記事翻訳

トランプの壁に対する支持が保守派の間で99%にまで増加

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.3.29

南部国境の壁に対する保守派の間での支持が、トランプ大統領の就任以来最高となる99パーセントに達したことが、最新の調査で明らかになった。

その上保守派の活動家は、国境の壁戦略の一環として、全面的な移民制度改革を求めている。

フロンティア・ラボ(Frontier Lab)の社会動向聞き取りプロジェクト(Ear to the Ground Listening Project)とシティズン・フォー・セルフガバナンス(Citizens for Self-Governance)の調査で、トランプの国境の壁に対する支持が大統領に就任してから85パーセント増加したことが分かった。

また、保守派の活動家の97パーセントが、移民法改革を含む「壁に加えた」戦略を支持していることも分かった。その議論についてワシントンでは、すでに米国内にいる合法的移民の扱いについての党派間で相違をめぐり行き詰まっている。また73パーセントは二重戦略を「極めて重要」としているという調査結果だった。

「トランプ大統領の壁は、こうした保守派活動家のグループにとって、大統領が国を改善するための大胆で前例のない措置を追及していることを示す裏付けとなっている」と、社会動向聞き取りプロジェクトのアン・ソロックは話した。

「だが彼らは、移民問題を解決するために取るべき追加の措置にも全く同様に焦点を当てている」と彼女は付け加えた。同団体は記者に調査結果を早期に見せてくれた。

調査対象の19,526人は保守派を自認する人たちと護憲派の活動家だ。約92パーセントが2016年の選挙でトランプを支持した。

シティズン・フォー・セルフガバナンスは、連邦政府支出とワシントンの権力掌握を低減させるための憲法改正の発議を行う「州による憲法会議」を推進する団体だ。彼らは、メディアが無視していると考えている人の多いティーパーティの活動家と共に動いている。

実際草の根の調査では82パーセントが、トランプは「財政責任、憲法に則って制限された政府、そして自由市場というティーパーティーの価値観を代表している」と答えたと調査分析にはあった。

「この調査と今後の調査で、我々は保守派の草の根活動家に、メディアが総じて彼らを否定してきたという国民の声を提供するつもりだ」とシティズン・フォー・セルフガバナンスのマーク・メックラーは述べた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ、大統領令を差し止める「不合理な判決」を追求

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.4.26> トランプ大統領は水曜日に、「聖域都市」に対する何十億ドルという助成金を制限できるとする大統領令を停止する連邦判事の判決に対して激しく非難し、最高裁 …

子供の人身取引保護法の抜け穴が被害者と米国市民を危険に晒している

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.5> ドナルド・J・トランプ大統領が1月に初の一般教書演説を行った際、多くの重要なゲストを米国民に紹介した。これらのゲストのほとんどが公職者や高官ではなかった。 …

黒人のトランプ支持率が36パーセントへ上昇

ラスムセン・レポートによると、2018年8月15日時点のドナルド・トランプ大統領に対する黒人の支持率が1年前の19パーセントから36パーセントに上昇した。同日の全体での支持率は49パーセントと記録され …

メリーランドの郡で7月25日以来、性犯罪で告発された不法移民が7人目に

<引用元:FOXニュース 2019.8.31> 米国に不法滞在するホンジュラス人が、メリーランド郊外で自身の15歳の養女をレイプしたとして訴えられた。地域でそうした事件が起きたのは過去5週間のうちで7 …

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8> 米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump