記事翻訳

トランプが米国の人種差別主義を減少させたことを示す学術調査結果

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.20>By John Nolte

トランプの大統領就任中に人種差別主義がある程度減少したことを示す研究結果をスペクテイターが報道

ペンシルベニア大学の2人の社会学者、ダニエル・J・ホプキンスとサマンサ・ワシントンは、ランダムに選ばれた米国人2,500人の人種問題についての態度を評価する連続した研究を2008年から実施してきた。研究者たちは最新の報告の中で、「偏見の正常化やオピニオンリーダーのいずれからみても、特に共和党やトランプ支持者の間で明示的な偏見が増加しただろうと予測できる」と述べ、人種差別主義的な意見の増加を予測していたことを認めた。

ところが・・・

分かったのは次の通り、トランプの下で人種差別主義が減少したということだ。

米国人は実際、ドナルド・トランプが大統領になってから人種差別主義的な意見を表明することが減少していると、ホプキンスとワシントンは主張する。2012年からトランプが大統領に選ばれた2016年の間で、反黒人の偏見は統計的に有意な程度に減少したことが分かった。それから2016年以降には統計的に有意な急激な減少となった。さらに彼らの予測に反して、減少は民主党同様に共和党有権者でも顕著だった。また、こちらは民主党有権者のほうが顕著であったものの、反ヒスパニック偏見も全体的に減少した。」

調査結果の予測についての先入観に満ちた見解と、トランプの下で「偏見の正常化」があったという不条理な考えから想像がつくだろうが、2人の社会学者が行っている調査はMAGAハットをかぶった人たちの間で行われたものではない。だが、トランプの下とオバマの下で人種問題についての態度が明らかに異なるということは、トランプは人種的対立を呼ぶという点でオバマの足元にも及ばないということだ。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

黒人有権者、バイデン支持15ポイント不足でトランプを勝利に押し上げる

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.8.31>ワシントン・シークレット論説・ポール・ベダード氏 新たな調査結果によると、トランプ大統領に対する黒人有権者の支持は、陣営幹部が再選勝利に必要と考 …

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

トランプの農家での支持率、74%を維持

<引用元:エポック・タイムズ 2019.6.30(7.2更新)> 農業メディア企業のファーム・ジャーナル(Farm Journal)による最新の月次調査によると、大多数を超える米国の農場牧場経営者は、 …

米国勢調査での市民権の質問をヒスパニック有権者も過半数が支持

<引用元:ワイントン・タイムズ 2019.7.9> ラテン系コミュニティーの参加を損なう恐れがあるという民主党議員の主張をよそに、2020年国勢調査で市民権について質問することを米国有権者の3分の2が …

アーカイブ

@JpWelovetrump