記事翻訳

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

投稿日:

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー

MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示してからわずか1週間で、50万人の視聴者を失った。

マドーは、共謀疑惑に関しては最も突出した発言者の1人であり、過去2年を通じて彼女の番組の大半を、ドナルド・トランプ大統領は2016年の大統領選挙に勝つためにロシア政府と共謀したという主張に費やしてきた。マドーは先週金曜のオープニング・モノローグ中、必死で涙をこらえ、モラーが大統領やその家族をだれも起訴しなかったことに明らかに愕然としていた。

ロシア共謀疑惑の解消がダメージを与えたのは、マドーの自尊心だけではなかった。――少なくとも一時的に、彼女の視聴率がダメージを受けたのだ。

MSNBCの「レイチェル・マドー・ショー」は、同局に非常に高い視聴率をもたらしており、フォックスニュースのショーン・ハニティに対する左翼側の引き立て役として番組司会者を固めていた。マドーは過去1年一貫して、ケーブルニュース視聴率で1位や2位になっており、300万人以上の視聴者を獲得することもあった。

しかしDaily Beastによると、モラーの報告書が出た後わずか1週間で50万人の視聴者が失われたという。

「マドーはこれまで一貫して、ケーブルニュース番組で1位か2位の視聴率を争っていたが、月曜日の夕方は6位となり、前週の月曜日から約50万人の視聴者が減少した」とDaily Beastは報じた。

ハニティはこの週の月曜日、マドーの視聴率の倍近くを稼ぎ、マドーの250万人に対して400万人以上の視聴者を獲得した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、納税記録を不正に入手したとしてニューヨーク・タイムズに1億ドルの訴訟

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.22> ドナルド・トランプ前大統領は9月21日、機密である税務書類が不正使用されたとして、ニューヨーク・タイムズ(NYT)と姪のメアリー・トランプに対して1 …

ワシントン・ポスト、トランプとマクスウェルの関係を強調、ビル・クリントンの小児性愛島訪問の疑惑を無視

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.3> ワシントン・ポストは最近の記事で、ドナルド・トランプ大統領と、有罪判決を受けた性犯罪者ジェフリー・エプスタインの仲間であるギレーヌ・マクスウェルとの関 …

陸軍大佐が新著で暴露したトランプに関する8大ウソ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.7.25>メアリー・ケイ・リンゲ氏による論説 「うそは政治につきものだが、中傷が実際の討論に置き換わってしまっているのが現状だ」と保守派コラムニストのカート・ …

トランプがちらつかせた文書の写真が秘密のメキシコ協定の詳細を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.11> トランプ大統領は11日、1ページの文書をジャーナリストにちらつかせ、そこに非常に繊細な内容のため公表できないメキシコとの秘密協定が含まれている …

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

<引用元:タウンホール 2021.5.3> バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。

アーカイブ

@JpWelovetrump