記事翻訳

米国、9日には一部でコロナウイルス給付金の受け取り始まる

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.9

多数の米国人が1,200ドルの救済金を9日から受け取る予定だ。コロナウイルスの影響を受けた市民に対する給付金支払いの第1弾が始まる。

最初の受領者グループは米国人約5千万人となる見込みで、ワシントン・ポストが入手したIRSの内部計画書によると、4月9日から4月14日までには給付金を受け取る。

日程は納税申告方法に基づいて様々だが、電子申告している人は迅速に受け取りが可能だ。10人に8人の米国人は前回の税金還付振り込みの登録済みであると同紙は報じた。

IRSは電子納税申告に登録していない米国人に対して、紙の小切手を印刷して郵送しなければならず、こうした人々が小切手を受け取るのは4月24日以降となり、その時点で3千万ドル分の小切手が発送される予定だ。

スティーブン・ムニューシン財務長官は先週の終わりに、IRSに銀行口座情報を既に提出している米国人は「2週間以内に」救済資金を受け取ると約束した。

「給付金は、(第1弾の支払い後に)本当にすぐに得られる。情報がこちらになければ、簡単なウェブ・ポータルがあるのでそこにアップロードする。それがなければ小切手を郵送する」と財務長官は語った。

給付金は2.2兆ドルのコロナウイルス経済対策パッケージに含まれるものであり、パンデミックによって悪戦苦闘する個人と中小企業を助けることを目指している。

推定1億4,500万人の米国人が経済支援を受ける資格を持つと予測されている。

-記事翻訳
-,

関連記事

公認:トランプは女性、マイノリティーが最も利益を得る中間層の発展をもたらした

<引用元:Issue&Insights 2020.9.15>Issue & Insights社説 報道管制から知る由もないことだが、世帯の実質平均所得は少なくとも過去52年で最大の増加 …

「陰謀論」と米メディアでの中国の全面的攻撃

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.5.1>ジム・ジェラティ氏(ナショナル・レビュー政治部長)による論説 本日のメニュー:米国メディアがいかに躍起になって、ウイルスに対抗する中国の「成功」に声援 …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

イバンカ・トランプ:緊急対策法は米国中小企業を助ける

<引用元:カンザスシティー・スター 2020.3.28>イバンカ・トランプ氏による論説 アメリカの労働者と中小企業は経済の主軸であり地域社会の中心だ。アメリカ合衆国は世界で最も革新的で熱心で、才能ある …

バークス氏疑念を一掃:各国政府のコロナウイルス対応遅れは中国の隠蔽が「原因」

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.31> ホワイトハウス・コロナウィルス対策タスクフォースメンバーのデボラ・バークス博士は、世界中の政府のコロナウイルス対応の遅れは、ウイルスについての中国の …

アーカイブ

@JpWelovetrump