官の事務所と話すのだとすると、何が変化したのか不明確だ。

これとは別に、共和党議員が疑問視したのは、英国当局が、トランプ側近を標的としたインテリジェンス収集活動を支援したのか、またスティールと何らかの形で協調したのかという点だ。

-記事翻訳
-

関連記事

ジョン・マケイン側近がスティール文書をバズフィードに提供したことが判明

<引用元:デイリー・コーラー 2018.12.19> 19日に公開され衝撃をもたらした裁判資料によると、バズフィード・ニュースに悪名高いスティール文書のコピーを提供したのは、共和党アリゾナ州の故ジョン …

CNNにスティール文書の情報をリークしたのはクラッパー元国家情報長官だった

<引用元:サラ・カーター 2018.3.12> 政府消息筋によると、ジェームズ・クラッパー元国家情報長官は昨年、ドナルド・トランプ次期大統領とバラク・オバマ大統領が受けた機密報告についての情報をCNN …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

トランプ資料の背後の怪しげな会社が捜査を行き詰まらせている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.24> ドナルド・トランプについての怪しいインテリジェンス資料の委託先であったワシントンの秘密主義の会社は、彼らの民主党とのつながりについて追求しようとす …

司法省幹部は英国元スパイのロシア捜査への復帰を協議していた

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.9>ジョン・ソロモン氏寄稿 ブルース・オー氏 英国の元スパイ、クリストファー・スティールは、違反行為によってFBIのロシア捜査から外された数カ月後、ロッド・ローゼンス …

アーカイブ

@JpWelovetrump