記事翻訳

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

投稿日:

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー

MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示してからわずか1週間で、50万人の視聴者を失った。

マドーは、共謀疑惑に関しては最も突出した発言者の1人であり、過去2年を通じて彼女の番組の大半を、ドナルド・トランプ大統領は2016年の大統領選挙に勝つためにロシア政府と共謀したという主張に費やしてきた。マドーは先週金曜のオープニング・モノローグ中、必死で涙をこらえ、モラーが大統領やその家族をだれも起訴しなかったことに明らかに愕然としていた。

ロシア共謀疑惑の解消がダメージを与えたのは、マドーの自尊心だけではなかった。――少なくとも一時的に、彼女の視聴率がダメージを受けたのだ。

MSNBCの「レイチェル・マドー・ショー」は、同局に非常に高い視聴率をもたらしており、フォックスニュースのショーン・ハニティに対する左翼側の引き立て役として番組司会者を固めていた。マドーは過去1年一貫して、ケーブルニュース視聴率で1位や2位になっており、300万人以上の視聴者を獲得することもあった。

しかしDaily Beastによると、モラーの報告書が出た後わずか1週間で50万人の視聴者が失われたという。

「マドーはこれまで一貫して、ケーブルニュース番組で1位か2位の視聴率を争っていたが、月曜日の夕方は6位となり、前週の月曜日から約50万人の視聴者が減少した」とDaily Beastは報じた。

ハニティはこの週の月曜日、マドーの視聴率の倍近くを稼ぎ、マドーの250万人に対して400万人以上の視聴者を獲得した。

-記事翻訳
-

関連記事

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

ネバー何だと?=The Case for Trump著者の反論

<引用元:ナショナル・レビュー 2019.3.12> The Case for Trump著者でハドソン研究所上級研究員であるビクター・デイビス・ハンソンによる寄稿 ドナルド・J・トランプがいかにして …

世論調査:メディアのトランプへの全面攻撃がジャーナリストの信頼を損ねる結果に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.13> トランプ大統領の就任以来、エスタブリッシュメント・メディアへの国民の信頼が、考えられる限りあらゆる方法で破綻したことが世論調査で判明 トランプ …

トランプのマスコミ批判が米国人の共感を呼ぶ理由

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.1>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 アメリカ人は自分たちのメディアのファンではない。 最近行われた調査で分かったの …

オバマ政権下でも国境での催涙ガス使用は1カ月に1回以上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.11.26> トランプ政権が週末に国境付近の暴徒に対して催涙ガスを使用したことで、激しい非難を浴びているが、同じ催涙ガス物質はかなり頻繁に使用されており、国土 …

アーカイブ

@JpWelovetrump