記事翻訳

米国、9日には一部でコロナウイルス給付金の受け取り始まる

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.9

多数の米国人が1,200ドルの救済金を9日から受け取る予定だ。コロナウイルスの影響を受けた市民に対する給付金支払いの第1弾が始まる。

最初の受領者グループは米国人約5千万人となる見込みで、ワシントン・ポストが入手したIRSの内部計画書によると、4月9日から4月14日までには給付金を受け取る。

日程は納税申告方法に基づいて様々だが、電子申告している人は迅速に受け取りが可能だ。10人に8人の米国人は前回の税金還付振り込みの登録済みであると同紙は報じた。

IRSは電子納税申告に登録していない米国人に対して、紙の小切手を印刷して郵送しなければならず、こうした人々が小切手を受け取るのは4月24日以降となり、その時点で3千万ドル分の小切手が発送される予定だ。

スティーブン・ムニューシン財務長官は先週の終わりに、IRSに銀行口座情報を既に提出している米国人は「2週間以内に」救済資金を受け取ると約束した。

「給付金は、(第1弾の支払い後に)本当にすぐに得られる。情報がこちらになければ、簡単なウェブ・ポータルがあるのでそこにアップロードする。それがなければ小切手を郵送する」と財務長官は語った。

給付金は2.2兆ドルのコロナウイルス経済対策パッケージに含まれるものであり、パンデミックによって悪戦苦闘する個人と中小企業を助けることを目指している。

推定1億4,500万人の米国人が経済支援を受ける資格を持つと予測されている。

-記事翻訳
-,

関連記事

イバンカ・トランプ、ウイルス禍被る中小企業に16億ドル確保

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.8> トランプ大統領の雇用対策第一人者であるイバンカ・トランプとスティーブン・ムニューシン財務長官は、コロナウイルスの打撃を受けた中小企業とその米国人 …

コロナウイルスは日光と湿気で弱まるとトランプ、当局者が示唆

<引用元:FOXニュース 2020.4.23> トランプ大統領と保健当局者は23日、コロナウイルスは直射日光への暴露に加えて高い気温と湿度ですぐに死ぬと主張し、伝染の脅威が夏期に大幅に弱まる希望が出て …

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23> 新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に …

WHOは中国当局に武漢調査への参加科学者に対する拒否権を与えた(報道)

<引用元:デイリー・コーラー 2021.3.18> ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、中国政府は武漢でのコロナウイルスの起源に対する世界保健機関の調査に厳格な管理を維持していた。どの科学者 …

バイデン増税で米国の競争力は低下、賃金上昇は減速すると米企業が考えていることが明らかに

<引用元:FOXビジネス 2021.4.12> 178人のCEOの98%は増税が企業の競争力を損なうと考えている 米国の一流CEOの大部分は、約2兆3千億ドルの支出案を賄うために法人税率を上げるという …

アーカイブ

@JpWelovetrump