記事翻訳

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

投稿日:

引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11

最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。

ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良くなると答え、ビル・クリントン元大統領の下でのITバブルが過熱した時の、71パーセントという記録をわずかに下回った。

その上、同調査会社によると、50パーセントの人は、現在の景気拡大が始動し、ホワイトハウスが「マガノミクス(MAGAnomics)」という造語を作ったほんの1年前よりも、暮らし向きが良くなっていると考えているという。

ギャラップは、そのレベルが50パーセントに達したのは2007年以来初めてのことだと発表した。

「アメリカ人の家計についての楽観は、16年以上見られなかったレベルに上がっており、69パーセントの人が今、『来年の同じ時期』には経済的に上向くと見込んでいると答えている」とギャラップは述べた。

ハイライト:

  • 69パーセントが来年にかけて経済状況が向上すると見込む
  • 来年にかけての景気楽観はほぼ最高記録のレベルにある
  • 50パーセントが1年前より経済状況が良くなっていると回答

大統領は最近、景気と株式市場を褒めちぎっており、共和党は大統領に、続けて成長を加速できる規制緩和のような政策を継続するよう強く求めている。

民主党と共和党では、楽観の度合いに対する見方に党派的な影響があるものの、どちらも将来に自信を示した。

「共和党と民主党の両方が、次の年の景気への期待感について質問した同じ期間を通して、結果はより肯定的である。トランプが大統領に就任してから共和党の期待は高まり、民主党の楽観度は下がったが、両党の過半数は、トランプ就任前と就任後のいずれの調査でも、次の年は上向くと期待していると答えた」とギャラップは発表した。

-記事翻訳
-,

関連記事

国内へ回帰する米国の資金

<引用元:FOXビジネス 2018.6.26> トランプ大統領の貿易に関する辛辣で報復的な言葉とは裏腹に、米国のCEOは大統領の税制改革計画の活用において何も無駄にしてはいない。米経済分析局(BEA) …

11月の雇用拡大が再び予測を打ち破る結果に

<引用元:ホワイトハウス・大統領経済諮問委員会 2019.12.6> 本日発表された労働統計局(BLS)の毎月雇用情勢報告書によると、11月に26万6千人の雇用が増加した。9月と10月の雇用総計も上方 …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

民主党の中間選挙の優位性が縮小、トランプ支持率は向上との調査結果

<引用元:FOXニュース 2018.10.21> ワシントン・ポストも民主党の「波」への期待が縮小していると見出しを付けている 中間選挙を数週間後に控えた全国世論調査によると、「青い波」のチャンスは民 …

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

アーカイブ

@JpWelovetrump