記事翻訳

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

投稿日:

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー

MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示してからわずか1週間で、50万人の視聴者を失った。

マドーは、共謀疑惑に関しては最も突出した発言者の1人であり、過去2年を通じて彼女の番組の大半を、ドナルド・トランプ大統領は2016年の大統領選挙に勝つためにロシア政府と共謀したという主張に費やしてきた。マドーは先週金曜のオープニング・モノローグ中、必死で涙をこらえ、モラーが大統領やその家族をだれも起訴しなかったことに明らかに愕然としていた。

ロシア共謀疑惑の解消がダメージを与えたのは、マドーの自尊心だけではなかった。――少なくとも一時的に、彼女の視聴率がダメージを受けたのだ。

MSNBCの「レイチェル・マドー・ショー」は、同局に非常に高い視聴率をもたらしており、フォックスニュースのショーン・ハニティに対する左翼側の引き立て役として番組司会者を固めていた。マドーは過去1年一貫して、ケーブルニュース視聴率で1位や2位になっており、300万人以上の視聴者を獲得することもあった。

しかしDaily Beastによると、モラーの報告書が出た後わずか1週間で50万人の視聴者が失われたという。

「マドーはこれまで一貫して、ケーブルニュース番組で1位か2位の視聴率を争っていたが、月曜日の夕方は6位となり、前週の月曜日から約50万人の視聴者が減少した」とDaily Beastは報じた。

ハニティはこの週の月曜日、マドーの視聴率の倍近くを稼ぎ、マドーの250万人に対して400万人以上の視聴者を獲得した。

-記事翻訳
-

関連記事

FOXニュース、カバノー報道でも依然視聴数トップ―CNNは「便所に落ちる」?

日本の特にテレビで報道されるアメリカのニュースは、CNN、ABC、NBCといったアメリカの「リベラル系」メディアと提携しているせいか、保守系のFOXニュースによる報道を目にすることは少ない。今では視聴 …

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

トランプのマスコミ批判が米国人の共感を呼ぶ理由

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.1>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 アメリカ人は自分たちのメディアのファンではない。 最近行われた調査で分かったの …

CBSララ・ローガンがメディア偏向を語る=「ブライトバートを見つけない限り」「逆の見方」は分からない

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.18> CBSの60ミニッツ海外特派員のララ・ローガンは、自身の説明によると大部分が左翼と民主党寄りである米国内外のニュースと比較して、ブライトバート …

アーカイブ

@JpWelovetrump