記事翻訳

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

投稿日:

引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11

最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。

ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良くなると答え、ビル・クリントン元大統領の下でのITバブルが過熱した時の、71パーセントという記録をわずかに下回った。

その上、同調査会社によると、50パーセントの人は、現在の景気拡大が始動し、ホワイトハウスが「マガノミクス(MAGAnomics)」という造語を作ったほんの1年前よりも、暮らし向きが良くなっていると考えているという。

ギャラップは、そのレベルが50パーセントに達したのは2007年以来初めてのことだと発表した。

「アメリカ人の家計についての楽観は、16年以上見られなかったレベルに上がっており、69パーセントの人が今、『来年の同じ時期』には経済的に上向くと見込んでいると答えている」とギャラップは述べた。

ハイライト:

  • 69パーセントが来年にかけて経済状況が向上すると見込む
  • 来年にかけての景気楽観はほぼ最高記録のレベルにある
  • 50パーセントが1年前より経済状況が良くなっていると回答

大統領は最近、景気と株式市場を褒めちぎっており、共和党は大統領に、続けて成長を加速できる規制緩和のような政策を継続するよう強く求めている。

民主党と共和党では、楽観の度合いに対する見方に党派的な影響があるものの、どちらも将来に自信を示した。

「共和党と民主党の両方が、次の年の景気への期待感について質問した同じ期間を通して、結果はより肯定的である。トランプが大統領に就任してから共和党の期待は高まり、民主党の楽観度は下がったが、両党の過半数は、トランプ就任前と就任後のいずれの調査でも、次の年は上向くと期待していると答えた」とギャラップは発表した。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

減税に関して、トランプは現代のJFK(オピニオン)

<引用元:CNN 2017.12.14 >経済政策アナリスト、スティーブン・ムーア氏の論説から抄訳 ジョン・F・ケネディによる減税、そして経済成長と賃金の上昇をもたらした政党が、今や繁栄よりも再分配を …

アメリカン・ドリームの復活:82パーセントが「実現済み」か「実現の途上」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017/11/2> アメリカン・ドリームを実現できないという米国民の長い悪夢は終わった。 10人に6人の米国人が素晴らしい人生を送る夢は実現できないと言っていたと …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

@JpWelovetrump