記事翻訳

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

投稿日:

引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11

最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。

ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良くなると答え、ビル・クリントン元大統領の下でのITバブルが過熱した時の、71パーセントという記録をわずかに下回った。

その上、同調査会社によると、50パーセントの人は、現在の景気拡大が始動し、ホワイトハウスが「マガノミクス(MAGAnomics)」という造語を作ったほんの1年前よりも、暮らし向きが良くなっていると考えているという。

ギャラップは、そのレベルが50パーセントに達したのは2007年以来初めてのことだと発表した。

「アメリカ人の家計についての楽観は、16年以上見られなかったレベルに上がっており、69パーセントの人が今、『来年の同じ時期』には経済的に上向くと見込んでいると答えている」とギャラップは述べた。

ハイライト:

  • 69パーセントが来年にかけて経済状況が向上すると見込む
  • 来年にかけての景気楽観はほぼ最高記録のレベルにある
  • 50パーセントが1年前より経済状況が良くなっていると回答

大統領は最近、景気と株式市場を褒めちぎっており、共和党は大統領に、続けて成長を加速できる規制緩和のような政策を継続するよう強く求めている。

民主党と共和党では、楽観の度合いに対する見方に党派的な影響があるものの、どちらも将来に自信を示した。

「共和党と民主党の両方が、次の年の景気への期待感について質問した同じ期間を通して、結果はより肯定的である。トランプが大統領に就任してから共和党の期待は高まり、民主党の楽観度は下がったが、両党の過半数は、トランプ就任前と就任後のいずれの調査でも、次の年は上向くと期待していると答えた」とギャラップは発表した。

-記事翻訳
-,

関連記事

有権者:バイデンが「米国を悪化させた」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.12.20>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 米国の未来について有権者の楽観論がピークに達してからわずか3年で、今多くの人が、米国の最 …

米国人の60%がトランプのコロナウイルス対応を支持:ギャラップ世論調査

<引用元:FOXニュース 2020.3.24> 最新のギャラップ世論調査によると、コロナウイルス発生に対応する中トランプ大統領の支持率は、これまでの大統領としての期間中の最高値に並ぶ数字となっている。 …

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。 最新のギャラップ世論調査で、ジョ …

トランプが2016年より大勝の見込みという世論調査結果

<引用元:デイリー・コーラー 2023.9.19> ドナルド・トランプ前大統領は、2016年より大きな勝利を得る見込みであることを最新世論調査が示している。

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump