記事翻訳

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

投稿日:

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー

MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示してからわずか1週間で、50万人の視聴者を失った。

マドーは、共謀疑惑に関しては最も突出した発言者の1人であり、過去2年を通じて彼女の番組の大半を、ドナルド・トランプ大統領は2016年の大統領選挙に勝つためにロシア政府と共謀したという主張に費やしてきた。マドーは先週金曜のオープニング・モノローグ中、必死で涙をこらえ、モラーが大統領やその家族をだれも起訴しなかったことに明らかに愕然としていた。

ロシア共謀疑惑の解消がダメージを与えたのは、マドーの自尊心だけではなかった。――少なくとも一時的に、彼女の視聴率がダメージを受けたのだ。

MSNBCの「レイチェル・マドー・ショー」は、同局に非常に高い視聴率をもたらしており、フォックスニュースのショーン・ハニティに対する左翼側の引き立て役として番組司会者を固めていた。マドーは過去1年一貫して、ケーブルニュース視聴率で1位や2位になっており、300万人以上の視聴者を獲得することもあった。

しかしDaily Beastによると、モラーの報告書が出た後わずか1週間で50万人の視聴者が失われたという。

「マドーはこれまで一貫して、ケーブルニュース番組で1位か2位の視聴率を争っていたが、月曜日の夕方は6位となり、前週の月曜日から約50万人の視聴者が減少した」とDaily Beastは報じた。

ハニティはこの週の月曜日、マドーの視聴率の倍近くを稼ぎ、マドーの250万人に対して400万人以上の視聴者を獲得した。

-記事翻訳
-

関連記事

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

エプスタイン報道を放送しなかった「ABCは他のメディア同様に悪い」とトランプ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.11.10> トランプ大統領は10日、ABCニュースがジェフリー・エプスタインの性的虐待に関する報道をもみ消した件についての議論に加わり、「もはや報道の自由が …

トランプ・ロシアからトランプ人種差別へニューヨーク・タイムズ編集長が報道転換

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.15>バイロン・ヨーク氏による論説 ニューヨーク・タイムズのディーン・バケット編集長は最近、モラー報告書の後、同紙がトランプ=ロシア問題から大統領の人 …

トランプに米TV報道の9割が否定的な一方、メディアの接触し易さはレーガン以降2番目

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の15日の最新調査報告によると、トランプ大統領に対する米国大手放送局の報道は、継続して約9割が否定的な内容となってい …

トランプがちらつかせた文書の写真が秘密のメキシコ協定の詳細を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.11> トランプ大統領は11日、1ページの文書をジャーナリストにちらつかせ、そこに非常に繊細な内容のため公表できないメキシコとの秘密協定が含まれている …

アーカイブ

@JpWelovetrump