記事翻訳

団結目指して就任したバイデンだが、米国はかつてないほどに分断していることが世論調査で判明

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.10.1

まとめ役となるには程遠い結果となったバイデン。

最新の世論調査によると、昨年の大統領選挙でドナルド・トランプを支持した有権者の半数以上は、共和党支持者の多いレッド・ステートは米国から独立すべきだという意見に「やや賛成」するとしている一方、バイデン投票者の41パーセントは、ブルー・ステートが同じことをするという意見に「やや賛成」だとしている。

バージニア大学政策センターの衝撃的な調査結果から、トランプ投票者の4分の1がレッド・ステート継承の考えに「非常に賛成」するとしており、バイデン投票者の18パーセントはブルー・ステート分離を支持していることが分かった。

「トランプ投票者とバイデン投票者の間の分断は深く、広く、危険だ。範囲はかつてないほどのものであり、容易には修復できないだろう」と、ラリー・サバト政策センター所長は声明で述べた。

調査は7月下旬と8月上旬に実施され、千人以上のトランプ支持者と千人以上のバイデン支持者を調査したが、米国での政治的な分断について懸念する人々にとって憂慮すべき見解を生んでいる。

例えば、トランプ投票者・バイデン投票者の少なくとも80パーセントは、公選された反対政党の役職者は「米国の民主主義に対して明確な当面の危険」となるという考えにやや同意している。(バイデン投票者の80パーセント、トランプ投票者の84パーセント。)

さらに、トランプ投票者・バイデン投票者の少なくとも4分の3は、反対政党を「強く支持」する米国人は、「米国の生活様式にとっての明確な当面の危機」であるという考えにやや賛成だとしている。

そしてバイデン投票者・トランプ投票者の10人に7人以上は、「一部の極左・極右のマスコミは、非常に不誠実になっているので危険な嘘を広めるのを止めるために検閲されるべきだ」という考えにやや賛成だとしている。(バイデン投票者の78パーセント、トランプ投票者の73パーセント。)

最も衝撃的なことかもしれないが、バイデン投票者・トランプ投票者の約半分が、誰が大統領であっても「議会や裁判所に束縛されずに必要な行動」を起こすことができるべきだという考えにやや賛成だとしている。

世論調査には良いニュースが1つあった。バイデン投票者・トランプ投票者の約80パーセントは、他の政治形態よりも民主主義が望ましいと答えた。

しかし同じ調査で、両サイドの有権者の10人に6人以上が、米国は民主主義ではなく「富裕層が支配しその利益のために仕組まれた」少数独裁政治だと評価した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ支持率が弾劾後最高を記録

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.2.19>(この翻訳後に引用元記事が大きく修正されましたが、そのまま掲載しています。) トランプ大統領は再び自己最高の平均支持率に達し、米国人の46パーセント …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

共和党の大多数、トランプが党の未来に影響力を持つことを望む:世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.27> 最新の世論調査によると、共和党の大多数はドナルド・トランプ前大統領が共和党の方向性に少なくとも一定の影響力を持つことを望んでいる。

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

アーカイブ

@JpWelovetrump