記事翻訳

世論調査:トランプ投票者の91%は議事堂暴動にかかわらずトランプに忠実

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.1.13

世論調査員のフランク・ルンツが先週末に調査したトランプ大統領支持者のうち、圧倒的多数は先週の議事堂での暴動にもかかわらず再び大統領に投票すると答えた。

「11月3日以降と先週のトランプの行動を批判しているものの、トランプ投票者の91パーセントは、今日また大統領選挙が行われてもトランプに投票するとしている」とルンツは11日にツイートした。

調査対象のトランプ投票者のわずか25パーセントが、大統領に議事堂での暴動の責任があると答えた。暴動では5人が死亡し、トランプ弾劾の圧力のきっかけとなった。60パーセントが、マイク・ペンス副大統領は暴動直後にトランプより適切に行動したと答えた。

さらに、調査したトランプ投票者800人のうち78パーセントは、選挙がトランプから「奪われた」という大統領の主張に同意すると答え、67パーセントは票が「正確に公平に集計」されていればトランプが勝っていたと考えている。

大統領がホワイトハウスに留まるための戦いを続けるべきかどうかという質問では、50パーセントがそうすべきだとし、50パーセントは去るべきだと答え意見が分かれた。

-記事翻訳
-

関連記事

郊外居住者がトランプに乗換、2024年の仮想対決ではトランプが45%対42%でバイデンをリード

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.3.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 米国の郊外居住者は、2020年にはジョー・バイデン大統領に当時のドナルド・トランプ大統領に …

2016年にトランプ勝利を予測した世論調査で、バイデンとの差が縮まる

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.20> 2016年に唯一の正確な全国世論調査の1つと評価された世論調査で、トランプ大統領と民主党挑戦者のジョー・バイデンの間の争いが、急激にひっ迫してい …

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11> 最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。 ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

世論調査:米国人の70%、バイデンのアフガニスタン軍事作戦対応を不支持

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.16> 16日発表の世論調査によると、米国人の圧倒的多数はジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの軍事作戦対応に不満を示している。

アーカイブ

@JpWelovetrump